十九歳の地図 河出文庫

中上健次

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309413402
ISBN 10 : 4309413404
フォーマット
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
256p;15

内容詳細

「俺は何者でもない、何者かになろうとしているのだ」ーー東京で生活する少年の拠り所なき鬱屈を瑞々しい筆致で捉えたデビュー作。全ての十九歳に捧ぐ青春小説の金字塔。解説/古川日出男・高澤秀次。

【著者紹介】
中上健次 : 1946年、和歌山県生まれ。新宮高校卒業後上京、「文芸首都」の同人に。74年第一作品集である『十九歳の地図』で注目を集め、76年『岬』で戦後生まれとしては初めての芥川賞、翌77年『枯木灘』で毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞を受賞。92年8月、46歳の若さで逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中上健次

1946年(昭和21年)、和歌山県新宮市に生まれる。65年、県立新宮高校を卒業後上京し、モダンジャズに熱中する。66年、同人誌「文芸首都」に加わり、小説や詩を発表する。74年、初の作品集『十九歳の地図』で注目を浴び、76年、『岬』で芥川賞を受賞。77年『枯木灘』で毎日出版文化賞を受賞する。92年(平

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品