CD

Opera Fantasies: 高須博

リスト(1811-1886)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PRCC0001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

It is a CD of Hiroshi Takasu after a long time. As usual, Takasu collected only super difficult pieces of music that no body would attempt (could attempt) and has splendidly played them completely. All pieces are what Liszt arranged each scene of opera. Especially, the youthful works of Liszt that require stamina such as the second number Robert le Diable and the fourth number Niobe are a daring and aggressive performance. He is born in 1956 and far from young, and it is even wondering how on earth he plays piano with his small body. However, he is not only a very healthy pianist who simply plays difficult pieces of music energetically. In the first number Trovratore and the third number Lucia, you can listen to the rich singing that is only possible for those who do know opera very well. In the famous duet number La ci darem la mano to be appeared in the middle of the fifth number Don Giovanni, he played the singing voices of Don Giovanni and Zerlina splendidly with difference respectively and you can certainly enjoy the chase of two. While there are many pianists who just strike notes of chords violently in the same last scene of Don Giovanni, we must surprise at Takasu's ability to form dramatic and intelligent structure. Also, the beauty of soft sounds in high-tone range is magnificent. The unique sounds that once surprised engineers of NHK as Great carrying sounds! They can be broadcast without echo. is alive. (Normally, the sounds of the piano recorded in studio are broadcast with echo. Otherwise, the sounds get thinner like crisp sounds.) It is an episode that explains how the sounds of Takasu are rich. In this way, the audience will be under magic spell of Takasu and manipulated up and down freely by Takasu like a small ship tossing on the large waves. With his performance using great techniques, he is really worthy to be called as a person of exceptional talent and wizard.

内容詳細

リストがピアノの名人芸を披露するために超絶技巧を駆使して書いたオペラの編曲。長身で“ド”から1オクターヴ上の“ソ”まで届く大きな手を持っていた巨匠の作品を、小柄な高須が苦もなくライヴで弾ききるさまが実に痛快だ。歌心あふれた豊かな表現力にも脱帽する。(彦)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ヴェルディの歌劇「イル・トロヴァトーレ」のミゼレレによる演奏会用パラフレーズ
  • 02. 大幻想曲、マイヤベーアの歌劇「悪魔ロベール」の追想?地獄のワルツ
  • 03. 劇的幻想曲、ドニゼッティの歌劇「ランメルモールのルチア」の追想
  • 04. パチーニの歌劇「ニオベ」による大幻想曲?カヴァティーナ「君の胸のときめき」によるディヴェルティスマン 
  • 05. 大幻想曲、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の追想

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

リスト(1811-1886)に関連する商品情報

  • コチシュに捧げる『トリスタンとイゾルデ』 クーパーはレコーディングにあたって、ハンガリーのピアニスト&指揮者のゾルターン・コチシュから多大なインスピレーションを受けており、2016年11月に逝去した彼の思い出にこのディスクが捧げられています。 HMV&BOOKS online|2017年2月4日(土)
  • フランツ・リストの超難曲の注目盤 通常聴かれる『ラ・カンパネラ』は1851年に改訂された版であり、1838年版の方は、リストの全作品の中でも最も難しい作品の一つにも数えられるほどに演奏が困難です。ポーランドの名手ヴァレチェクの演奏で。 HMV&BOOKS online|2017年1月30日(月)
  • トリフォノフのリスト超絶技巧練習曲集 ロシア・ピアニズムの正統を嗣ぐ若手ナンバーワン・ピアニスト、トリフォノフのDG第3弾は超絶技巧練習曲集にパガニーニ大練習曲、演奏会用練習曲集のリスト:エチュード集。 HMV&BOOKS online|2016年8月31日(水)
  • ダニエル・ワイエンベルクの超絶技巧練習曲集 知る人ぞ知る大ピアニストのワイエンベルクが、LYRINXから突如として新録音を発売。しかも録音当時85歳と7ヵ月半という高齢にもかかわらず、あえて難曲中の難曲、リストの超絶技巧練習曲集を録音。 HMV&BOOKS online|2016年8月1日(月)
  • リスト:パガニーニによる超絶技巧練習曲集、パガニーニによる大練習曲 クロアチアの名手ゴラン・フィリペツがリストの超難曲に挑戦。有名な「ラ・カンパネラ」の初稿ヴァージョンも入っています。 HMV&BOOKS online|2016年3月24日(木)
  • 名手ロジェ・ムラロによるリストのロ短調ソナタ、イゾルデの愛の死 リストのロ短調ソナタについてムラロは「表裏一体の思想と感情です。彼が受けた素晴らしい影響を示しながら、生から死へ〜あるいはその後の世界へ〜の軌跡を描くのです。」と語っています。 HMV&BOOKS online|2015年8月25日(火)

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品