テクノイズ・マテリアリズム

佐々木敦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791759309
ISBN 10 : 4791759303
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
追加情報
:
20

商品説明

テクノ/音響派/ノイズ/フリー・インプロヴィゼーション…最先端の“音楽/音響”の核心に生まれつつある、驚くべきシステム的思考をクリアに析出する、注目の気鋭批評家の最新成果。テクノの起源にさかのぼり、そこに置き忘れられてきた、音に対する「唯物論的な姿勢」(マテリアリズム)を解説していく。

【主な内容】
1 テクノイズ・マテリアリズム(これはもはやテクノではない?;ジェフ・ミルズ―「テクノ」という閉域;リッチー・ホウティン―「テクノ」という概念 ほか)
2 二一世紀のフリー・インプロヴィゼーション(ドラムンベース上のデレク・ベイリー;「演奏」から「音響」へ―大友良英をめぐって;「1」でも「3」でもなく「2」であるとはどういうことか?―高柳昌行/阿部薫『解体的交感』をめぐって ほか)
3 ケージ・ミニマリズム・音響派(「音響派」は、なぜそう呼ばれるのか?;「ほとんど何も」聴こえない?;「聴くこと」から「よく聴くこと」へ ほか)

内容詳細

テクノ/音響派/ノイズ/フリー・インプロヴィゼーション…最先端の“音楽/音響”の核心に生まれつつある、驚くべきシステム的思考をクリアに析出する、注目の気鋭批評家の最新成果。

目次 : 1 テクノイズ・マテリアリズム(これはもはやテクノではない?/ ジェフ・ミルズ―「テクノ」という閉域/ リッチー・ホウティン―「テクノ」という概念 ほか)/ 2 二一世紀のフリー・インプロヴィゼーション(ドラムンベース上のデレク・ベイリー/ 「演奏」から「音響」へ―大友良英をめぐって/ 「1」でも「3」でもなく「2」であるとはどういうことか?―高柳昌行/阿部薫『解体的交感』をめぐって ほか)/ 3 ケージ・ミニマリズム・音響派(「音響派」は、なぜそう呼ばれるのか?/ 「ほとんど何も」聴こえない?/ 「聴くこと」から「よく聴くこと」へ ほか)

【著者紹介】
佐々木敦 : 1964年生まれ。音楽/音響批評。HEADZ代表。雑誌FADER編集発行人、レーベルmemeおよびWeatherを主宰。慶応大学環境情報学部非常勤講師。エレクトロニカ/音響派/ポスト・ロックをはじめとする内外さまざまなミュージシャンのプロデュース、招聘および批評をてがける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

佐々木敦に関連する商品情報

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品