CD 輸入盤

ピアノ独奏作品全集 オズボーン(2CD)

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA67731
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ラヴェルの音楽に魅了された風雲児。
オズボーンが繰り広げる新たなラヴェル!


「このレコーディングは、愛のなせる業であった。私は10代の頃からずっとラヴェルの音楽に取り憑かれ、無垢、陰鬱、情熱、遊び心、そしてある種の脅威を思わせるような感じが混然と溶け合った音楽に夢中になってきた。彼は、私が徹底的に探求した最初の作曲家であり、知らない曲があったら聴いてみたいと、私は熱望したのだった。そして彼のピアノ作品は、私の演奏家としてのキャリアの中で、常に私のそばにあったのである。この関係は、私が彼の作品と格闘してきた結果生まれたものである。」〜 スティーヴン・オズボーン(ブックレットより/日本語訳:SOREL)

アンジェラ・ヒューイットが弾くラヴェルのピアノ作品全集(CDA67341)を2002年にリリースしているハイペリオン。ヒューイットの名演という存在があり、さらにレパートリーの重複は非常に珍しいハイペリオンが、オズボーンのラヴェルへ寄せた言葉は、「我々としては、彼にノーという理由は、なにひとつありませんでした。」という最上級のもの。これこそが、すでにイギリスを中心とした海外では、アムラン、ヒューイットを凌ぐというオズボーンの人気と評価の証拠といえるでしょう。
 ベートーヴェン、シューベルト、リスト、ドビュッシー、ラフマニノフから、アルカン、メシアン、ティペット、そしてカプースチンを弾きこなすなど、驚異的なレパートリーの広さを誇るオズボーンが特別と位置づけているラヴェル。硬質な響きと、知的で独創的な解釈。全く新しいラヴェルの世界をスコットランドの風雲児オズボーンが創り上げます。(東京エムプラス)

【収録情報】
ラヴェル:
・夜のガスパール
・ソナチネ
・鏡
・ラ・ヴァルス
・クープランの墓
・メヌエット嬰ハ短調
・古風なメヌエット
・グロテスクなセレナード
・水の戯れ
・前奏曲
・ハイドンの名によるメヌエット
・ボロディン風に
・シャブリエ風に
・亡き王女のためのパヴァーヌ
・高貴で感傷的なワルツ

 スティーヴン・オズボーン(ピアノ)

 録音時期:2010年7月12-14日、9月12-14日
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ラヴェルのピアノ作品全集としては、最上位...

投稿日:2017/08/03 (木)

ラヴェルのピアノ作品全集としては、最上位のものと思います。 ラヴェルのファンとしてやはりフランス系の人がいいだろうと思い、フランソワ、ペルルミュテール、キーゼキング、アースと聴いてきましたし、近年ではバヴゼやエマールのようなフランスの若手のものも聴いています。 ダメな人などはおらず、それぞれが大変個性派ですが、現在売出中のオズボーンは、一番光っていました。 フランス人ではありませんが、本人もこのhmvさんの解説の中で述べているように、熱狂的なラヴェル好きのようです。 そのことがオズボーンをして最高のラヴェル弾きにしています。音がきれいで、ピアノタッチ、響き…光・・・すべてラヴェルのものです。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

0

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品情報

  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル第5弾 1907年にR=コルサコフの『アンタール』に出会ったラヴェルは、交響曲として完成された12世紀の物語を新しく劇音楽に作り替えることを発案、アンタールに一つの主題を与え、壮大な物語として仕立て上げました。 HMV&BOOKS online|2017年4月2日(日)
  • オズボーンのラヴェル:ピアノ協奏曲集 オズボーンのラヴェルといえば、2011年に発売されたピアノ独奏作品全集が各誌で絶賛され、ラヴェルの新たな決定盤として話題を集めただけに、このピアノ協奏曲集にも大きな期待がかかります HMV&BOOKS online|2017年3月25日(土)
  • ラヴェルの神業ぶりが初めて完全発揮された『ダフニスとクロエ』 衝撃的な『春の祭典』から2年、またまたロトがやってくれました! ラヴェルの『ダフニスとクロエ』を初演時の楽器で再現。 HMV&BOOKS online|2017年2月27日(月)
  • スラトキン&リヨン管弦楽団によるラヴェル管弦楽曲集第4弾 現在、リヨン国立管弦楽団とデトロイト交響楽団の音楽監督を務めるレナード・スラトキンは、オーケストラを鳴らす手腕に長けていることでも有名。今回は『ダフニス』全曲と、『海原の小舟』です。 HMV&BOOKS online|2016年12月24日(土)
  • 実力派ドゥネーヴのラヴェル第4弾 全5巻で完結するステファヌ・ドゥネーヴの「ラヴェル作品集」の第4集は、歌劇『スペインの時』。 HMV&BOOKS online|2016年10月6日(木)
  • スヴェトラーノフの『ダフニスとクロエ』復活! 1975年3月17日。モスクワ音楽院大ホールを舞台に繰り広げられた、エフゲニー・スヴェトラーノフとソヴィエト国立交響楽団の圧巻、強烈、熱狂のラヴェル・プログラムが遂に復活。 HMV&BOOKS online|2016年4月11日(月)

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品