CD 輸入盤

ピアノ独奏曲全集 フランソワ・デュモン(2CD)

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCLD0055
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フランソワ・デュモン/ラヴェル:ピアノ独奏曲全集(2CD)

【収録情報】
ラヴェル:
・鏡
・ソナチネ
・メヌエット嬰ハ短調
・古風なメヌエット
・ハイドンの名によるメヌエット
・クープランの墓
・プレリュード
・夜のガスパール
・シャブリエ風に
・ボロディン風に
・水の戯れ
・グロテスクなセレナード
・パレード
・高雅にして感傷的なワルツ
・ラ・ヴァルス
・亡き王女のためのパヴァーヌ

 フランソワ・デュモン(ピアノ)

 録音時期:2012年2月13-18日
 録音場所:アイルランド、CITコーク音楽学校
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロルティ、オズボーン盤に匹敵する名盤だと...

投稿日:2015/05/02 (土)

ロルティ、オズボーン盤に匹敵する名盤だと思いました。 技術はもちろんですが、30歳に満たない若者が、ここまで練り込まれた演奏解釈と、ラヴェルの音楽に対する深い共感を示していることに驚きます。本人による長い解説(英語)が載っていますが、それを読めば納得です。 「ピアノ曲に内包される多面性と、複雑性と、センチメンタリズム」と題した文章で、「多くの人はボレロを聞いて、ああいうエネルギッシュな曲を作る作曲家なんだと思っているだろうし、オーケストレーションの魔術師という評価ですが、彼の本質はその仮面の下にあります」という一節が印象的でした。

BUN さん | 所在地 | 不明

5
★
★
★
★
★
それほど注目されていない若手の一人だが、...

投稿日:2014/01/01 (水)

それほど注目されていない若手の一人だが、モーツァルトのソナタでもよい演奏をしており注目している。このラヴェルもデリケートなタッチで美しい演奏だ。テクニック的にも破綻がない。ヌーブルジェと共に、今後に期待できる。

まるか さん | 大阪府 | 不明

2

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品情報

  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル第5弾 1907年にR=コルサコフの『アンタール』に出会ったラヴェルは、交響曲として完成された12世紀の物語を新しく劇音楽に作り替えることを発案、アンタールに一つの主題を与え、壮大な物語として仕立て上げました。 HMV&BOOKS online|2017年4月2日(日)
  • オズボーンのラヴェル:ピアノ協奏曲集 オズボーンのラヴェルといえば、2011年に発売されたピアノ独奏作品全集が各誌で絶賛され、ラヴェルの新たな決定盤として話題を集めただけに、このピアノ協奏曲集にも大きな期待がかかります HMV&BOOKS online|2017年3月25日(土)
  • ラヴェルの神業ぶりが初めて完全発揮された『ダフニスとクロエ』 衝撃的な『春の祭典』から2年、またまたロトがやってくれました! ラヴェルの『ダフニスとクロエ』を初演時の楽器で再現。 HMV&BOOKS online|2017年2月27日(月)
  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル管弦楽曲集第4弾 現在、リヨン国立管弦楽団とデトロイト交響楽団の音楽監督を務めるレナード・スラトキンは、オーケストラを鳴らす手腕に長けていることでも有名。今回は『ダフニス』全曲と、『海原の小舟』です。 HMV&BOOKS online|2016年12月24日(土)
  • 実力派ドゥネーヴのラヴェル第4弾 全5巻で完結するステファヌ・ドゥネーヴの「ラヴェル作品集」の第4集は、歌劇『スペインの時』。 HMV&BOOKS online|2016年10月6日(木)
  • スヴェトラーノフの『ダフニスとクロエ』復活! 1975年3月17日。モスクワ音楽院大ホールを舞台に繰り広げられた、エフゲニー・スヴェトラーノフとソヴィエト国立交響楽団の圧巻、強烈、熱狂のラヴェル・プログラムが遂に復活。 HMV&BOOKS online|2016年4月11日(月)

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品