ルーセル (1869-1937)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

SACD

『バッカスとアリアーヌ』第2組曲、『蜘蛛の饗宴』、シンフォニエッタ、他 アンドレ・クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団(シングルレイヤー)

ルーセル (1869-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPGS10020
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

ルーセル:『バッカスとアリアーヌ』第2組曲、『蜘蛛の饗宴』、シンフォニエッタ、他
アンドレ・クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団


アンドレ・クリュイタンス/名盤SACDシングルレイヤー・コレクション
日本独自企画

【収録情報】
1. ルーセル:バレエ音楽『バッカスとアリアーヌ』第2組曲
2. ルーセル:バレエ音楽『蜘蛛の饗宴』より交響的断章
3. ルーセル:弦楽のためのシンフォニエッタ Op.52
4. ピエルネ:ハープと管弦楽のための小協奏曲 Op.39


 アニー・シャラン(ハープ:4)
 パリ音楽院管弦楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1963年11月(1-3)、1964年10月(4)
 録音場所:パリ、サル・ワグラム
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 Producer: Rene Challan
 Balance engineer: Walter Ruhlmann

 SACD Single Layer
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

【アンドレ・クリュイタンス/名盤SACDシングルレイヤー・コレクション】
ベルギー生まれのフランス系指揮者、アンドレ・クリュイタンスの没後50年企画(1905年生〜1967年6月3日没)。19世紀〜20世紀前半のフランス音楽への親近性はもとより、彼が残した録音は幅広いもレパートリーで世界的な評価を受けるクリュイタンスの名盤を厳選、最新2017年24bit/96kHzでのオリジナル・マスターからのリマスター音源によるSACDシングル・レイヤーでの発売。(メーカー資料より)

【アンドレ・クリュイタンス】
1905年音楽一家に、アントワープに生まれる。1940年フランス市民権獲得。1932年トゥールーズのカピトール劇場で活動を開始。フランスのメジャーなオペラハウスで活躍の傍ら、バイロイト音楽祭でも成功を収め(初登場のフランス人指揮者)、ベルリンやウィーンでも指揮。フィルハーモニア管弦楽団での録音デビュー、ニューヨーク・フィルにも登場した。1940年代〜1960年代半ばに多くの録音を残す。収録音源の他にも、「ファウスト」、「ホフマン物語」などのオペラ録音でも高く評価される。(メーカー資料より)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ルーセル (1869-1937)

Though less well known than his contemporaries Ravel and Debussy, Albert Roussel is nevertheless regarded as one of the most important figures in early twentieth century French music. Roussel's music reflects his efforts to explore new possibilities of expression while remaining faithful to traditional musical ideas; evident in his chamber music and works for the stage, this tension between tradit

プロフィール詳細へ

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品