CD 輸入盤

序曲&前奏曲集 ショルティ&ウィーン・フィル(2CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4406062
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Rienzi : Overture
Der fliegende Hollander : Overture
Tristan und Isolde : Prelude to Act 1. Langsam und schmachtend
Tannhauser : Paris version Overture
Tannhauser : Act 1 Bacchanale (Singverein Der Gesellschaft Der Musikfreunde)
Lohengrin : Prelude to Act I
Siegfried Idyll
Die Meistersinger von Nurnberg Act 1 : Prelude & Hymn(Wiener Staatsopernchor)
Parsifal : Prelude
Gotterdammerung : Dritter Aufzug - Siegfried's Funeral March

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Overture
  • 02. Overture
  • 03. Act I: Prelude
  • 04. Overture
  • 05. Bacchanale

ディスク   2

  • 01. Act I: Prelude
  • 02. Act I: Prelude and Hymn
  • 03. Act I: Prelude
  • 04. Siegfried's Funeral March

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
確か1994年にVPOを率いて来日したショルテ...

投稿日:2013/09/13 (金)

確か1994年にVPOを率いて来日したショルティのインタビュー模様を年末TVで見てさすがもう82歳という年齢のせいかギラギラした雰囲気はないけれど音楽への真面目な姿勢は窺えました。個人的にその記憶が結構私の中に引き摺っているのは年が明けてすぐに大震災に見舞われ自宅全壊等でしばらく音楽鑑賞とかいった悠長な事どころではない状態で一・二年復興作業に注力している内に1997年そのショルティが亡くなった事に妙に寂しさを覚えたものでした。ショルティ/VPOと言えば1958年頃からスタートしたDECCAでのワーグナー「ニーベリングの指輪」等の収録が私がクラシック音楽を聴き出した頃には快調に進行しレコード雑誌にも賑やかにその宣伝広告が載っておりました。しかしながらワーグナーの歌劇、楽劇は周知の通り結構演奏時間が長く正直対訳片手に繰り広げられる神話・宗教的世界・・・それもある程度の基本的予備知識が必要とあって「取り組む」には私の能力では無理というのが曲への好みが手伝って縁遠いクラシック音楽となっておりこの年齢になっても状態はそんなに変わっておりません。ワーグナー歌劇・楽劇を楽しむ程には到っていないクラシック・ファンである事を打ち明けてしまった形となりました。ただ各曲の有名な序曲・前奏曲・間奏曲についてはショルテイ/VPOの諸盤にはLP時代から接していて機能美まで昇華したというのかその鍛えられた男性筋肉質感を思わせる迫力は楽器を大音量で鳴らす様な単なる力技にはならず鬼気迫る「凄み」を内包しての攻撃性に引き込まれておりました。本盤はこのコンビによる代表的なワーグナー歌劇・楽劇の管弦楽曲集で難しい話抜きで華麗な音楽パーフォーマンスを1960〜1980年代に録ったもののピックアップ版で録音も聴き易いです・・・音色に酔いましょう。ショルティのワーグナー管弦楽には1970年代中心に別にシカゴSOとの再録音もありますが私はこちらのVPOとの何となく指揮者と楽員がせめぎ合い且つ相乗効果を発揮している方に親しみを持っております。冒頭で触れたショルティの真面目さと言えば収録曲「ジークフリート牧歌」では初演の小編成スタイルをちゃんと採用している事等も挙げられましょう。全体演奏運びとしてはVPOのあのサウンドとショルティの強靭な畳み込みとのせめぎ合いが面白くワーグナーの神話性・官能性に触れる事が出来る実に「ワーグナーはちょっと」という私などにも分かり易い演奏かと思いました。収録曲データは一部再チェックをしなければとも思っているのですが概ね次の通りです→歌劇「リエンツィ」序曲(1961年、タイム11’33)、歌劇「さまよえるオランダ人」序曲(1961年、同10’31)、楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲(1960年、同10’34)、歌劇「タンホイザー」序曲(1961年、同14’13)、歌劇「タンホイザー」バッカナール(ウィーン楽友協会合唱団、1961年、同13’07)、歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲(1985年、同9’47)、ジークフリート牧歌(1965年、同18’21)、楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲(1975年、同12’46)、楽劇「パルジファル」第1幕への前奏曲(1972年、同12’29)、楽劇「神々のたそがれ」ジークフリート葬送行進曲(1964年、同8’01)(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

1

ワーグナー(1813-1883)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

  • クリュイタンス、フランソワ/ラヴェル:作品集(6CD) クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団とフランソワによる、ラヴェルの管弦楽曲集・ピアノ協奏曲集・ピアノ曲集が、ワーナーお買得ボックス・シリーズに登場。 HMV&BOOKS online|2日前
  • ルスティオーニ&トスカーナ州立管/ペトラッシ:管弦楽作品集 2016年6月には東京交響楽団と兵庫芸術文化センター管弦楽団を指揮し、世界が熱い視線を注ぐ1983年ミラノ生まれの若きマエストロ、ダニエーレ・ルスティオーニのソニー・クラシカル第2弾となるアルバムは、イタリアの現代音楽作曲家ゴッフレド・ペトラッシの作品集。 HMV&BOOKS online|2018年6月15日(金)
  • ボッソ&ストラディヴァリ・フェスティヴァル室内管/チャイコフスキー:弦楽セレナード、他 2017年にSonyから発売したアルバム『The 12th Room』がイタリアだけで5万枚を売り上げ、近年のイタリアで最も成功した音楽家と評価されているエツィオ・ボッソ。作曲家・指揮者・ピアニストとしてマルチな活動を行なっていますが、今回は彼が2017年に設立した「ストラディヴァリ・フェスティヴァル室内管弦楽団」との共演。 HMV&BOOKS online|2018年6月15日(金)
  • 【在庫特価】ノイマン&ゲヴァントハウス管のスメタナ:『わが祖国』、他 『わが祖国』は、コンヴィチュニーから受け継いだ重厚なサウンドを基軸に骨太な演奏を聞かせていたゲヴァントハウス管音楽監督時代のノイマンが残した名演。他にスイトナーのドヴォ9、レーグナーのヤナーチェク:シンフォニエッタも収録。在庫限りの特価。 HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)
  • 弦楽合奏版の『展覧会の絵』、『禿山の一夜』 ヴァイオリニスト、指揮者、イリヤ・イオフの編曲による弦楽合奏のためのムソルグスキー。『展覧会の絵』、『禿山の一夜』、歌曲集『子供部屋』(ソプラノ:ヴェーラ・チェカノヴァ)を収録。イリヤ・イオフ指揮、ディヴェルティスマン室内管弦楽団の演奏です。 HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)
  • 【LP】ミュンシュ&BSOによるダフニスとクロエ(1955) 1960年にリリースされたミュンシュ指揮、ボストン交響楽団によるラベルのダフニスとクロエがAnalogue Productionsから登場!200グラム重量盤によるQuality Record Pressingsです! HMV&BOOKS online|2018年6月14日(木)

おすすめの商品