ワーグナー(1813-1883)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD

『パルジファル』全曲 ハンス・クナッパーツブッシュ&バイロイト、ジェス・トーマス、ハンス・ホッター、他(1962 ステレオ)(3SACD)(シングルレイヤー)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGD9055
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明


ワーグナー:『パルジファル』(3SACD)
ハンス・クナッパーツブッシュ&バイロイト(1962年ライヴ)


伝説的ワーグナー指揮者、ハンス・クナッパーツブッシュの遺した最大の名盤である大作『パルジファル』。戦後のバイロイト音楽祭を語るうえでも重要なディスクである1962年ステレオ録音盤をSA-CD〜SHM化。今回はSA-CDの大容量を生かして、初めて第1幕を1枚のディスクに収録(従来CDでは第1幕が2枚のディスクに分かれていました)、全3枚組に収めることに成功しました。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ワーグナー:『パルジファル』全曲


 ハンス・ホッター(バス:グルネマンツ)
 ジェス・トーマス(テノール:パルジファル)
 ジョージ・ロンドン(バス:アンフォルタス)
 マルッティ・タルヴェラ(バス:ティトゥレル)
 アイリーン・ダリス(ソプラノ:クンドリ)
 グスタフ・ナイトリンガー(バス:クリングゾール)
 ニールス・メラー(テノール:聖杯騎士)
 ゲルト・ニーンシュテット(バス:聖杯騎士)
 ソナ・ツェルヴェナ(ソプラノ:小姓)
 ウルズラ・ベーゼ(アルト:小姓)
 ゲルハルト・シュトルツェ(テノール:小姓)
 ゲオルク・パスクダ(テノール:小姓)
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ:花の乙女)
 アニア・シリア(ソプラノ:花の乙女)
 エルセ=マルグレーテ・ガルデッリ(メゾ・ソプラノ:花の乙女)
 ドロテア・ジーベルト(アルト:花の乙女)
 リタ・バルトス(アルト:花の乙女)
 ソナ・ツェルヴェナ(アルト:花の乙女)
 ウルズラ・ベーゼ(アルト・ソロ)
 バイロイト祝祭合唱団
 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)

 録音時期:1962年8月
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)
 SACD Single Layer

 旧フィリップスのオリジナル・アナログ・マスターから英クラシック・サウンドにて2016年最新DSDマスターを制作。
 歌詞対訳は付いておりません。
 本SA-CDは長時間収録ディスクのため、機器によっては再生できない可能性もございますことを予めご了承ください。(メーカー資料より)

【初回生産限定/SA-CD〜SHM仕様/紙ジャケット仕様】
音が見える!躍動する!世界が初めて耳にした別次元のクオリティ、SA-CD〜SHM仕様。透明性/流動性に優れるSHM素材をボディに使用。更にDSD本来の特性が生きるシングルレイヤー(2ch)方式を採り入れた究極のSuper Audio CDシリーズです。

※SA-CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーで再生することはできません。2ch音源のみのディスクです。Multi-ch(サラウンド)は収録しておりません。(メーカー資料より)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
17
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
どうも永遠・絶対の名盤と言う九割方の賞賛...

投稿日:2015/07/10 (金)

どうも永遠・絶対の名盤と言う九割方の賞賛と、51年盤より弛緩しているという少数の批判があるらしい。クナ礼賛では人後落ちない積もりの自分も、LP時代(フィリップス)にこれだけはどうも盛り上がりに欠けているのではという思いを残したので、CD時代になってからは51年盤(テルデック)に乗り換え、それで今度は満足、良しとしていた。でもやはりステレオと言うのは大きいので値段が下がったらと思っていたのだが、デッカになって、HMVでは圧倒的に安くなったために購入したのだが(何かセールスプロモに協力しているみたいだけど)、リマスターで良くなったのかどうか、装置自体も違うから比較にはならないが、今回のでは緩いという印象は全く持たなかった。かつての記憶はもう要らない。クナの60年代はブルックナーなどを聞いても、それまでより、自由というか即興的な流動性を増しているように思うが、ここでもそれを感じた。51年盤と聞き比べると一幕の前奏曲だけでも二分くらいこちらの方が早いが、その早さを感じさせない。それがかつて弛緩と感じさせたものかもしれないが、今回はそうではないと感じた。直接比べるとやはりステレオの音の広がり(仕方ないとはいえ右からvn.が聞こえるバイロイト配置はどうも馴染めないのではあるけれど)と幅、そしてレンジの広さは圧倒的である。低い弦や金管の生々しい底力はこれでこそ生きる。クナの演奏は、呼吸の深さで大きなフレーズを波のようにつくって、それを即興的な流れのママにつないでいくやり方だが、その繋ぎ方が晩年は一層自由になっていったのではないか?構えているところが微塵もない(柔道の-といって全然縁のない世界だけれど-三船十段の伝説の空気投げみたいな極意?)それにこの演奏はホッターのグルネマンツが何といっても大きい。随所にあるモノローグで彼が繰り広げるのはクナと同じ、茫洋と広がる波のようなフレージングの深さで、両者の呼吸の合っていることと言ったらない。ということで、あっさりと九割の礼賛者の方に鞍替え。やっぱり永遠の名盤、神盤でしょう。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
私は昔この演奏をレビューで酷評したところ...

