CD 輸入盤

Serenade.10: Mackerras / St.luke's.o

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD80359
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

クラシック曲目

  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Serenade for Winds no 10 in B flat major, K 361 (370a) "Gran Partita"
    演奏者 :

    指揮者 :
    Mackerras, Charles, Sir
    楽団  :
    Orchestra of St. Luke's Chamber Ensemble
    • 時代 : Classical
    • 形式 : Serenade
    • 作曲/編集場所 : 1781, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 50:37
    • 録音場所 : 07/1993, Performing Arts Center, SUNY Purchase [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名曲の名演奏とはまさに当アルバムのために...

投稿日:2013/02/26 (火)

名曲の名演奏とはまさに当アルバムのためにある言葉。あのアダージョの神々しさ、第1メヌエットの愉悦感。挙げだしたらきりがない。マッケラスの最高の仕事は何と言っても、モーツアルトとヤナーチェク。そのモーツアルトのグラン・パルティータの最上の演奏のひとつがここにある。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この曲で指揮者を置くことの意味合いを実感...

投稿日:2006/01/20 (金)

この曲で指揮者を置くことの意味合いを実感できる演奏はさほど多くない。フルトヴェングラーによる演奏が良くも悪くも彼の流儀が刻印された演奏として印象深いが、マッケラスも相当なものである。20世紀後半のモーツァルト研究の成果を踏まえて学級的アプローチをとりつつ、各奏者に自由奔放に演奏させる。セント・ルークスの名奏者たによって、不純物のない「モーツァルトの世界」が展開されている。モダン楽器による極上の演奏である。

マッケラス万歳 さん | 日本 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品