街場の天皇論

内田樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492223789
ISBN 10 : 4492223789
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
247p;19

内容詳細

ぼくはいかにして天皇主義者になったのか。立憲デモクラシーとの共生を考える待望のウチダ流天皇論。

目次 : 1 死者を背負った共苦の「象徴」(私が天皇主義者になったわけ/ 改憲のハードルは天皇と米国だ/ 天皇の「おことば」について ほか)/ 2 憲法と民主主義と愛国心(「大衆」の変遷/ 山本七平『日本人と中国人』の没解説/ 陸軍というキャリアパスについて ほか)/ 3 物語性と身体性(忠臣蔵のドラマツルギー/ 世阿弥の身体論/ 武道の必修化は必要なのか? ほか)/ 特別篇 海民と天皇

【著者紹介】
内田樹 : 1950年生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書、第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書、新書大賞2010受賞)など多数。2011年4月に多ジャンルにおける活躍を評価され、第3回伊丹十三賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内田樹

1950年東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。武道家。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。多田塾甲南合気会師範。『私家版・ユダヤ文化論』で第六回小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞2010受賞。第三回伊丹十三賞受賞(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品