ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

ロンドン交響曲(原典版) ヒコックス&ロンドン交響楽団

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5001
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

【収録情報】
・ヴォーン・ウィリアムズ:ロンドン交響曲(交響曲第2番) 1913年原典版
・バターワース:青柳の堤

 ロンドン交響楽団
 リチャード・ヒコックス(指揮)

 録音時期:2000年12月18,19日
 録音場所:ロンドン、オール・セインツ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

  • 01. I. Lento - Allegro Risoluto
  • 02. II. Lento
  • 03. III. Scherzo (Nocturne): Allegro Vivace - Andantino
  • 04. IV. Andante Con Moto - Maestoso Alla Marcia (Quasi Lento) - Allegro - Andantino Ma Sostenuto - Temp
  • 05. Vaughan Williams: A London Symphony [Hybrid SACD]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヒコックスの一連のヴォーン・ウィリアムズ...

投稿日:2014/08/11 (月)

ヒコックスの一連のヴォーン・ウィリアムズの録音の中でも最も録音状態の良さが出たディスクであると思います。原典版録音ですが、1楽章にはあまり違いはありませんが、改訂版では2楽章以後が非常に大きくカットされており、ヴォーン・ウィリアムズが削ったパッセージの中には土臭すぎてコレを入れれば確かに冗長になるなーといった類のものやこんなに美しいのに切らなければならなかったのか、といったものまで様々なものがあり、まさにヴォーン・ウィリアムズ節を隅々まで楽しむことが出来ます。(個人的には、第2楽章が非常に美しいと感じます) このチクルスでは田園交響曲や第5番では残響が強く出ておりオーケストラからはやや遠い位置にいるような録音ですが、このロンドン交響曲では恐らく冗長だろうと言われるこの原典版をビシッと聞き飽きなく堅固にまとめており、録音面でも各パートの妙技を存分に味わる良録音。改訂版の演奏でSACDとして世に出ているのはシーマン/ロチェスターフィルですが、あちらはバービカンホールもびっくりの非常にデッドな音響ですので色々と聴き比べてみても面白いかもしれません。

Seiru さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヒコックス、そしてロンドン交響楽団。これ...

投稿日:2009/08/17 (月)

ヒコックス、そしてロンドン交響楽団。これは、ヴォーン・ウィリアムズのロンドン交響曲を演奏するには最高のコンビと言えるだろう。緩急自在のテンポ設定をとるなど、どの箇所をとっても、楽曲解釈への自信と共感に満ち溢れており、SACDマルチチャンネルによる高音質録音も相まって、最高の名演盤に仕上がっている。1913年原典版による世界初録音という点も、本盤の価値を大いに高めることに貢献している。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヒコックスの凄く深い共感のもとで演奏され...

投稿日:2007/12/17 (月)

ヒコックスの凄く深い共感のもとで演奏されたことが良く理解できる。全ての音が有機的に結びついている。録音もポリヒムニアが担当しているだけあって、SACDの魅力が満喫できる。小音量で聴いていると大人しくまとまった音に思えたが、思い切ってボリュウムを上げたところ、部屋がホール・トーンに包まれた。繰り返し聴いてみたいと思わせる演奏だ。

ま〜さん さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

Ralph Vaughan Williams left a varied oeuvre that includes orchestral works, songs, operas, and various choral compositions. While primarily drawing on the rich tradition of English folksong and hymnody, Vaughan Williams produced well-loved works that fit into larger European traditions and gained worldwide popularity. Vaughan Williams, who lost his father early in life, was cared for by his mother

プロフィール詳細へ

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト