CD

奥村愛 Maria【Copy Control CD】

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AVCL25025/B
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, コピーコントロールCD

商品説明

maria / 奥村 愛

エイベックスに移籍して記念すべき1枚目は私にとって特別なアルバムにしたいと思い、メロディーが美しいアリアを中心にレコーディングしました。
以前から大好きだったカッチーニのアヴェ・マリア、幼い頃からお気に入りだったパッヘルベルのカノン・・
皆さんも一度は聴いたことがある曲ばかりだと思うので、きっと楽しんでいただけることと思います。(奥村 愛)






奥村 愛のプロフィール

4歳よりヴァイオリンを始める。
7歳までアムステルダムに在住。
桐朋学園大学ディプロマコースで学ぶ。これまでに、辰巳明子氏に師事。またアイザック・スターン、オーギュスタン・デュメイ、ジョルジュ・パウク、イツァーク・パールマン等の公開レッスンを受講している。

第48回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部第1位入賞。1996年10月 サントリーホール10周年記念事業「ヨーヨー・マ1996かけ橋」に出演。 1997年 多摩フレッシュ音楽コンクール’97にて、第2位入賞。 1999年 第1回スーパー・クラシック・オーディション、ヴァイオリン部門第1位、全部門決勝大会準グランプリ受賞。そして、第68回日本音楽コンクールにおいては、ヴァイオリン部門第2位入賞を果たしている。

これまでに、フランス、クールシュベール音楽祭にてラジオ・フランス主催のコンサートへの出演、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、イルジ・ビエロフラーヴェク指揮プラハ・フィルハーモニー管弦楽団とも共演。日本では数多くのリサイタルとともに、読売日本交響楽団、東京交響楽団、九州交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団をはじめとする主要なオーケストラとの共演を重ねている。

2002年10月 CDデビュー。クラシック界の新人としては異例の大ヒットを記録し、紀尾井ホールでの記念リサイタルも大成功を収めた。2003年11月には2枚目のCD『ロマンス』がリリースされ、ヤマハ発動機『パッソル』、サントリーラテラテのCMに出演し注目を集めるなど、CMの出演、テレビ番組、ラジオ出演等多彩な活躍をしているクラシック界のホープのひとりである。

2004年11月 サード・アルバム『maria』エイベックス・クラシックスより発売。

内容詳細

美人ヴァイオリニストの移籍第1弾。“クロスオーバー・アルバム”と表記があるが、ストリングスを中心に古川昌義、妹尾武など名腕ミュージシャンが少し参加している編成なので、クラシック系のオムニバスとして楽しめる。DVDでは終始真剣な表情での熱演に感心。(つ)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ゴルトベルク変奏曲より 「アリア」
  • 02. 主よ、人の望みの喜びよ
  • 03. G線上のアリア
  • 04. カノン
  • 05. アヴェ・マリア (シューベルト)
  • 06. アヴェ・マリア (カッチーニ)
  • 07. アヴェ・マリア (バッハ/グノー)
  • 08. ゴルトベルク変奏曲より 「アリア・ダ・カーポ」

ディスク   2

  • 01. アヴェ・マリア
  • 02. 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • 03. ≪四季≫ より 「冬」 ; ラルゴ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
奥村愛さん、素晴らしい音色を聞かせていた...

投稿日:2004/12/21 (火)

奥村愛さん、素晴らしい音色を聞かせていただきました。毎朝、このCDを聞いています。僕は「Maria」の中でも「G線上のアリア」がとても好きです。また、クラシカジャパンのクラシカTOP20を見ましたよ。奥村愛さんはとても素敵で、パックンとのトークも楽しく拝見させていただきました。ウィーンでの生活、音楽活動を聞くことができ、大変興味深い内容でした。これからも応援しています。頑張ってください。日本へ戻って来られたら是非コンサートへ行きたいと思っています。

アキヒロ さん | 滋賀県 | 不明

0

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品