CD 輸入盤

ピアノ作品集 プルーデルマッハー(2CD)

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TR143
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ラヴェル:ピアノ作品集(2CD)
ジョルジュ・プルーデルマッハー
フランスの技術者ステファン・ポレロのピアノを駆使した演奏のライヴ録音


フランスの名手、プルーデルマッハーは、現代音楽やジャズ、編曲などにも精通したマルチなピアニスト。作品の演奏にあたっては、楽譜の研究だけでなく、作曲者の伝記、肖像画や手紙、周辺人物の情報、当時の社会や演奏などの環境も十分に調べ上げ、さらに楽曲解釈や楽器構造の探求まで徹底的におこなうその姿勢には凄いものがあります。

このラヴェル:ピアノ作品集では、ラヴェルの時代のピアノの軽やかな響きを表現できるフランスの技術者、ステファン・ポレロの手になる楽器を使用、モダン・ピアノの重さから解放された粒立ちの良い音を楽しむことができます。

【プルーデルマッハー】
ジョルジュ・プルーデルマッハー(プルーデルマシェ)は、1944年7月26日にフランス中部のゲレに誕生。3歳でピアノを始め、11歳でパリ音楽院に入学、ジャック・フェヴリエやアンリエット・ピュイグ・ロジェらに師事する一方、ルツェルンではゲーザ・アンダに学んで腕を磨き、ピアノ、室内楽と伴奏の3部門でプルミエ・プリを獲得、19歳で卒業。1968年、ヴィアンナ・ダ・モッタ国際ピアノコンクール第2位、1969年、リーズ国際ピアノコンクール第2位、1979年、ゲザ・アンダ国際コンクール優勝というコンクール歴により、ソリスト、室内楽奏者として国際的な活動を展開、パリ音楽院の教授も務めました。(HMV)

【収録情報】
ラヴェル:ピアノ作品集
● 亡き王女のためのパヴァーヌ
● 『鏡』(蛾/悲しい鳥たち/海原の小舟/道化師の朝の歌/鐘の谷)
● 古風なメヌエット
● 夜のガスパール(オンディーヌ/絞首台/スカルボ)
● トッカータ
● クープランの墓
● ハイドンの名によるメヌエット
● ソナティヌ(ソナチネ)
● 高雅で感傷的なワルツ
● ラ・ヴァルス(2手のためのオリジナル版)

 ジョルジュ・プルーデルマッハー(ピアノ)

 録音時期:2003年7月
 録音方式:デジタル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピアニスト嫌いも肯定せざるを得ないピアノ...

投稿日:2017/06/24 (土)

ピアニスト嫌いも肯定せざるを得ないピアノの解体新書 本当に知らないということは恐ろしい 古希を過ぎたピアニストプルュデルマシェをこの世界に疎いからといって今日まで知らなかったわたしも否定しながらコマーシャリズムの喧伝に毒されていたということだ 優れた演奏家が世上にたくさん埋もれていると知りながら不覚だった 功成り名遂げたフランス人ピアニストの印象派曲コンサートに行って落胆した記憶がある いつかどこかで聞いた言葉を繰言のように垂れる創造性を失った演奏に心が凍りついた わたしは大道芸を見に来たのではない 音楽の命が花開く瞬間を見んとしてはるばる駆けつけたのだ 淀んだ池の水を覗きに来たのではない 無限に湧き出す静水を飲みに来たのだ 音楽を聴く いや 音楽をやるということ それは生きていることを実感する時なのだ 特別なピアノを使っているとかいないとか それは知らない この美しい楽音の前で瞠目しない生き物はいない 楽曲解釈の正否も知らない ただこの二つのライヴの最後の二曲とアンコールを聴くだけでもプルュデルマシュが一級の芸術家であることは明白だ それにしても”夜のガスパール”と ”ラ・ヴァルス ”はすごい これまでにない高い声で推奨したい 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
最近、ティボーデ ロルティ コラール と...

投稿日:2011/10/30 (日)

最近、ティボーデ ロルティ コラール と聴いてみたが、音の魅力という点ではプリュデルマルシェが一番。技巧が鮮やかな上にクリアーなタッチには品位の高い色艶がある。こう書くと良いことずくめのようだが、音楽性には疑問符が付く。表現には常時工夫がみられるのだが、個々の曲のその曲らしさという点で、ピントがずれている感じを受ける。音楽を把握する直観力に欠けているのだろう。とはいえ音の魅力で結構繰り返し聴きたくなるので不思議な演奏といえる。

M さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
このラヴェルは数々のレコーディングの頂点...

投稿日:2009/09/19 (土)

このラヴェルは数々のレコーディングの頂点の一つです。ギーゼキングの透徹した美しさに温かみが加わった、という言いうべきだろう。 技巧的にも全く危なげないし、音色の変化が隠された旋律線に光を当てる。またその旋律線になんと見事なフレージングが施されていることか!? 21世紀のトップランナーがここに。

かめ さん | 東京都 | 不明

2

ラヴェル(1875-1937)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品