CD

Piano Concertos.1, 4: Rachmaninov

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCC5114
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

大作曲家、名ピアニスト、ラフマニノフの自作自演。この録音当時、彼は70歳に近かったが、技術は立派に保たれている。それは特に「パガニーニ変奏曲」を聴くとよくわかる。バックで昔のフィラデルフィアが聴けるのも貴重。録音はまあまあ。(許)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
懐かしいですね、このジャケット。今でも買...

投稿日:2006/08/03 (木)

懐かしいですね、このジャケット。今でも買えるの?演奏はもはや歴史的な文化遺産で、ラフマニノフの技巧やピアにズムの素晴らしさの片鱗を伝えてくれます。演奏そのものもこの第1番は、自作自演の全集の中でも最も優れた演奏です。ただしこの初CD盤はLP時代のマスターから起こされている筈で、音はLPよりは良好なものの、後の10枚組の集大成(これはマーストンのマスタリング)やナクソス盤より、ごく僅かに特色の薄い音になっている様です。もちろん好き好きですし元の状態が状態なのであまり改善のしようがないのかもしれませんが、念のために…

Pianist さん | Tokyo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラフマニノフ (1873-1943)

Sergey Vasilyevich Rachmaninov, born in Semyonovo, Russia, on April 1, 1873, is today remembered as one of the most formidable pianists of all time and the last truly great composer in the Russian Romantic tradition. Rachmaninov came from a music-loving, land-owning family; young Sergey's mother fostered the boy's innate talent by giving him his first piano lessons. After a decline in the family f

プロフィール詳細へ

ラフマニノフ (1873-1943)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品