ローレンス・サスキンド

人物・団体ページへ

ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術 信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

ローレンス・サスキンド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478027509
ISBN 10 : 4478027501
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
273p;19

内容詳細

「ハーバード流」を超えた次世代交渉術のバイブルがついに登場!

1980年代にベストセラーとなり、現在も交渉の基本書とされる『ハーバード流交渉術』の問題点を指摘し、現代のビジネスシーンに適合した交渉術を提案する。

『ハーバード流交渉術』は、それまでの交渉が、一方が他方を圧倒して果実をすべて取るアプローチだったのに対し、ウィン・ウィン戦略を提案して交渉手法を一変させた。互いの利益になるように交渉戦略を立て、当事者すべてがある程度満足のいく結果を得ようという考え方である。

著者自身がハーバード流交渉術を生んだハーバード・ロースクールで教えており、その意義を十分理解しながらも、現代には通用しなくなってしまった「ウィン・ウィン」の限界を乗り越える、具体的で現実的な6原則を豊富な事例とともに解説する。ひと言でいえば「ウィン・ウィン」のアプローチをとりながら、自分にとってより有利に交渉を進める方法である。

著者は40年以上MITで教鞭をとり、企業間の交渉から、多国間の貿易交渉、軍事紛争までアドバイスや仲裁を行っている交渉術の第一人者であり、ハーバード・ロースクールの交渉プログラム共同創設者。同プログラムはMIT、タフツ大学の専門家も加わる学際的コンソーシアムで、著者はここで交渉の研究と実践をともにリードする存在であり、本書は最新の交渉術を伝授するものとなる。

著者
ローレンス・サスキンド(Lawrence Susskind)
ハーバード・ロースクール交渉学講座(PON)の共同創設者で、MIT-ハーバード 公共問題プログラム・ディレクター。世界中の複雑な対立・紛争の交渉を仲裁し支援する非営利活動を行うとともに、ハーバード・ロースクールの経営幹部向け教育にも携わる。約40年にわたりMITで教鞭をとり、公共政策にかかわる対立から企業間の対立まで、多数の交渉の仲裁・調停にあたってきた。実践経験の豊富な交渉学の第一人者として、世界の20以上の大学に招かれ講義し、16冊の著書は複数の言語に翻訳されている(未邦訳)。多くが共著で、経営幹部向け、法律家向けなど、専門家向けの本だが、本書は初の一般ビジネスマン向けの著書である。

有賀裕子(あるが・ゆうこ)
東京大学法学部卒。ロンドン・ビジネススクール経営学修士(MBA)。通信会社勤務を経て1998年から翻訳者として活動。訳書に『貫徹の志 トーマス・ワトソン・シニア』『GMとともに』『ブルー・オーシャン戦略』(以上ダイヤモンド社)、『イノベーションの新時代』(日本経済出版社)他多数。

【著者紹介】
ローレンス・サスキンド : ハーバード・ロースクール交渉学講座(Program on Negotiation:PON)の共同創設者、MIT教授。MITでは40年以上にわたって教鞭をとってきた。交渉学の研究と同時に、土地や水利権をめぐる紛争の仲裁、政府・規制当局と難しい交渉をしなければならない50を超える企業へのアドバイスなど、実務面でも多くの交渉経験をもつ。高度な交渉トレーニングを提供し、全世界で3万人を超える交渉のプロを育てた。イスラエル、アイルランド、フィリピンの最高裁のアドバイザー経験もある

有賀裕子 : 東京大学法学部卒。ロンドン・ビジネススクール経営学修士(MBA)。通信会社勤務の後、翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ローレンス・サスキンド

ハーバード・ロースクール交渉学講座(Program on Negotiation:PON)の共同創設者、MIT教授。MITでは40年以上にわたって教鞭をとってきた。交渉学の研究と同時に、土地や水利権をめぐる紛争の仲裁、政府・規制当局と難しい交渉をしなければならない50を超える企業へのアドバイスなど、

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品