CD 輸入盤

Violin Concerto.5, Sym.36: Varga(Vn)T.varga Festival Co

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
509312
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい。久しぶりに聴いて満喫した。人...

投稿日:2012/05/19 (土)

素晴らしい。久しぶりに聴いて満喫した。人間がゐて音楽がある、さういふ世界だ。心情を通さぬ部分が全くない。かつドラマティック。このヴァイオリニストは人間的にも大きい人物なのではないか。(さうでなかつたら聴き手は苦しくなるわけだ、心情はすべての人にあるわけだから・・)協奏曲よりも交響曲のはうに、もつと感激した。ヴァルガのもとで学んでゐるオケの人たちが、より安心して確信して弾けてゐるからではなからうか。またソロの節まはしが、自分の趣味と少しちがつてゐるといふか、勿論ほとんどすべては、自分のものなんぞ超えてゐるから感激してゐるので。とても見事なすばらしい音楽です。何故有名でないのか、全然わからない。

JCS さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
たっぷりと謳うヴァイオリンにうっとり。昨...

投稿日:2007/05/28 (月)

たっぷりと謳うヴァイオリンにうっとり。昨今のピリオド奏法の味気なさに疑問を感じる人にお勧めしたい。ヴァイオリン協奏曲第5番では、もったいぶったソロの登場の仕方からして何とも心地よい。続いて流れ出すふくよかな旋律に身を任せれば、しばし時間を忘れることができる。リンツも同様。時代がかった節回しもそういうものだと浸ってみれば悪くない。こうして2曲を聴き終えると、昨今得られることの少なくなった愉悦の時に幸せを感じることができるはず。古臭いと言えばそれまでだが、こんなモーツァルトもいいなあと思えるのでは?

らぷとる さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

  • バイバ・スクリデ/アメリカの協奏曲集 ヴァイオリニスト、バイバ・スクリデの最新盤は、バーンスタイン、コルンゴルト、ローザといったアメリカの作曲家によるヴァイオリン協奏曲集。 HMV&BOOKS online|9時間前
  • バボラーク/モーツァルト:ホルン協奏曲集、12のホルン二重奏曲、他 好評を博したモーツァルト:ホルン協奏曲室内楽版に続く、ホルン奏者ラデク・バボラークのスプラフォンでのモーツァルト第2弾。今回は、断片のみ現存するホルン協奏曲の補完版や、ラドヴァン・ヴラトコヴィチとの『12のホルン二重奏曲』など充実のプログラムです。 HMV&BOOKS online|3日前
  • コルスティック/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、他 OEHMSレーベルのベートーヴェン:ソナタ全集が高く評価され「ドクター・ベートーヴェン」の異名を取るミヒャエル・コルスティックの最新盤はラフマニノフ。ピアノ協奏曲第3番、コレッリの主題による変奏曲、ピアノ・ソナタ第2番を収録。 HMV&BOOKS online|4日前
  • スイス・ピアノ・トリオ/ベートーヴェン:三重協奏曲、他 1998年に結成され、数々のコンクール受賞歴を誇る実力派のスイス・ピアノ・トリオによるベートーヴェンのピアノ三重奏曲の全曲録音シリーズ。第5集にはトリプル・コンチェルトを含む作品を収録しております。 HMV&BOOKS online|2018年8月10日(金)
  • 新マスターによるリパッティのシューマン:ピアノ協奏曲 『ウルトラセブン』最終回で流れたことでも有名なリパッティ、カラヤン&フィルハーモニア管のシューマン:ピアノ協奏曲が、オリジナルアナログマスターテープよりDSD11.2MHz化した新マスターを使用し、UHQCD、SACDシングルレイヤー化。 HMV&BOOKS online|2018年8月7日(火)
  • 庄司紗矢香/ベートーヴェン、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲録音を完成させた庄司紗矢香が、2020年のベートーヴェン生誕250年を先取りし、遂にベートーヴェンの協奏曲を録音。カデンツァは庄司紗矢香オリジナル。カップリングはこちらも人気曲のシベリウスです。 HMV&BOOKS online|2018年8月3日(金)

おすすめの商品