ラヴェル(1875-1937)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

管弦楽曲集 クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団(2CD)

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5753862
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
France
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD

商品説明

ラヴェル:管弦楽作品集(2CD)
クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団


【収録情報】
CD1:
・ボレロ
・ラ・ヴァルス
・スペイン奇想曲
・高雅にして感傷的なワルツ
・古風なメヌエット
CD2:
・亡き王女のためのパヴァーヌ
・組曲『クープランの墓』
・『マ・メール・ロア』全曲
・道化師の朝の歌
・海原の小舟
 パリ音楽院管弦楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1961、62年
 録音場所:パリ、サル・ワグラム
 録音方式:ステレオ(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クリュイタンス/コンセルヴァトワールの演奏をファースト・チョイスし...

投稿日:2009/02/09 (月)

クリュイタンス/コンセルヴァトワールの演奏をファースト・チョイスしておきながら、随分と寄り道をした。《ボレロ》に至っては何十枚聴いたか分からない。しかし、今もってラヴェルはクリュイタンス/コンセルヴァトワールがベスト。エレガントで、精妙なニュアンスの変化があって、何より味わい深い。《ボレロ》の終盤、金管群が苦しそうなのが玉に瑕だが、しかし楽器の折り重なる様は見事で、独特の気品ある音響を作り上げている。《高雅にして感傷的なワルツ》や《ラ・ヴァルス》のテンポの揺らぎは絶妙だし、《クープランの墓》ののどかな雰囲気も素晴らしい。その他どれもが一級品だ。録音もステレオ初期ながら音がよい。しかも輸入盤なら、ラヴェルの主要曲を網羅した二枚組が廉価で手に入る。お薦めの一組だ。

1
★
★
★
★
★
この2枚組に「ダフニス」を合わせれば、ク...

投稿日:2008/04/10 (木)

この2枚組に「ダフニス」を合わせれば、クリュイタンスのラヴェル管弦楽曲集が完成します。4枚から成る国内盤の内容に相当しますが、今は国内盤もかなり安くなっているので、そう意味はないですかね(笑)。

epiou さん | 愛媛 | 不明

4
★
★
★
★
★
よく「フランス的」の代表とされるクルイタ...

投稿日:2008/02/20 (水)

よく「フランス的」の代表とされるクルイタンスですが私はそうは思いません。本来フランスは個人主義的でありマスよりも個々の音色で聞かせるのです。これはロザンタールやプラッソン、ブーレーズに表れています。クルイタンスやデュトワは全ての楽器が溶け合った音を作ります。これはそれぞれベルギー、スイス的なのでしょう。しかしこれらはいずれも美しく愉悦感にあふれ、忘我のひと時を味あわせてくれます。

ペロペロプロス さん | 秋田県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラヴェル(1875-1937)

French composer Maurice Ravel (1875-1937), along with Claude Debussy, was a prime exemplar of Impressionism, one of the most significant and influential musical movements of the 20th century. A meticulous craftsman and unsurpassed orchestrator, Ravel created music notable for its luminous and evocative use of tone color and for the clarity and elegance of its form. His best-known works include the

プロフィール詳細へ

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品・チケット情報

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト