DVD 輸入盤

『アルツィラ』全曲 ダミアーニ演出、ベニーニ&ボーイト音楽院管、福島佳子、フルゾーニ、他(1991 ステレオ)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD4050
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Italy
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

パルマ・レッジョ劇場1991
ヴェルディ『アルツィラ』


福島佳子のデビュー作! ヴェルディ幻のオペラが名手ベニーニの指揮で生き生きと奏でられる

ヴォルテールの悲劇を基にしたヴェルディ8作目のオペラ『アルツィラ』は、『ナブッコ』の成功によって次々に仕事が舞い込むようになったヴェルディ最初の多作期に書かれています。愛国的オペラが喝采をあびたこの時期のイタリア、『アルツィラ』の意気揚々とした音楽にも、時代の好みが感じられます。ナポリでの初演では成功を収めながらも、その後は上演機会に恵まれず、珍品オペラの仲間入りをしてしまった今作ですが、『アイーダ』を髣髴とさせる異国趣味を盛り込んだ筋立てに、華やかなソプラノの歌唱も聴きどころの見ごたえのあるオペラ。なにより、パルマ王立劇場1991年の今映像でタイトル・ロールを歌っているのは、前年に「フェスティバル・ヴェルディ・コンクール」に入賞したソプラノ福島佳子。福島のオペラ・デビュー作となった伝説の舞台を、是非とも見ておきたいところです。

【あらすじ】
舞台は、スペイン支配下の16世紀のペルー。インディオ酋長の娘アルツィラは、スペイン人との和睦のためにペルー総督グスマーノとの結婚を迫られていた。しかし、恋人である酋長ザモーロと一緒にいるところをグスマーノに見咎められ、ザモーロは捕えられる。かつてザモーロに命を救われたことのある前総督のとりなしで、ザモーロは一度は許されたものの、再び戦場でグスマーノの捕虜となり、死刑が執行されようとしていた。アルツィラは、ザモーロの釈放と引き換えに、グスマーノと結婚することを承諾。牢を抜け出したザモーロは、婚礼へと向かうグスマーノを刺して復讐するのだが、瀕死のグスマーノはザモーロを許し、アルツィラとの幸せを願うのだった。(Columbia)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『アルツィラ』全曲

 アルツィラ(アタリーバの娘):福島佳子
 アルヴァーロ(グスマーノの父):ジャコモ・プレスティア
 グスマーノ(ペルー総督):ジャンカルロ・パスクウェット
 オヴァンド(スペインの将校):エンリーコ・ファチーニ
 ザモーロ(インカ人)マウリツィオ・フルゾーニ
 アタリーバ(インカ人の酋長):ピエトロ・ヴルタッジョ、ほか
 パルマ・レッジョ劇場合唱団
 アッリーゴ・ボーイト音楽院管弦楽団
 マウリツィオ・ベニーニ(指揮)

 演出:ルチアーノ・ダミアーニ
 収録時期:1991年2月2日
 収録場所:パルマ王立劇場(ライヴ)

 収録時間:全プログラム97分
 画面:カラー、4:3
 音声:リニアPCMステレオ、ドルビーデジタル5.1chサラウンド、DTS 5.1chサラウンド
 字幕:伊・英・仏・西
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品