ロット、ハンス(1858-1884)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Symphony: Segerstam / Norrkoping So

ロット、ハンス(1858-1884)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIS563
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いかにも青臭く洗練されていない曲。だから...

投稿日:2012/06/10 (日)

いかにも青臭く洗練されていない曲。だからこそ熱い。命の熱気が噴き出してくるようだ。マーラーだってこんなに青臭さくはないぞ! *** さて、ブラームスさん・・・。Sym4でトライアングル猛打させてるじゃないですか!素直に人を誉めるのって難しいと思うよ。結末は・・・。悲しいことになってしまいました。(ロットの葬儀にブラームスって参列してたんですって。) *** 若さとは何かを見せつけられているような曲です。聞くたびに心が奮い立たされます。 *** この度、パーヴォ・ヤルビィ盤が出るとのことで、現段階で最も好んで聞いている同盤を改めて推薦いたします。さて、P.ヤルビィ盤はいかに?

みたけ さん | 不明

0
★
★
★
☆
☆
この曲を聴いて思うことは,やはり同時代に...

投稿日:2008/11/05 (水)

この曲を聴いて思うことは,やはり同時代においてマーラーの個性は強烈であったということ。このハンス・ロットにしても,他では例えばツェムリンスキーにしても,聴き易い音楽を作るので,思わず「隠れた名曲!」と思えてしまう。間違いではないが,彼らの音楽には,個性としての時代を変えるパワーは持ち合わせていないように思える。 さてこの曲だが,マーラーの「復活」と合わせて聴くと,非常に興味深いものがある。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
セーゲルスタムは凄い。3楽章中間部の所々...

投稿日:2007/06/21 (木)

セーゲルスタムは凄い。3楽章中間部の所々のアコーギクなど一瞬驚くが、聞き終えるとそれが間違いではない必然的な解釈だと感じる。 アルヴェーンの交響曲やレーガーの管弦楽など、あまり知られていない曲でも、どれも深い読みと確信に満ちた解釈で聴き手に訴えかけてくる。既出のシベリウスやマーラーも是非聴いてみたいと思う。ただ、好みだろうが、少し金管が騒がしく耳障りなところがあり、原因が録音のせいなのか演奏かはわからないが、この辺が残念である。

Nimrod さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロット、ハンス(1858-1884)

Like Nordraak and Lekeu, Hans Rott is one of the most painful could-have-been cases in the music of the nineteen century. Highly talented -- Bruckner had great hopes about him -- his symphony, both in thematic content and compositional techniques, anticipates Mahler, whose First Symphony it predated by eight years. Rott's mother died in his second year of life. His father, an actor, suffered an ac

プロフィール詳細へ

ロット、ハンス(1858-1884)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品