刑法の論点と解釈 南山大学学術叢書

丸山雅夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784792351335
ISBN 10 : 4792351332
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
287p;22

内容詳細

目次 : 第1部 刑法総論の論点と解釈(不真正不作為犯の限定原理/ 中止未遂の法的性質と成立要件/ 結果的加重犯の構造/ 共謀共同正犯の構造と成立範囲/ 併合罪加重における内在的制約/ 連続的包括一罪)/ 第2部 刑法各論の論点と解釈(生命・身体に対する罪と被害者の同意/ 自動車交通死傷事故に対する刑事的対応/ 個人的法益としての「名誉」概念/ 財産犯における不動産の扱い/ 被害者の意思と窃盗罪の成否/ 強盗犯人による被害者の殺害と共犯者の刑責)

【著者紹介】
丸山雅夫 : 1951年長野県に生まれる。1980年上智大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、南山大学大学院法務研究科教授。法学博士(上智大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

丸山雅夫

1951年長野県に生まれる。1980年上智大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、南山大学大学院法務研究科教授。法学博士(上智大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品