あずきとぎ 京極夏彦の妖怪えほん

京極夏彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265079735
ISBN 10 : 4265079733
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29

内容詳細

「怖」の巻。水辺にひそむ恐怖の妖怪
しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。「ああ、それはあずきとぎだ。おばけだよ」
京極夏彦と町田尚子が届ける絵本史上最高の恐怖。


著者について

【京極夏彦・作】
1963年生まれ。北海道小樽市出身。桑沢デザイン研究所を経て、広告代理店等に勤務の後、制作プロダクションを設立。
アートディレクターとして、現在でもデザイン・装丁を手掛ける。
現在、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員。関東水木会会員。怪談之怪発起人。古典遊戯研究会紙舞会員。
全日本妖怪推進委員会肝煎。
1994年「姑獲鳥の夏」でデビュー。1996年「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞長編部門、
1997年「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花賞、2003年「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞を受賞。
2004年「後巷説百物語」で第130回直木賞受賞。

【町田尚子・絵】
1968年、東京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業。
月刊『新潮45』表紙(2002年1月号~2008年10月号迄/新潮社)を担当。
装画に、『ペギー・スー』シリーズ(角川書店)、『ドラゴンキーパー』(金の星社)など。
絵本に、『小さな犬』(白泉社)、『うらしまたろう』(あかね書房)など、作品集『FERRISWHEEL』(project:ARTSANDCRAFTS)などがある。

【東 雅夫・編】
1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。1982年『幻想文学』を創刊し、2003年まで編集長を務める。
現在は怪談専門誌『幽』編集長。
著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。
編纂書に『文豪怪談傑作選』『てのひら怪談』『稲生モノノケ大全』などがある。「怪談えほん」シリーズの企画・監修をつとめる。

【著者紹介】
京極夏彦 : 1963年、北海道生まれ。桑沢デザイン研究所を経て、広告代理店等に勤務の後、制作プロダクションを設立。現在でもデザイン・装丁を手掛ける。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員。関東水木会会員。怪談之怪発起人。古典遊戯研究会紙舞会員。全日本妖怪推進委員会肝煎。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1997年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花賞。2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞。2004年『後巷説百物語』で直木賞。2011年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞受賞

町田尚子 : 1968年、東京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業

東雅夫 : 1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元『幻想文学』編集長で現在は怪談専門誌『幽』編集長。著書『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

京極夏彦に関連する商品情報

  • 京極夏彦「数えずの井戸」 お菊はなぜ井戸端で皿を数えるようになったのか―― それは、はかなくも美しい、もうひとつの「皿屋敷」。「おはなし」となったある事件を、独自の解釈で語り直す江戸怪談シリーズ第三作。 HMV&BOOKS online|2017年8月30日(水)
  • 人でなしの男が、ある女と出会い予測不能の展開に! 別れた妻に浴びせられた罵倒。それは、俺という人間の本質を突いていた。全てを失った男が、雨の日に自殺志願の女と出会うが……。京極夏彦による展開予測不能の極楽大作『ヒトでなし』。 HMV&BOOKS online|2015年9月17日(木)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品