ラフマニノフ (1873-1943)
新商品あり

ラフマニノフ (1873-1943)

ラフマニノフ (1873-1943) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ラフマニノフ (1873-1943)のプロフィール

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフSergei Vasil'evich Rachmaninovは、(1873年4月1日(当時ロシアで用いられていたユリウス暦では3月20日) - 1943年3月28日))ロシア帝国出身の作曲家、ピアニスト、指揮者。

<...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

ラフマニノフ (1873-1943)のチケット情報

現在、ラフマニノフ (1873-1943)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

ラフマニノフ (1873-1943)の代表作/ベストセラー

ラフマニノフ (1873-1943)の商品一覧

商品一覧

商品を絞り込む

ラフマニノフ (1873-1943)の商品をフォーマットで絞り込む

830件中1-10件を表示

すべての商品を見る

ラフマニノフ (1873-1943)の関連商品

ラフマニノフ (1873-1943)に関する商品・チケット情報

商品・チケット情報一覧

ラフマニノフ (1873-1943)の商品ユーザーレビュー

1167件

すべてのユーザーレビューを見る(1167件)

  • 不幸にも初演で意欲のない演奏をされたために不評であ...

    投稿日:2016/02/15

    不幸にも初演で意欲のない演奏をされたために不評であった交響曲第一番。この初演の不評で作曲者がしばらくスランプに陥り、作曲ができなくなったという事実。この伝説を50年前に読んで以来、なかなかじっくり聴けずにいたのですが、最近ようやくこの曲を丁寧に聞き始め、この曲の良さが分かってきました。

    テリーヌ さん |60代

    0
  • 変な表現ですが「心の奥底に潜む夢の源が蘇るような」...

    投稿日:2016/02/15

    変な表現ですが「心の奥底に潜む夢の源が蘇るような」美しい旋律や和声がたくさん入っている曲だと感じます。哀愁・望郷・憧れといった美しく悲しもある気持ちが湧いてくるので、全曲を聴いたあとは疲れるほどです。

    テリーヌ さん |60代

    1
  • HMV.co.jpにオーダーしていたのだが同時に発売された...

    投稿日:2016/02/26

    HMV.co.jpにオーダーしていたのだが同時に発売された同シリーズのケイティンのチャイコフスキーの協奏曲は無事届いたのに、なぜかこちらのラフマニノフは発売中止との案内が。しかし、某ショップではオーダーできる状態だったのでダメ元でオーダーしたところ、無事到着。なぜHMV.co.jpで発売中止となったのかは不明。  さて、今回初CD化されるこのケイティンのラフマニノフの2番は30年以上前にクラシックを聴き始めた当初、この曲を知るためにLPで何度も何度も聴いた思い出の演奏。  約30年振りに聴く思い出の演奏であり、当時の記憶ではケイティンのピアノは水っぽかったような気もしたので、おそるおそる聴き始めた。おおっ!! なんというか、とても瑞々しい! 当時ケイティンは28歳頃だが、20代だからこそなのか、ちょっと甘くて瑞々しいセンチメンタリズムが爽やかなコクのある音色で紡がれている。その上、ほぼ同年代の若きコリン・デイヴィスの指揮も同様に爽やかな弦の音色に決め所を決める金管の強奏が決まっていて、ピアノ・オケともどもこの曲から清潔な浪漫を引き出している。  この2番の方は今回が初CD化の筈だが、これだけの演奏が何故こんなに埋 もれていたのか? この頃のステレオ初期にはリヒテルのステレオやルービンシュタインのステレオ1回目などの大柄な、あるいはロシア的なスケールの大きな演奏の影に埋もれたためか。さらにデッカとしては、この直後に契約したアシュケナージのステレオ1回目(コンドラシン指揮盤)を猛プッシュしてこのケイティンの録音を、さらにケイティンというピアニスト自体の扱いをないがしろにするようになったためか…  イキそうでイカない焦らしの暗い屈折がとても堪らないリヒテルのステレオ、音楽としてのスケールが魅力のルービンシュタインのステレオ2回目、快刀乱麻を断つ切れ味の中にクールなロマンを感じさせるハフ盤、若さの一期一会と言うべきカペル&バーンスタインのライヴ盤あたりと並ぶ、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のワン・オブ・マイ・ベスト。

    ひばりの舌 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%