CD

ラヴェル:ツィガーヌ、弦楽四重奏曲、ハバネラ形式の小品、ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ 宮崎陽江、シュヴィッツゲーベン=ワン、他

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCX00052
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

Musique francaiseII〜宮崎陽江の奏でるフランス近代音楽、珠玉の名曲集
ジュネーブを拠点に、ヨーロッパで活躍する女流ヴァイオリニスト


宮崎陽江、待望の新譜第3弾は印象派ラヴェル&ドビュッシーの作品集! 第1弾にも魅せたフレンチなエスプリ漂う演奏スタイルを今回も遺憾なく発揮しています。
 ラヴェルではスペイン風の音色が舞い、切れの良い演奏を堪能いただけます。弦楽四重奏でのリーダーシップも聴き逃せません。またドビュッシーでは空気感を含ませた音色と、陰影のある表情が伝わる演奏をお楽しみいただけます。宮崎陽江の幅広い感性を随所に感じられる作品集です。

【収録情報】
・ラヴェル:ツィガーヌ(演奏会用狂詩曲)
・ラヴェル:ハバネラ形式の小品
・ラヴェル:弦楽四重奏曲へ長調
・ドビュッシー:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 宮崎陽江(ヴァイオリン)
 ルイ・シュヴィッツゲーベン=ワン(ピアノ)
 サイモン・モンゲー(ヴァイオリン)
 ハンス=クリスチャン・サルノー(ヴィオラ)
 コンスタンタン・ネゴイタ(チェロ)

 録音時期:2009年7月6〜8日
 録音場所:ラ・ショドフォン、ルール・ブルー
 録音方式:デジタル(セッション)

宮崎陽江(ヴァイオリン)
ニューヨーク州イタカ市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業・研究科一年終了。その間、堀正文、山口裕之、江戸純子各氏に師事。同大学を卒業と同時に全額奨学金を得て米国タングルウッド音楽祭(小澤征爾監修)に参加。後、ジュネーブ高等音楽院に留学、名匠ジャン=ピエール・ヴァレーズ氏の薫陶をうける。同時に、室内楽をガボール・タカーチ氏に師事、また、ハンス=ハインツ・シュネーベルガー氏のもとでモダン、バロック両楽器の研鑽を積む。1997年には同大学院をプルミエ・プリ(一等賞)にて卒業、及び同音楽院教育法ディプロマ取得。
 2000年まで、ジュネーブ室内管弦楽団第一ヴァイオリン奏者。また、ダニエル・グロギュラン氏の設立したジュネーヴ・ソロイスツ(ソリスト・ド・ジュネーヴ)団員、同氏とのアンサンブルで好評を博す。また、スイスと日本を拠点とした、ソリスト、室内楽奏者としての活動を生かし、ヨーロッパ各地で取材・撮影されたDVDシリーズは圧巻。楽曲への深い造詣、精緻な奏法、優美な音色には、高い評価を得ている。(オクタヴィア・レコード)

内容詳細

ヨーロッパで活動する宮崎陽江の3枚目のアルバムで、フランス作品集の第2巻。本作も第1巻同様、フランス近代のラヴェルとドビュッシーを取り上げており、豊かな表現力に富んだ演奏を聴かせている。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラヴェル(1875-1937)

French composer Maurice Ravel (1875-1937), along with Claude Debussy, was a prime exemplar of Impressionism, one of the most significant and influential musical movements of the 20th century. A meticulous craftsman and unsurpassed orchestrator, Ravel created music notable for its luminous and evocative use of tone color and for the clarity and elegance of its form. His best-known works include the

プロフィール詳細へ

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品・チケット情報

  • オズボーンのラヴェル:ピアノ協奏曲集 オズボーンのラヴェルといえば、2011年に発売されたピアノ独奏作品全集が各誌で絶賛され、ラヴェルの新たな決定盤として話題を集めただけに、このピアノ協奏曲集にも大きな期待がかかります ローチケHMV|1日前
  • ラヴェルの神業ぶりが初めて完全発揮された『ダフニスとクロエ』 衝撃的な『春の祭典』から2年、またまたロトがやってくれました! ラヴェルの『ダフニスとクロエ』を初演時の楽器で再現。 ローチケHMV|2017年2月27日(月)
  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル管弦楽曲集第4弾 現在、リヨン国立管弦楽団とデトロイト交響楽団の音楽監督を務めるレナード・スラトキンは、オーケストラを鳴らす手腕に長けていることでも有名。今回は『ダフニス』全曲と、『海原の小舟』です。 ローチケHMV|2016年12月24日(土)
  • 実力派ドゥネーヴのラヴェル第4弾 全5巻で完結するステファヌ・ドゥネーヴの「ラヴェル作品集」の第4集は、歌劇『スペインの時』。 ローチケHMV|2016年10月6日(木)
  • スヴェトラーノフの『ダフニスとクロエ』復活! 1975年3月17日。モスクワ音楽院大ホールを舞台に繰り広げられた、エフゲニー・スヴェトラーノフとソヴィエト国立交響楽団の圧巻、強烈、熱狂のラヴェル・プログラムが遂に復活。 ローチケHMV|2016年4月11日(月)
  • スラトキン4度目の『展覧会の絵』 リヨン国立管弦楽団と進行中のラヴェル管弦楽曲シリーズの第3集にあたるもので、ラヴェルが原曲から削除した5番目の「プロムナード」については、スラトキン自身が編曲して復活させています。組み合わせはラヴェルが編曲したシャブリエ、ドビュッシー、シューマンの作品。 ローチケHMV|2016年3月6日(日)

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド