CD 輸入盤

オペラ=バレ『愛の驚き』 デラン&レ・ヌーヴォー・カラクテール(3CD)

ラモー(1683-1764)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GCD922701
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

リヨンの古楽の精鋭レ・ヌーヴォー・カラクテール
ラモーのオペラ=バレで堂々のグロッサ・デビュー!


ヴィオラ・ダ・ガンバのファミ・アルカイ、バロック・チェロのホセチュ・オブレゴンに続き、グロッサ(Glossa)に新たな古楽界の若き才能が仲間入り! フランスのチェンバリスト、セバスティアン・デランが率いるピリオド・アンサンブル、レ・ヌーヴォー・カラクテールが、ジャン=フィリップ・ラモーのオペラ=バレ『愛の驚き(アモルの驚き)』でグロッサ初登場!
 フランス・バロックにおける劇音楽の大家ラモーの音楽と、ピエール=ジョゼフ・ベルナール(ジャンティ・ベルナール)の台本による『愛の驚き』。1748年にヴェルサイユで初演が行われた『愛の驚き』は、1757年と1758年に改訂が行われており、声楽のエールやディアローグ、デュエットに加え、戦いや眠り、踊りの場面、雷鳴の描写など、ラモーの傑出した作曲技法が発揮された管弦楽の活躍も、このオペラ=バレの大きな魅力です。
 フランス、リヨンを拠点に活躍するレ・ヌーヴォー・カラクテール。フランス古楽界の若き精鋭たち、ラモーで堂々のデビューです。(東京エムプラス)

【収録情報】
・ラモー:オペラ=バレ『愛の驚き』(1757年版)
 序曲
 第1幕:アドニスの誘拐
 第2幕:魔法の竪琴
 第3幕:アナクレオン

 ヴィルジニ・ポション(ソプラノ)
 カロリーヌ・ミュテル(ソプラノ)
 アメル・ブラヒム=ジェルール(ソプラノ)
 カリーヌ・デシェイエ(ソプラノ)
 アンデシュ・ダーリン(テノール)
 ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン)
 ジャン=セバスティアン・ブ(バリトン)
 レ・ヌーヴォー・カラクテール
 セバスティアン・デラン(指揮)

 録音時期:2013年3月8-14日
 録音場所:フランス、ヴィルールバンヌ
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラモー(1683-1764)

Jean-Philippe Rameau (1683-1764) was one of the most versatile musicians of the French Baroque, celebrated as a composer, organist, violinist, conductor, teacher, and theoretician. Although he held several posts as an organist between 1702 and 1722, Rameau had already begun publishing several volumes of harpsichord music, and by the age of 50 he prepared to mount his first opera. He also published

プロフィール詳細へ

ラモー(1683-1764)に関連する商品・チケット情報

古楽 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品