CD 輸入盤

Piano Concerto.22, Sym.40: Badura-skoda(P)furtwangler / Vpo

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IDIS6388
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Italy
フォーマット
:
CD

商品説明

全国のフルトヴェングラー・ファンが長年待ち望んだ1枚!!
コンガラガリだらけの22番コンチェルトの完全未編集盤、CD初登場!!!

フルトヴェングラーの録音の中にはミステリーのあるものもありますが、この22番コンチェルトもその一つ。LP時代から出てくる盤のどれもこれも微妙に食い違いがあったのです。同じ演奏の複数のテープを継ぎ接ぎした上に、部分的に全く別のフルトヴェングラーが指揮したものではない音源で差替えしてしまったのが混乱の元だったようです。テープの継ぎ目のない未編集のものはLPで一度だけ発売されたことがありますが、これはフルトヴェングラー・マニアの間では高額で取引されるお宝になっています。
今回IDISが未編集音源を探し当て、CDとしては初めてのリリースとなりました。これはフルトヴェングラー・マニアは必聴!!!もちろん演奏もフルトヴェングラー節丸出しの分厚いロマンティシズムが圧し掛かるような重いもの。
1944年の40番は、フルトヴェングラーの演奏ではないと言う意見もありますが、宇野功芳氏は「ベスト」に挙げています。


モーツァルト:@ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調K.482 A交響曲第40番 ト短調K.550
ウィルヘルム・フルトヴェングラー(指)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,パウル・バドゥラ=スコダ(P)
録音:@1952年1月27日,A1944年6月2?3日

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品