CD 輸入盤

ピアノ協奏曲集 アルゲリッチ、ベロフ、アバド&ロンドン交響楽団

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4236652
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Maurice Ravel (1875 - 1937)
    Concerto for Piano in G major
    演奏者 :
    Argerich, Martha (Piano)
    指揮者 :
    Abbado, Claudio
    楽団  :
    London Symphony Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1929-1931, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Maurice Ravel (1875 - 1937)
    Concerto for Piano left hand
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1929-1930, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アルゲリッチ女史の煌くような演奏が印象的...

投稿日:2015/09/13 (日)

アルゲリッチ女史の煌くような演奏が印象的でした。アバド氏のラヴェルは美しいいし、録音も素晴らしいです。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
小沢征爾さんと同世代の、共に切磋琢磨して...

投稿日:2012/09/19 (水)

小沢征爾さんと同世代の、共に切磋琢磨していた時代もあるアバドは、なぜか好きになれない、私には、いま一つ感動を与えてくれない。でも、ベルリンフィル常任まで上り詰め、世評は高い。But,協奏曲の演奏では、数多く素晴らしいものを残している。この、アルヘリッチとのラヴェルは、ピレシュ、ゼルキン、グルダとのモーツァルト、ポリーニとのシェーンベルグ、最近では、ユジャとのラフマニノフ等とともに、その一例。引っ張ると言うより、引きだす、自由に弾かせる事を好む人なのでしょう。2楽章のアルヘリッチの感傷は、言葉にする事が出来ない程、深い、痛々しい程に。アルヘリッチが弾く筈であった、左手の為の、では、当時右手を怪我していたベロフに、ソロを譲っている。ラヴェルの壊れ加減、変な部分も、きちんと、整えて演奏してしまうのが、アバド。北イタリア出身のエグゼクティヴの音楽。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
聴いたのはト長調のピアノ協奏曲だけなので...

投稿日:2011/08/07 (日)

聴いたのはト長調のピアノ協奏曲だけなので、感想もそれについてのみ。 第2楽章で涙が出たと書いた方がおられるが、これは誇張ではないと思う。小生は涙こそ出ていないが第2楽章の絶妙なニュアンスはこの録音以外では未だに出会っていない。美しいという形容詞は演奏の一面でしかない。このニュアンスは、アバドがヨーロッパで生まれ育ったからこそ出すことができるとも思えるし、作曲者と同じラテン系だからこそこのニュアンスを出すことができるのかなぁとも思う。 特筆すべきは管楽器の音であり、指揮者から管楽器奏者に対して繰り返し厳しい修正が入ったのではないかな。楽器の演奏が上手いだけでこれほどのニュアンスを出せるとは思えない。 サウンドが弾け飛ぶ第1楽章と第3楽章ももちろん最高です。

食券乱用 さん | 神奈川県 | 不明

1

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

  • ハワード・シェリー/ドゥシェク:ピアノ協奏曲集 第2集 ハイペリオンの人気シリーズ「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト」の姉妹シリーズとしてスタートした、古典派の知られざるピアノ協奏曲を発掘していく「クラシカル・ピアノ・コンチェルト」シリーズ。第5弾は、第1弾でも取り上げたドゥシェクの続編が登場。 HMV&BOOKS online|5日前
  • ボジャノフ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、他 2010年に行われた第16回ショパン国際コンクールで、アルゲリッチに激賞されたエフゲニ・ボジャノフ、久々の新譜は協奏曲。ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番とモーツァルト:ピアノ協奏曲第17番です。 HMV&BOOKS online|7日前
  • 【LP】ジャクリーヌ・デュ・プレ/ハイドン チェロ協奏曲 夭折の天才チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレの代表的録音にも数えられるハイドンとボッケリーニのチェロ協奏曲が180グラム重量盤レコードで再発。 HMV&BOOKS online|2018年6月8日(金)
  • ラ・サンフォニー・ドゥ・ポシュ/小編成アレンジ集 ラ・サンフォニー・ドゥ・ポシュ(ポケット・シンフォニー)は、「レ・シエクル」のアソシエイト・コンダクターを務めたニコラ・シモンが設立したオーケストラ。デビュー録音は小編成アレンジによるラロ:スペイン交響曲、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ツィガーヌ。 HMV&BOOKS online|2018年6月8日(金)
  • 【LP】キーシン/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 キーシンが世界的なキャリアを築き始めた17歳の録音を収録。最晩年の時期にあった80歳のカラヤンと若干17歳のキーシンが共演した歴史的名盤が180g重量盤LP化。 HMV&BOOKS online|2018年6月7日(木)
  • トビアス・フェルトマン/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、他 1991年生まれのヴァイオリニスト、トビアス・フェルトマンが、ジャン=ジャック・カントロフが指揮するリエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団と共演。シベリウスとラウタヴァーラのヴァイオリン協奏曲を録音。 HMV&BOOKS online|2018年6月6日(水)

おすすめの商品