CD 輸入盤

「ドン・ジョヴァンニ」(3枚組) スコウフス/ピエチョンカ/シェルク/ライモンディ/他

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8660080
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

プラハ初演版使用!
スコウフスの「ドン・ジョヴァンニ」全曲
1787年のプラハ初演版による「ドン・ジョヴァンニ」全曲盤です。ウィーン再演時に加えられた部分は、3枚目の最後3トラックに収録されています。NAXOSのベートーヴェンやハイドンの交響曲でフレッシュな演奏を聴かせてくれたハンガリーのニコラウス・エステルハージ・シンフォニアを、ウィーン国立歌劇場のレジデント指揮者でもあるM.ハラースが指揮しています。適正な編成の現代オケにより、きびきびとしてスケールの大きさにも不足しない立派な「ドン・ジョヴァンニ」演奏をなし遂げています。
 CDではマッケラス盤に次ぐドン・ジョヴァンニ役となるスコウフスは、持ち前の美声に加え、表情豊かで存在感に満ちた歌いぶりによって見事にこの複雑な役柄を演じ、レポレロ役を得意とするジローラミとの息もぴったり合っています。
 女声陣では、ドンナ・アンナを歌うピエチョンカと、エルヴィラ役のシェルクが共に美しい声で印象的。
 2000年11月ブダペストにおける最新録音で、細部まで克明に収録された小編成オーケストラ・サウンド、パースペクティヴを十分に生かした歌ともに申し分のない仕上がりです。

歌・演奏/ボー・スコウフス(バリトン) アドリアンヌ・ピエチョンカ(ソプラノ) レギーナ・シェルク(ソプラノ) イルディコ・ライモンディ(ソプラノ) トルステン・ケルル(テノール) ヤヌス・モナルチャ(バス) ボアズ・ダニエル(バス) ミヒャエル・ハラース指揮 ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア、ハンガリー放送合唱団他

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
モーツァルトは誰が演奏してもすばらしく聞...

投稿日:2007/10/18 (木)

モーツァルトは誰が演奏してもすばらしく聞こえるかもしれませんが、ハーラスの楽器のバランスを調えた演奏が気に入りました。小編成だからか、音がわかりやすい。大手みたいにいい役者揃いとはいえませんが、下手糞な役者が居るわけでもありません。整った美学があります。過剰な演出より熱意で攻める好演です。

オランダ船のリゴレット さん | 大阪 | 不明

1
★
★
★
★
★
めちゃくちゃいいです!スコウフス目当てで...

投稿日:2001/12/26 (水)

めちゃくちゃいいです!スコウフス目当てで買いましたが、他の歌手も指揮も熱演で、久々にこのオペラで興奮してしまいました。

nob. さん | Tokyo | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品