CD 輸入盤

Sym.25, 31, 41: Koopman / Amsterdam Baroque.o

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0927490452
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Koopman, Ton - Sinfonie Nr. 31 D-dur Kv 297 Paris
  • 02. 1. Allegro Assai
  • 03. 2. Andante
  • 04. 3. Allegro
  • 05. Koopman, Ton - Sinfonie Nr. 25 G-moll Kv 183
  • 06. 1. Allegro Con Brio
  • 07. 2. Andante
  • 08. 3. Menuetto - Trio
  • 09. 4. Allegro
  • 10. Koopman, Ton - Sinfonie Nr. 41 C-dur Kv 551 Jupit
  • 11. 1. Allegro Vivace
  • 12. 2. Andante Cantabile
  • 13. 3. Menuetto
  • 14. 4. Molto Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ジュピターシンフォニー終楽章の昂揚感はラ...

投稿日:2008/08/12 (火)

ジュピターシンフォニー終楽章の昂揚感はライヴならでは。現代楽器ではベーム、スィトナーに伍すと思います。サヴァリッシュのN響ライヴもすばらしかったですが...。

hide0812 さん | 横浜 | 不明

0
★
★
★
★
★
弦が薄い。トランペットとティンパニがやた...

投稿日:2004/04/21 (水)

弦が薄い。トランペットとティンパニがやたらでかく、バランスが悪い。壮大さもない。私はベーム盤だってワルター盤だって聞いていないし、これが正しい解釈だなんて傲慢なことを言う勇気はない。 でもとにかく、半端じゃないエネルギーと霊感に満ちた演奏だと思う。

一音楽好き さん | 極東の島国 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品