CD 輸入盤

Sacred Works: V / A

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573.80303
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連する商品情報

  • ズーカーマン・プレイズ・ヴィヴァルディ(6CD) 滴るような美音で知られる名ヴァイオリニスト、ピンカス・ズーカーマンの6枚組のボックス。「四季」は1972年のイギリス室内管と1980年のセントポール室内管との2種類の録音を収録しています。 HMV&BOOKS online|2017年3月26日(日)
  • ファビオ・ビオンディのヴィヴァルディ・ボックス(9CD) ビオンディがヴァージン・クラシックスで制作したヴィヴァルディ録音を集めたもので、それぞれのディスクは、オリジナル・デザイン仕様による紙ジャケットに封入されています。 HMV&BOOKS online|2017年1月7日(土)
  • ヴァイオリニスト、ズヴェーデンの切れ味鋭い『四季』が復活 古楽奏法を取り入れたモダン楽器アンサンブル、コンバッティメント・コンソート・アムステルダムとの共演で、針のように細く尖ったソロが印象的な切れ味鋭い『四季』を聴かせています。 HMV&BOOKS online|2016年9月13日(火)
  • バロック・ヴァイオリン奏者レツボールによるヴィヴァルディ『四季』 通奏低音には柔らかな音のオルガンを用い、きびきびしただけの『春』とは違った作りこんだサウンドが印象的です。『夏』終楽章は一転、手加減なしの高速で弦が軋み火花散る熱演。 HMV&BOOKS online|2016年9月13日(火)
  • ヴィヴァルディ・イン・ア・ミラー 1983年、ヴェネツィア近くのトレヴィーゾで設立された古楽器合奏団「ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ」は、かつて存在したヴェネツィア共和国の自治体「ジョイオーサ・マルカ」に由来する名を持つアンサンブル。 HMV&BOOKS online|2016年8月14日(日)
  • 激安! 双子姉妹によるヴィヴァルディ『四季』の2台ピアノ版 エンダー姉妹による話題作がプライスダウン。2台ピアノによる演奏は骨太でありながら、ヴィヴァルディの旋律を繊細に表現、小気味良く速めに採られたテンポと併せ、見事にピアノ作品として再現されています。 HMV&BOOKS online|2016年8月4日(木)

古楽 に関連する商品情報

  • ザ・シックスティーン/『ルネサンス・クリスマス』 これまで、『中世イギリスのクリスマス』や『トラディショナル・クリスマス・キャロル・コレクション』、『降誕節のための音楽』など、様々なクリスマス・アルバムで絶大な評価を得てきたザ・シックスティーンの新たなクリスマス・アルバムが登場。 HMV&BOOKS online|1時間前
  • アルカデルト:モテット、マドリガーレとシャンソン(3CD) イタリアン・マドリガーレの創始者の一人として知られるジャック・アルカデルト(1505-1568)のモテット、マドリガーレ、シャンソンを収録したCD3枚組。 HMV&BOOKS online|2時間前
  • ルクス&コレギウム1704/バッハ:復元協奏曲とカンタータ集 一連のゼレンカ録音やバッハの『ロ短調ミサ曲』で名演を聴かせてきたルクス&コレギウム1704による新録音。ベルリン古楽アカデミーのソロ・オーボエ奏者としても活躍するレフラー、どの時代の音楽も鮮烈に歌いこなす名歌手プロハスカとの共演です。 HMV&BOOKS online|22時間前
  • カミングス&ゲッティンゲン祝祭管/ヘンデル:『アルミニオ』 アメリカ出身のカウンターテナーのクリストファー・ローリーを始め、充実のキャストが揃った2018年ヘンデル国際音楽祭でのライヴ録音。ゲッティンゲンのヘンデル国際音楽祭は1920年から続く伝統あるもので、指揮のローレンス・カミングスは2012年より同音楽祭のアーティスティック・ディレクターを務めています。 HMV&BOOKS online|22時間前
  • マギーガン&フィルハーモニア・バロック管/ラモー:栄光の殿堂 カリフォルニア大学バークレー校のライブラリーに眠っていた当時の手稿や印刷譜、台本などを元にラモー研究の第一人者ジュリアン・デュブリュクが初演時の版を復元し、1745年以来初めて、当初の力強いヴァージョンで全曲が蘇演されました。 HMV&BOOKS online|22時間前
  • バタゴフ/『夕べの讃歌』 極端に遅いテンポによる独特の緊張感と美しさが印象的なピアニスト、アントン・バタゴフの最新盤は、16〜17世紀イギリスの作品集。ブリテンの『青少年のための管弦楽入門』の主題に使われたことでも有名な、パーセルの劇音楽『アブデラザール』のロンドも収録されています。 HMV&BOOKS online|1日前

おすすめの商品