CD 輸入盤

交響曲ト短調/シンフォニエッタ ロイド=ジョーンズ/ボーンマス交響楽団

モーラン(1894-1950)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8555837
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アイルランド系らしく、お酒を愛し、パブで...

投稿日:2013/10/29 (火)

アイルランド系らしく、お酒を愛し、パブで飲んで暴れては、民謡を収集。戦争で、頭をやられてしまい、最期には、嵐の中出かけて、橋から落ちて命を落としてしまったモ―ラン。当時は、時代遅れと言われようが、アイルランド民謡を愛し、楽譜に託した。田園作曲家なんて、とんでもない。悲喜怒狂、こもごもの作品群。イギリス民謡と、言われているものに、実は、アイルランドがルーツ、と言うものは多い。ハロウインもそうらしい。とあれ、イギリス人が取り上げてくれないと、クラシックの世界では、聴く事が出来ないのが、現実。古くは、夜想曲の創始者ジョン・フィールド、ハーティ、スタンフォード、サリヴァン、ヴォーン・ウイリアムスはもちろん、エルガー、ブリテンも、魅せられた豊かな伝承音楽世界。楽しく、哀しい、奥は深くて、シンプル。こんな音楽が、身近にあっては、イギリスから、著名となる作曲家が出て来なかったのも、むべなるかなと、思わせてしまう。今持って、音楽の源資。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 大作の交響曲の音楽は「晦渋」することな...

投稿日:2010/07/24 (土)

 大作の交響曲の音楽は「晦渋」することなくよく流れる。シンフォニエッタの方はさらに流暢である。エルガー以後の「イギリス音楽ルネサンス楽派?」の作曲家の曲を聴くことはかなりの努力も必要なことも多いが、モーランには才気を強く感じる。20ページほどの簡単な伝記を読んだが、この波瀾万丈な作曲家の人生は映画にもなりそうな人である。酒癖が悪かったそうであるが何となく親しみを感じる。

古関さん さん | 大分県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーラン(1894-1950)

Ernest John Moeran's father was an Anglican clergyman born in Ireland and his mother was from the eastern part of England. When he was still a young boy, his father was transferred to Bacton, on the coast near Norfolk. Ernest's early exposure to music was largely through hymn singing and folk songs, and he taught himself to read music from the hymnals. When he was enrolled in Uppingham School near

プロフィール詳細へ

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品