属国民主主義論 この支配からいつ卒業できるのか

内田樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492212271
ISBN 10 : 4492212272
フォーマット
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
白井聡 ,  
追加情報
:
356p;19

内容詳細

「尊米攘夷」化する日本。自発的隷従の論理と心理を抉り出す!「コスパ化」「消費者化」「数値化」「幼稚化」「階級化」をキーワードに徹底討議!「永続敗戦」レジームで対米従属を強化する日本。いつ、主権を回復できるのか。どのようなかたちで、民主主義を実現できるのか。

目次 : 第1章 さらに属国化する日本の民主主義(加速する属国化/ 主権回復と否認という病 ほか)/ 第2章 帝国化する国民国家と霊性(グローバル化とローカル化の波/ 世界とリズムがずれている日本 ほか)/ 第3章 コスパ化する民主主義と消費社会(大衆の幼稚化とデモクラシーの危機/ 反米から親米への転換点 ほか)/ 第4章 進行する日本社会の幼稚化(幼稚化する老人たち/ 旦那芸を復活せよ ほか)/ 第5章 劣化する日本への処方箋(社会の土台は倫理である/ 身体性を回復せよ ほか)

【著者紹介】
内田樹 : 1950年東京生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。凱風館館長、多田塾甲南合気会師範。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書、第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書、新書大賞2010受賞)、などがある。第3回伊丹十三賞受賞

白井聡 : 1977年東京生まれ。政治学者、思想史家、京都精華大学人文学部専任講師。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。著書に『永続敗戦論』(太田出版、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 山家智之 さん

    あんまり好きな二人じゃないけど、今回はまあ、まとも。
    それにつけても都知事選は酷かった。

    左翼の共同代表であれば、端でも棒でも、節操無く見境なく、何でも、いいんだもんな〜
    小池百合子は、よく考えるとゴジラにも出ていた防衛大臣でしたが、自民に対立軸を劇場で見せただけ。
    そもそも、舛添で良かったんじゃないのかなあ〜50億もかけて辞めさせるほどのもん?
    と、言う、
    左右両端の、あまりにヒドイ、激しい「劣化」を、追求する気持ちはよくわかる。

    リベラルって、あまりにダメで、最近、同情したくなる。
    のは、本当は、わかっている人はわかっていて、
    いつまでたっても
    反原発=反基地=反自民=反安倍=九条守れ・・・のまんまじゃダメなのよ。
    一つに賛成しても、
    そのためだけに、左翼運動シリーズ全部に巻き込まれたんじゃ、堪ったもんじゃない。

    いまの左翼デモのまんまでは、可愛いシールズも、きっかけはどうあれ、左翼全部の運動に巻き込まれて、かわいそうに就職もできない。
    じゃあ、自民が正しいかというと、そっちはもっと悪いかもしれないというアメリカ属国まっしぐら
    ウォール街の覇権運動もあり、日本の金を吸い取るつもりなのはTPP。
    だから、そっちはそっちで、
    オキュパイウォールストリートのデモ単体なら、僕だってデモに行きたい。

    鳥越が、自分の女好き下半身問題で、手前がスケベでだらしないからって
    「これは大きな力が働いて・・・僕のジャーナリストとしての勘です!」
    あ〜・・・・思い出しても、ひどい候補だった。自分が三本指問題のブーメラン。

    スケベで女好きなのは勝手だけど、勘で片づけられたら
    医学統計学なんて・・・いらない。

    でも、自民党のまんま憲法改正では、確かにアメリカのイラク戦争に巻き込まれて
    僕らの税金がアフガニスタンの砂漠に蕩尽されるのも目に見えている。

    だから、
    左翼サイドから、少しは、まともな本が欲しいのよね。

    九条護持は、別に良いけど、
    それなら、当然、自衛隊は違憲で、尖閣も沖縄も人民解放軍にあげなきゃいけない。

    まともな議論の、事始めくらいになる点では、ちょっとだけ評価。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内田樹

1950年東京都生まれ。思想家、武道家。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退、現在は神戸女学院大学文学部名誉教授。合気道凱風館師範。『私家版・ユダヤ文化論』(06年、文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』(09年、新潮新書)で新書大賞2010受賞、第3回伊丹十三賞受賞

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品・チケット情報

  • 町口哲生「教養としての10年代アニメ 」 受講条件は週20本の深夜アニメ視聴!?あまりの本気(ガチ)さにネットを中心に話題となった近畿大学の講義が遂に書籍化。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • <ポスト・トゥルース>アメリカの誕生 WIRED.jpの人気連載「SUPER ELECTION ザ・大統領戦」緊急出版。選挙後「〈ポスト・トゥルース〉の時代」と名付けられた現代に誕生した、今までとは異なる新たなアメリカのこれからの考察。 ローチケHMV|2017年3月17日(金)
  • 「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方 その記事、フェイクかもしれません!―あまたあるネット情報を正確に読み解くためのノウハウを、日経新聞の記者を15年務めた松林薫が、その経験知を基に解説。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • 「意識高い系」の研究 古谷 経衡 彼らはなぜ「面倒くさい」のか? 「これは自分の物語でもある」と語る著者が、SNSに巣食う現代人を徹底解剖! ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • キャスターという仕事 国谷裕子 ジャーナリズムに新風を吹き込んだ〈クローズアップ現代〉=クロ現。真摯に果敢に自分の言葉で問いかけ続けたキャスターが挑戦の日々を語る。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪れて。改めて考える日本と日本人のこれから。装画はヤマザキマリ。特別章として堀江貴文×ヤマザキマリ対談も収録。 ローチケHMV|2016年3月7日(月)

おすすめの商品