CD 輸入盤

ピアノ協奏曲集、鏡 エマール、ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4778770
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

エマール/ラヴェル:ピアノ協奏曲集
ブーレーズ&クリーヴランド管との共演!

近現代音楽を中心として幅広いレパートリーに素晴らしい演奏を聴かせるフランスのピアニスト、ピエール=ロラン・エマールは、1957年リヨンの生まれ。イヴォンヌ・ロリオに師事し、1973年、オリヴィエ・メシアン国際コンクールに優勝。1977年、少年時代から交流のあるブーレーズにより、アンサンブル・アンテルコンタンポランの首席ピアニストに抜擢され、以来、国際的な舞台で活躍しています。
 今回、登場するラヴェルのピアノ協奏曲集は、リゲティ:ピアノ協奏曲バルトーク:2台のピアノ、打楽器と管弦楽のための協奏曲ヴェーベルン:9つの独奏楽器のための協奏曲に続くブーレーズとの共演。
 エマールの演奏は、入念で思慮深く、多彩な音色を操る技術に長けたもので、メシアンではそうした要素が大きくプラスに働いていただけに、メシアンが大好きだったラヴェルの作品でも高水準な演奏が期待できます。
 ちなみにブーレーズは同じドイツグラモフォンに、ツィマーマンともラヴェルのピアノ協奏曲集を録音していますが、今回のものとは演奏時間も似ているだけに、比較も興味深いところです。
 なお、エマールのラヴェルは、ワーナーに『夜のガスパール』がありました。

【収録情報】
ラヴェル
・左手のためのピアノ協奏曲ニ長調 [18:51]
・ピアノ協奏曲ト長調 [22:22]
・組曲『鏡』[29:19]
 「蛾」
 「悲しげな鳥たち」
 「海原の小舟」
 「道化師の朝の歌」
 「鐘の谷」

 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)
 クリーヴランド管弦楽団 
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音時期:2010年2月4〜7日
 録音場所:セヴェランスホール、クリーヴランド 
 録音方式:デジタル

収録曲   

  • 01. Maurice Ravel - Piano Concerto for the left hand in D - Lento - Andante - Allegro - Tempo 1
  • 02. Maurice Ravel - Piano Concerto for the left hand in D - Lento - Andante - Allegro - Tempo 1
  • 03. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 1. Allegramente
  • 04. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 1. Allegramente
  • 05. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 2. Adagio assai
  • 06. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 2. Adagio assai
  • 07. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 3. Presto
  • 08. Maurice Ravel - Piano Concerto in G - 3. Presto
  • 09. Maurice Ravel - Miroirs - 1. Noctuelles
  • 10. Maurice Ravel - Miroirs - 1. Noctuelles
  • 11. Maurice Ravel - Miroirs - 2. Oiseaux tristes
  • 12. Maurice Ravel - Miroirs - 2. Oiseaux tristes
  • 13. Maurice Ravel - Miroirs - 3. Une barque sur l'ocean
  • 14. Maurice Ravel - Miroirs - 3. Une barque sur l'ocean
  • 15. Maurice Ravel - Miroirs - 4. Alborada del gracioso
  • 16. Maurice Ravel - Miroirs - 4. Alborada del gracioso
  • 17. Maurice Ravel - Miroirs - 5. La vallee des cloches
  • 18. Maurice Ravel - Miroirs - 5. La vallee des cloches

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
非常にクールで、知性的。ブーレーズとの相...

投稿日:2015/09/20 (日)

非常にクールで、知性的。ブーレーズとの相性もよし。今後さらに活躍すると思われる演奏家の一人である。

segovia さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
あまたあるラベルのピアノ協奏曲のCDの中...

投稿日:2011/01/02 (日)

あまたあるラベルのピアノ協奏曲のCDの中からこの盤を選んだのは「左手のためのピアノ協奏曲」とのカップリングだからです。職場(リハビリテーション病院)で患者さんからピアニスト館野泉さんのことを聴かされ、この曲に改めて興味がわきました。結果的には”両手のための”ピアノ協奏曲ト長調と比べるとちょっとつまらなかったです。 左手のためのピアノ作品について言うならば、バッハ作曲の無伴奏バイオリンパルティータ第2番のシャコンヌをブラームスがクララ・シューマンのために左手用に編曲した曲が館野泉「左手のためのピアノ作品集」(エイベックス・クラシックス)に収録されていてお薦めです。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
期待していたエマールは予想通りのクールで...

投稿日:2010/10/28 (木)

期待していたエマールは予想通りのクールで客観的な表現で、それ以上でも以下でもない。こういう行き方だと、まるでブーレーズ自身がピアノを弾いているかのように、オケと一体化している。ブーレーズは相変わらずの分析的な表現が、ラヴェルの巧緻なオーケストレーションでは奏功。あまり評判の良くない録音は、DGらしからぬ柔らか目の旧フィリップス録音のような暖色調。通常のシャープなDG録音を受け付けない我が家のスピーカーには、このくらいでちょうど良い。というわけで、この盤はブーレーズによるラヴェルの協奏曲を我が家のスピーカーで、この曲の最新録音として楽しむための一枚となった。

Mickey さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラヴェル(1875-1937)

French composer Maurice Ravel (1875-1937), along with Claude Debussy, was a prime exemplar of Impressionism, one of the most significant and influential musical movements of the 20th century. A meticulous craftsman and unsurpassed orchestrator, Ravel created music notable for its luminous and evocative use of tone color and for the clarity and elegance of its form. His best-known works include the

プロフィール詳細へ

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • フルトヴェングラー&トリノRAI響/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 TAHRAの名盤「イタリアのフルトヴェングラー」のライセンス復刻。イタリアの名ヴァイオリニスト、デ・ヴィートとフルトヴェングラーの共演。メンデルスゾーン、ブラームスともに軽やかで明るい響きを持ちながら緊張感もある演奏です。 ローチケHMV|1日前
  • ジェイムズ・エーネス/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 カナダのヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネスの新録音はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。伴奏はアンドルー・マンゼとロイヤル・リヴァプール・フィルという豪華な布陣です。 ローチケHMV|2日前
  • ヤン・バルトシュ/モーツァルト:ピアノ協奏曲第20、12番 ブレンデルも激賞するヤン・バルトシュによるモーツァルト:ピアノ協奏曲アルバム。ピアノ協奏曲第20番はイエジ・ビエロフラーヴェク率いるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団との共演で、第12番は弦楽四重奏による伴奏版での録音。 ローチケHMV|3日前
  • ボベスコ/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、他 ベルギーTALENTレーベルからのライセンスによるSILKROAD MUSICのボベスコ・シリーズ。今もなお色褪せぬボベスコの瑞々しいヴァイオリンの響きに想いを馳せるファン必聴盤です。 ローチケHMV|7日前
  • シェリング/ヴィヴァルディ:四季、モーツァルト:トルコ風 1969年ステレオ・ライヴ。SWR所蔵のオリジナル・テープよりデジタル・リマスターが施されています。両曲とも自ら指揮も務めた演奏で、オケはプフォルツハイム南西ドイツ室内管弦楽団です。 ローチケHMV|2017年7月13日(木)
  • タティアナ・ルーラント/ライネッケ:フルート作品集 ニューヨーク、カーネギー・ホールでセンセーショナルなデビューを飾り、評論家によって「フルートのパガニーニ」を称された女性フルーティスト、タティアナ・ルーラント。このアルバムではドイツ・ロマン派の巨匠ライネッケのフルート作品を演奏しています。 ローチケHMV|2017年7月12日(水)

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト