CD 輸入盤

『セヴィリャの理髪師』全曲 クラウディオ・アバド&ロンドン響、ヘルマン・プライ、テレサ・ベルガンサ、他(1971 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ+DVD)

ロッシーニ(1792-1868)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4799955
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き,輸入盤

商品説明


伝説のオペラ録音 リマスターCD+BDA デラックス盤
理想的な配役で味わうオペラ・ブッファの最高傑作


アバドはゼッダによる校訂版を用い、歯切れの良いリズムで人間の肌のぬくもりを感じさせながら、作品の本日に迫る演奏を聴かせてくれます。ロジーナ役にベルガンサ、フィガロ役をプライが歌い、理想的な歌手陣が愉悦の舞台を華やかに盛り上げています。
 2CD+1BDA、さらにDVDも封入された4枚組!(輸入元情報)

【収録情報】

【CD】(2Disc)
● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』全曲


 フィガロ:ヘルマン・プライ(バリトン)
 アルマヴィーヴァ伯爵:ルイジ・アルヴァ(テノール)
 ロジーナ:テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 バルトロ:エンツォ・ダーラ(バス)
 バジリオ:パオロ・モンタルソロ(バス)
 フィオレロ:レナート・チェザーリ(バリトン)
 ベルタ:ステファニア・マラグー(ソプラノ)
 士官:ルイジ・ローニ(バス)
 アンブロジアン・オペラ・コーラス
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1971年
 録音場所:ロンドン、ワトフォード、タウン・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【BDA】
● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』全曲


 フィガロ:ヘルマン・プライ(バリトン)
 アルマヴィーヴァ伯爵:ルイジ・アルヴァ(テノール)
 ロジーナ:テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 バルトロ:エンツォ・ダーラ(バス)
 バジリオ:パオロ・モンタルソロ(バス)
 フィオレロ:レナート・チェザーリ(バリトン)
 ベルタ:ステファニア・マラグー(ソプラノ)
 士官:ルイジ・ローニ(バス)
 アンブロジアン・オペラ・コーラス
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1971年
 録音場所:ロンドン、ワトフォード、タウン・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【DVD】
● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』全曲


 フィガロ:ヘルマン・プライ(バリトン)
 アルマヴィーヴァ伯爵:ルイジ・アルヴァ(テノール)
 ロジーナ:テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 バルトロ:エンツォ・ダーラ(バス)
 バジリオ:パオロ・モンタルソロ(バス)
 フィオレロ:レナート・チェザーリ(バリトン)
 ベルタ:ステファニア・マラグー(ソプラノ)、他
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 演出:ジャン=ピエール・ポネル
 制作:1972年8月、ザルツブルク&ミュンヘン(映像) 1971年9月、ミラノ(音声)
 収録時間:141分
 画面:カラー、4:3
 音声:リニアPCMステレオ、DTS 5.1
 字幕:独・英・仏・伊・西・中
 NTSC
 Region All

【伝説のオペラ録音 リマスターCD+BDA デラックス盤】
●豪華オリジナル・ハードカバー仕様。
●ブックレットには、オリジナル歌詞、あらすじ、オリジナルのライナー・ノーツが含まれます(欧文)。
●CD+ハイフィデリティ・ピュア・オーディオ・ブルーレイ・ディスク、24ビット・オーディオのオペラ全曲盤。
●オリジナル・アナログ音源からの96kHz/24bitオーディオ・リマスタリング。

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アバドが最もアバドらしかった時期の演奏だ...

投稿日:2018/03/17 (土)

アバドが最もアバドらしかった時期の演奏だと思います。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
『セビリャの理髪師』を全曲聴くのは初めて...

投稿日:2012/01/21 (土)

『セビリャの理髪師』を全曲聴くのは初めてなので、あれこれ言うことは出来ないが、思ったことを記してみる。 【長所】全体的に良く出来上がっている。引き締まっていて大きなトチリが無く、安心して聴ける。 【短所】堅苦しい気があり、それがソリストにも同じ事が言える。他の方が指摘されているように、「歌っている」と言うより「音を追っている」ように聴こえる。アバドの指揮も、ヴェルディの『シモン・ボッカネグラ』(1977年)の録音と比べると燃焼不足のように感じる。

日本の庶民 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
アバドは評価の難しい指揮者である。それは...

投稿日:2010/03/11 (木)

アバドは評価の難しい指揮者である。それは、ベルリン・フィルの芸術監督就任後の停滞によるところが大きい。偉大な指揮者の後任は誰でも苦労が多いが、カラヤンとは異なり、自分の個性や考え方を、退任に至るまでベルリン・フィルに徹底することが出来なかったことが大きい。アバドは、分不相応の地位での心労が祟ったせいか、退任の少し前に大病を患ったが、大病の克服後は、彫りの深い凄みのある表現を垣間見せるようになったのだから、実に皮肉なものだ。しかしながら、私は、アバドが最も輝いていたのは、ベルリン・フィルの芸術監督就任前のロンドン交響楽団時代ではないかと考えている。特に、この時期に手掛けたイタリア・オぺラには、若さ故の生命力と、アバド得意のイタリア風の歌心溢れた名演が非常に多い。そのような中にあって、このセビリャの理髪師は燦然と輝くアバドの傑作の一つとして評価してもいいのではないかと思われる。ロッシーニのオペラは、後年のヴェルディやプッチーニのオペラなどに比べると、録音の点数も著しく少なく、同時代に生きたベートーヴェンが警戒をするほどの才能があった作曲家にしては、不当に評価が低いと言わざるを得ない。そのようなロッシーニのオペラの魅力を、卓越した名演で世に知らしめることに成功したアバドの功績は大いに讃えざるを得ないだろう。独唱陣も、ベルガンサ、プライなど一流の歌手陣を揃えており、同曲随一の名演の地位は、今後とも揺るぎそうにない。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

2

ロッシーニ(1792-1868)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品