CD 輸入盤

La Traviata: C.kleiber / Bavarianstate Opera, Cotrubas, Domingo, Etc

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
415132
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

ディスク   1

  • 01. La traviata
  • 02. La traviata
  • 03. La traviata
  • 04. La traviata
  • 05. La traviata
  • 06. La traviata
  • 07. La traviata
  • 08. La traviata
  • 09. La traviata
  • 10. La traviata
  • 11. La traviata
  • 12. La traviata
  • 13. La traviata
  • 14. La traviata
  • 15. La traviata
  • 16. La traviata
  • 17. La traviata
  • 18. La traviata
  • 19. La traviata
  • 20. La traviata
  • 21. La traviata
  • 22. La traviata

ディスク   2

  • 01. La traviata
  • 02. La traviata
  • 03. La traviata
  • 04. La traviata
  • 05. La traviata
  • 06. La traviata
  • 07. La traviata
  • 08. La traviata
  • 09. La traviata
  • 10. La traviata
  • 11. La traviata
  • 12. La traviata
  • 13. La traviata
  • 14. La traviata
  • 15. La traviata
  • 16. La traviata

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昔アナログレコード時代にオルトフォンMC20...

投稿日:2010/11/27 (土)

昔アナログレコード時代にオルトフォンMC20Uで聞いていた音質と比べて、何ら遜色は無い! 低音の締まりと声の生々しさでは上回っているかも知れない。CDでは団子状の音が見事に改善されている。 こうなると、魔弾の射手とトリスタンもSACD化を望みたい。エソテリックまかせにしないで、もっとSACDを出して欲しい。

BCJのファン さん | 静岡県 | 不明

5
★
★
★
☆
☆
ガリさんの言うとおり、確かにSACDの方...

投稿日:2008/11/05 (水)

ガリさんの言うとおり、確かにSACDの方が音がほぐれている分、やや団子状のCDと比較すると、大人しく感じることは事実ですね。でも左右の広がりや、左右チャンネルのセンターでのつながりはSACDに軍配が上がります。とはいえこのSACDは意外に従来の国内盤CDとの差が少なかったので、ちょっと残念!

meji さん | 横浜市 | 不明

0
★
★
★
★
☆
SACD盤ではOIBP盤では目立たなかっ...

投稿日:2006/09/11 (月)

SACD盤ではOIBP盤では目立たなかったいくつかの音のドロップアウトが目立ちますし、クライバーの音楽も少し元気がなくなりましたが、歌手の歌声の臨場感は凄いですね。

ガリ さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品