CD 輸入盤

サンフォニー・イマジネール(空想のシンフォニー) ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊

ラモー(1683-1764)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4745142
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

パワフルに躍動するラモーの世界!
ミンコフスキによるオーケストラ作品集

近年大活躍のマルク・ミンコフスキ[1962 Paris- ]が、自身が創設した“レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル(ルーヴル宮音楽隊)”[1984- ]を指揮して、ラモーのエッセンスを凝縮した面白いアルバムをつくってくれました。
 アルバム・タイトルは、“Une symphonie imaginaire”、直訳すれば『想像交響曲』となりますが、実際のニュアンスとしてはイマジネーション豊かなサンフォニー集といった感じでしょうか。劇場を沸き立たせる音楽を数多く書きあげたラモーならではの好企画です。
 ミンコフスキのラモーといえば、レコード・アカデミー賞を受賞したオペラ『ダルダニュス』や、その前にアルヒーフからリリースされた『イポリトとアリシー』、『アナクレオン』(廃盤)のほか、最近、DVDでリリースされたカエルの女王と神々の物語『プラテー』などが知られており、その楽譜への周到な研究ぶりもあって、すでに世界ではラモーの大家として認められています。
 今回のアルバムでは、ミンコフスキ自身により、ラモーの11作のオペラから、オーケストラによる聴きどころともいうべき17の魅力的な曲が選ばれているほか、コンセール第6番も収録されています。
 ミンコフスキとルーヴル宮音楽隊による演奏は、どの曲の場合でも表情がたいへんに豊かであり、あるときはダイナミックに、あるときはしっとりと、またあるときはユーモラスに、ラモーの音楽の魅力を雄弁に描きあげます。
 録音も優秀で、いかにもラモーらしい力強いパーカッションの轟きから、雌鶏の鳴きまねのような繊細な音色にいたるまで、見事な質感で再現されています。
 古楽ファン注目のアルバムの登場といえるでしょう。


ラモー:11の歌劇からの17のオーケストラル・ピースとコンセール
歌劇『ザイス』、歌劇『カストルとポルクス』、歌劇『エベの祭』、歌劇『ダルダニュス』、歌劇『栄光の殿堂』、歌劇『レ・ボレアード』、歌劇『オシリスの誕生』、歌劇『プラテ』、『六重奏用に編曲された6つのコンセール』より第6番、歌劇『イポリトとアリシー』、歌劇『ナイス』、歌劇『優雅なインド』から

レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル
指揮:マルク・ミンコフスキ

録音:2003年6月

収録曲   

  • 01. "Castor et Pollux"- Ouverture qui peint le debrouillement de Cahos et le choc des Élemens lorsqu'ils sont séparés [5'47]
  • 02. "Les Fêtes d'Hébé"-Scène funèbre (Acte II, scène 2) [3'25]
  • 03. "Dardanus"-Air tendre (Deuxième Entrée: La Musique, scène 5) [1'53]
  • 04. "Le Temple de la Gloire"-Tambourins I & II (Prologue) [1'51]
  • 05. "Les Boréades"-Air tendre pour les Muses (Acte I) [4'25]
  • 06. "La Naissance d'Osiris"-Contredanse en Rondeau (Acte I, scène 4) [3'06]
  • 07. "Les Boréades"-Air gracieux [2'19]
  • 08. "Platée"- Gavottes I & II pour les Heures et les Zéphirs (Acte IV, scène 4) [2'44]
  • 09. "Les Boréades"-Orage (Acte I, scène 6) [2'32]
  • 10. Concert no 6 from "Six Concerts en sextuor"-Prélude (Acte V, scène 1) [1'19]
  • 11. "Les Fêtes d'Hébé"-La Poule (The Hen · Die Henne) [4'31]
  • 12. "Hippolyte et Aricie"-Musette en Rondeau (Danse de Terpsichore) - Tambourin en Rondeau (Troisième Entrée: La Danse) [3'22]
  • 13. "Naïs"-Ritournelle (Acte III) [2'09]
  • 14. "Les Indes galantes"-Rigaudons I & II (Prologue: L'Accord des dieux) [2'22]
  • 15. "Les Boréades"-Danse des Sauvages. Rondeau (Quatrième Entrée: Les Sauvages) [2'18]
  • 16. "Les Indes galantes"-Entrée de Polymnie (Acte IV, scène 4) [6'05]
  • 17. Chaconne (Quatrième Entrée: Les Sauvages) [6'17]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい演奏。古楽の響きとしては革新的...

投稿日:2011/06/25 (土)

素晴らしい演奏。古楽の響きとしては革新的ではないか。通奏低音に力強さを加えて曲全体に推進力を与えている。それによりオケ全体の響きが力強い。最後の3曲は実に素晴らしい。特に「優雅なインド」の2曲。未開人の踊りとシャコンヌ。シャコンヌはまるでエルドラドを描いているようだ。ヴォルテールのカンディードに描かれた、南米アマゾンの奥深くの理想郷。人間が生きるべき理想郷はヨーロッパではなく、非ヨーロッパにあるという思想が表現されているように思える。黄金色に夕陽を受けて輝く野を、裸足で疾走するような、鮮烈なメッセージが伝わってくる。

ランスロット さん | 埼玉県 | 不明

2
★
★
★
★
★
Ritournelle,RigaudonsI&II, Danse des S...

投稿日:2008/11/12 (水)

Ritournelle,RigaudonsI&II, Danse des Sauvagesもすごく よかったです。

ハムスター さん | 川崎市 | 不明

0
★
★
★
★
★
序曲、La Poule,Air gracieux,Chaconneが特...

投稿日:2008/10/25 (土)

序曲、La Poule,Air gracieux,Chaconneが特によかったです。SACDでLes Fetes dHebeやDardanusのオーケストラ全曲を聴いてみたいので近いうちにSACDをつくってもらえるとすごく、うれしいです。 

ハムスター さん | かわさきし | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラモー(1683-1764)

Jean-Philippe Rameau (1683-1764) was one of the most versatile musicians of the French Baroque, celebrated as a composer, organist, violinist, conductor, teacher, and theoretician. Although he held several posts as an organist between 1702 and 1722, Rameau had already begun publishing several volumes of harpsichord music, and by the age of 50 he prepared to mount his first opera. He also published

プロフィール詳細へ

ラモー(1683-1764)に関連する商品・チケット情報

古楽 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品