CD 輸入盤

Orch.works: Barenboim / Paris.o

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4000612
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Kulilal At Pakpak At Manuk
  • 02. Kulilal Ni Barangajan
  • 03. Kulial At Taw At Suluk
  • 04. Kulilal Ni Puguq
  • 05. Kulilal Ni Ligal
  • 06. Solo De Cithare Pagang
  • 07. Kulilal Ni Manisi
  • 08. Pieces Pour Luth Kusjapiq Musique Bagit (Musique "Oiseau"): Siniralan At Bungaw / Bujagsag / Irang / Linuwajan / Arindanum / Linangkajan At Taw At Kakajuwan / Kabag / Sapad At Samuruq / Tanguk
  • 09. Pieces Pour Guimbarde Aruding: Tanguk / Danglat At Binsag / Linggawung / Ambahawan / Lumalibang / Alupjan / Tali-tali Tinuwaran
  • 10. Pieces Pour Petite Flute Babarak Lumalibang
  • 11. Mamiminbin, Voix Et Flute
  • 12. Kudaman, Voix
  • 13. Ensemble De Gongs Basal Tamwaj At Ampuq At Paraj

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブラックミュージカルなどを聴いていると(...

投稿日:2012/11/04 (日)

ブラックミュージカルなどを聴いていると(観ていると)、黒人の歌声には、独特の重さと粘り気があるように感じるが、この時代のバレンボイムの指揮する演奏にも、同じような重みと粘り気を感じる。そもそも個人的には、いわゆる印象派の音楽と言うのは、軽薄短小なイメージがあるので、とうていバレンボイムとは相性が合わないように思われたのだが、この演奏を聴く限りにおいては 曲そのものから別の魅力を引き出すことに成功しているように思う。「視覚」よりも「味覚」にうったえかける様な演奏と言うべきだろうか、生々しい味わいのある演奏だと思う。

司那夫金 さん | 所在地 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラヴェル(1875-1937)

French composer Maurice Ravel (1875-1937), along with Claude Debussy, was a prime exemplar of Impressionism, one of the most significant and influential musical movements of the 20th century. A meticulous craftsman and unsurpassed orchestrator, Ravel created music notable for its luminous and evocative use of tone color and for the clarity and elegance of its form. His best-known works include the

プロフィール詳細へ

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品情報

  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル第5弾 1907年にR=コルサコフの『アンタール』に出会ったラヴェルは、交響曲として完成された12世紀の物語を新しく劇音楽に作り替えることを発案、アンタールに一つの主題を与え、壮大な物語として仕立て上げました。 HMV&BOOKS online|2017年4月2日(日)
  • オズボーンのラヴェル:ピアノ協奏曲集 オズボーンのラヴェルといえば、2011年に発売されたピアノ独奏作品全集が各誌で絶賛され、ラヴェルの新たな決定盤として話題を集めただけに、このピアノ協奏曲集にも大きな期待がかかります HMV&BOOKS online|2017年3月25日(土)
  • ラヴェルの神業ぶりが初めて完全発揮された『ダフニスとクロエ』 衝撃的な『春の祭典』から2年、またまたロトがやってくれました! ラヴェルの『ダフニスとクロエ』を初演時の楽器で再現。 HMV&BOOKS online|2017年2月27日(月)
  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル管弦楽曲集第4弾 現在、リヨン国立管弦楽団とデトロイト交響楽団の音楽監督を務めるレナード・スラトキンは、オーケストラを鳴らす手腕に長けていることでも有名。今回は『ダフニス』全曲と、『海原の小舟』です。 HMV&BOOKS online|2016年12月24日(土)
  • 実力派ドゥネーヴのラヴェル第4弾 全5巻で完結するステファヌ・ドゥネーヴの「ラヴェル作品集」の第4集は、歌劇『スペインの時』。 HMV&BOOKS online|2016年10月6日(木)
  • スヴェトラーノフの『ダフニスとクロエ』復活! 1975年3月17日。モスクワ音楽院大ホールを舞台に繰り広げられた、エフゲニー・スヴェトラーノフとソヴィエト国立交響楽団の圧巻、強烈、熱狂のラヴェル・プログラムが遂に復活。 HMV&BOOKS online|2016年4月11日(月)

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品