黄金の拘束衣を着た首相 なぜ安倍政権は緊縮財政・構造改革を推進するのか

三橋貴明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864103916
ISBN 10 : 4864103917
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
255p;19

内容詳細

消費増税で再デフレ化が確定した日本。
間違った経済学に基づいて、政策を誤りつづける「改革断行政権」の罪は大きい。
なぜわが国のみならず世界中の政府が、国民を貧困化させ、所得格差を拡大し、社会を不安定にする「底辺への競争」しか選択肢がないように思わされているのか?
「黄金の拘束衣」を着こんでしまっているからだ。
グローバルな政策一元化は繁栄を約束せず、格差と貧困を拡げ、戦争とテロを誘発する。
財政均衡主義と構造改革「一辺倒」を止めることが、21世紀資本主義を修正する道。
グローバル化を制御し、国民の豊かさを取り戻す分配政策を政治が決断すればよい。
「デフレを財源とする財政支出」で実質賃金を上げる、著者ならではの斬新なアイデア!
国民一般が、格付け会社やシンクタンク、学者やエコノミストがどれほど「間違っているか」を理解し、政治に反映させるための入門篇。


【著者紹介】
三橋貴明 : 中小企業診断士、経済評論家、作家。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業等数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。2007年に『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPのリーダー的論客として注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三橋貴明

1969年、熊本県生まれ。作家・エコノミスト・中小企業診断士。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。2007年、インターネットの公開データの詳細な分析によって、当時好調だった韓国経済の脆弱さを指摘、大反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品