この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

ラロ:スペイン交響曲/サン=サーンス:VN協奏曲第3番 アルテュール・グリュミオー

ラロ (1823-1892)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCP7024
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

UCCP7024 ラロ:スペイン交響曲/サン=サーンス:VN協奏曲第3番
グリュミオー
グリュミオーはフランコ=ベルキー楽派の芸風を継承する20世紀屈指の大家でとくにラテン系の作品とモーツァルトの美演が高い評価を得ていました。ここに収録されたサン=サーンスとラロの協奏曲はグリュミオーの自他ともに認める十八番。艶やかな音色、センスに満ちたうた、軽快なリズム感、名匠ロザンタール指揮する洗練されたオーケストラのもと華麗な輝きをもちながら熱っぽく弾きあげた両曲の決定盤です。省略されることの多い《スペイン交響曲》ですがここでは全曲が演奏されています。

内容詳細

どちらもグリュミオーが得意としていた作品で、いずれも2度目の録音となる。きわめてハイセンスな演奏で、ともにこの曲のベスト演奏としてあげられるものだ。とりわけサン=サーンスが素晴らしい。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この曲のCDを始めて購入。約半世紀前の録...

投稿日:2009/05/21 (木)

この曲のCDを始めて購入。約半世紀前の録音にしては良いほうだと思います。グリュミオーの演奏は、つぼを得たすばらしいものです。オーケストラも、良い意味で荒さがあり曲にぴったりだと感じます。カップリング曲も名曲で、このお値段ですから、買いでしょう。

fukifuki さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
グリュミオーは、技巧は余裕を持って、これ...

投稿日:2008/03/19 (水)

グリュミオーは、技巧は余裕を持って、これらの曲をたっぷりと美音と歌で聴かせてくれる!現代のヴァイオリニスト達は、この演奏、グリュミオーの演奏を聴いているのでしょうか?もし聴いたなら、この二曲と序奏とロンド・カプリチオーソは、よほどの事がなければ、演奏出来ないはず!

れいくー さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
《スペイン交響曲》でこの演奏を超えるよう...

投稿日:2007/05/07 (月)

《スペイン交響曲》でこの演奏を超えるようなものがあれば教えて頂きたいです。

まだ20代 さん | 熊本 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラロ (1823-1892)

Edouard Lalo (1823-1892) wrote a few operas and ballets, the forms that seemed to dominate the output of most of the renowned French composers of the mid-Romantic era, but he was revered for his sense of orchestration and instrumental color. He wished to write following the German traditions of instrumental music, using innovative rhythmic and harmonic ideas combined with his own imaginative melod

プロフィール詳細へ

ラロ (1823-1892)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • マルチヌー:チェロと管弦楽のための作品全集(2CD) チェコのボフスラフ・マルチヌーのチェロのための協奏作品をまとめた2枚組。チェロは、チェコのチェリストのペトル・ノウゾフスキー。伴奏は、 トマス・ブラウナー指揮、ピルゼン・フィルハーモニー管弦楽団。 ローチケHMV|5日前
  • ドミトリー・マスレエフ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番、他 1988年生まれのドミトリー・マスレエフ。バイカル湖とモンゴル国境にあるシベリアの町、ウラン・ウデの出身、モハメド音楽院とイタリアのコモ湖ピアノアカデミーで学びました。2015年に開催されたチャイコフスキー国際ピアノ・コンクール優勝など、数多くの国際コンクールに入賞しています。 ローチケHMV|5日前
  • A.M.ワグナー/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他 1995年生まれのアレクサンダー・マリア・ワグナーは、ピアニストでもあり作曲家でもある多才な若き音楽家。このアルバムは、彼の技巧を存分に堪能できるチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番と、彼の交響曲第2番を収録。 ローチケHMV|2017年11月13日(月)
  • オリヴァー・シュニーダー/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 1973年生まれのスイスのピアニスト、オリヴァー・シュニーダー。これまでハイドン、モーツァルト、メンデルスゾーンの協奏曲など充実した録音を発表してきましたが、ついにベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集の登場となります。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • マツーエフ、ゲルギエフ/ラフマニノフ、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 SACDハイブリッド盤。マツーエフはこれまで、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管とラフマニノフのピアノ協奏曲第1、3番と『パガニーニの主題による狂詩曲』をリリースしましたが、ついに第2番登場となります。しかも、カップリングはプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番です。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • レイチェル・バートン・パイン/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ほか 1995年の列車事故による大怪我から復帰を果たし、バロックからへヴィメタを自らのフィールドとしてジャンルにとらわれない活発な活動を展開していているアメリカの女流ヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。バートン・パインのアヴィー(AVIE)第4弾は、エルガーのヴァイオリン協奏曲とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番という偉大な名曲コンチェルト。 ローチケHMV|2017年11月8日(水)

おすすめの商品