投稿日:2014/08/20 (水)

私は昔この演奏をレビューで酷評したところ、この指揮者の熱狂的なファン、いや信者から「お前みたいなガキにこの演奏の価値が分かるか」・・・といった類の罵詈雑言を浴び、小生もムキになっ反論、中には同意見、ないし似た感想をもっている方もいたが、多勢に無勢、「結局この連中には何を言っても無駄か」と呆れ、議論を打ち切った苦い記憶がある。・・・さてそれから数年たち、久しぶりに聴いてみるか、と手元にある本盤と、51年のライヴを聞き比べてみたが・・・やはり印象は変わらなかった。まず51年盤は音質こそ良くないもののこの時期にしてはまあ鑑賞に耐えるレベルにあるし、なんといっても音楽が殆ど弛緩しておらず、実は62年のこちらより演奏時間は遅いのだが、全体を通して聴くと音楽の密度といい緊張感といい、同曲のベスト、とまではいかないまでも、快適に聴く事ができた。・・・さて問題の当盤だが、歌手陣は揃っているが、肝心のクナッパーツブッシュの指揮が全くダメ。緊張感まるでなし。おまけに音が汚い。これのどこが「荘厳」で「神聖さを感じられる」のか、全く私にはわからない。どう考えても耄碌した年寄りの印象批評、特に宇野センセのお墨付きをもらって過大評価されているだけとしか思えん。少なくともブーレーズやカラヤン、ケーゲル、クーベリックetcといった後輩達の仕事、および51年盤を知っている私にとっては到底「永遠の名盤」などとは認められん。追記:その51年盤は、カラヤンが半月にわたってオケを練習で鬼のようにしごいてからクナッパーツブッシュに引き渡した、という噂を聞いたことがあるが、ホントかね?・・・もしそうだとすればこの演奏が鑑賞に値するのは、半分はカラヤン大先生のおかげ、ということになるが・・・。

伊東洋輔 さん | 神奈川県 | 不明

4
★
★
★
★
★
LP時代、パルジファルの代表的名盤として一...

投稿日:2013/03/20 (水)

LP時代、パルジファルの代表的名盤として一世を風靡したもの。音質のよさも手伝い、多くの文化人が耳を傾け、「呪縛的」「神秘」「荘厳」と絶賛していた。モノラルの51年盤に比べ音質のアドバンテージは大きく、一般的にはクナのパルジファルといえば、この名盤を指す。クナの数あるパルジファルの中でも、この62年のステレオ盤は最も有名なものだ。51年盤には音質以外は負けているが、ステレオでクナの荘厳なパルジファルの録音が残っているという点で喜ばねばならない。たた、音質がクリアになって、緩急自在さや響きの持つエネルギーや黒い情念がダイレクトに伝わる分、最近のバイロイト演奏に比べオケの合奏の甘さなども目立ち、音質のクリアーさが神秘性のベールを剥ぎ取った側面も否めない。旧フィリップスのバイロイト録音の多くは、カタログから消え始めているが、少なくともこのクナのパルジファルとベームの指輪は残さなければ、メーカーの知性を疑われよう。

eroicka さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ワーグナー(1813-1883)

Richard Wagner was one of the most revolutionary figures in the history of music, a composer who made pivotal contributions to the development of harmony and musical drama that reverberate even today. Indeed, though Wagner occasionally produced successful music written on a relatively modest scale, opera -- the bigger, the better -- was clearly his milieu, and his aesthetic is perhaps the most gra

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ワーグナー(1813-1883)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】R.シュトラウス・コレクション(7DVD) クライバー&バイエルン国立歌劇場の『ばらの騎士』(1979年)、ベーム&ウィーン・フィルの『ナクソス島のアリアドネ』(1965年ザルツブルク音楽祭)などが収められたDVD7枚組ボックス。在庫限りの特別価格です。 ローチケHMV|2017年4月20日(木)
  • グレート・オペラSACDシングルレイヤー(3タイトル) オペラ録音では強力無比の絶対的カタログの豊富さを誇る、旧EMI音源から選りすぐった、名演、名録音の名盤オペラを24bit/96KHzでリマスターした音源ソースによりSACDシングルレイヤー化(メーカー資料より) ローチケHMV|2017年4月20日(木)
  • エリーナ・ガランチャ/モーツァルト、ヴィヴァルディ:アリア集 このアルバムは、彼女の国際的なデビュー直後の録音であるモーツァルト・アルバムと、その名を決定的なものにしたヴィヴァルディの歌劇『バヤゼット』からの名アリアをまとめたものです。 ローチケHMV|2017年4月17日(月)
  • 【在庫超特価】オペラ10曲入りDVDボックス クライバーのカルメン、グシュルバウアーのこうもり、イヴァン・フィッシャーの魔笛、アーノンクールのフィデリオ、マゼールのアイーダ、ディドナートのセヴィリャの理髪師、チェドリンスのトスカ、アバドのエレクトラ、フィリップ・ジョルダンのウェルテル、タンホイザーを収録。 ローチケHMV|2017年4月12日(水)
  • クナッパーツブッシュ・コレクション オペラ録音集 クナッパーツブッシュが遺したオペラ録音からのコレクション。有名な全曲録音のほか、『魔弾』『魔笛』『エレクトラ』『フィガロ』など意外なレパートリーの抜粋なども多数収録。 ローチケHMV|2017年4月11日(火)
  • ワーナー THE HOME OF OPERA アーノンクールの『アイーダ』『後宮』、プレートルの『サムソンとデリラ』、マゼールの『タイス』などが登場。 ローチケHMV|2017年4月3日(月)

おすすめの商品