CD

N響伝説のライヴ!第1期 スイトナー指揮NHK交響楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC3012
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

オトマ−ル・スイトナ−
モ−ツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K.543 NHKホ−ル 1982.12.17
モ−ツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550 NHKホ−ル 1982.12.17
モ−ツァルト:交響曲第41番ハ長調「ジュピタ−」K.551 NHKホ−ル 1982.12.17

内容詳細

NHK交響楽団の伝説的ライヴのCD化。N響名誉指揮者であり、長くベルリン国立歌劇場の指揮者を務めたスウィトナーはモーツァルトを最も得意としていた。N響との後期三大交響曲の名演。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543 第1楽章 Adagio,Allegro (00:00)
  • 02. 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543 第2楽章 Andante con moto (00:00)
  • 03. 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543 第3楽章 Menuetto:Allegretto (00:00)
  • 04. 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543 第4楽章 Finale:Vivace assai
  • 05. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第1楽章 Molto allegro
  • 06. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第2楽章 Andante
  • 07. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第3楽章 Menuetto(Allegretto)
  • 08. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第4楽章 Allegro assai
  • 09. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 第1楽章 Allegro vivace
  • 10. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 第2楽章 Andante cantabile
  • 11. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 第3楽章 Menuetto(Allegretto)
  • 12. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 第4楽章 Molto Allegro

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
最初聞いた時は、なにやらくすんだ響きで冴...

投稿日:2008/08/22 (金)

最初聞いた時は、なにやらくすんだ響きで冴えない感じが付きまとったが、久しぶりに引っ張り出して聞いてみて、なかなか良い演奏と思った。N響も、スイトナーの小気味の良いテンポ設定についてきており、細部まで神経が通っている。もっとも、競合盤の多い、この3曲のことだから、イチオシというわけにはいかないが、これはこれで立派であると思う。高弦部の輝きも十分ある。

七海耀 さん | さいたま市 | 不明

1
★
★
★
★
☆
この日、ホールで聴いてました。良かったよ、...

投稿日:2005/09/18 (日)

この日、ホールで聴いてました。良かったよ、と友人に感想を話したことを覚えています。会員だったので他にも何度かありましたね。私も今とは随分聴き方、感じ方が違ってましたので、よく分かってなかったような気もします。最近、スイトナーのSKBやSKDのCDを殆ど聴きましたが、その素晴らしさに感激しました。この指揮者の凄さを知ったのです。じゃ、あの頃は?やっぱりオケの問題もあるのでしょうか。

fuka さん | 横浜 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
N響との不毛な演奏で不名誉指揮者としての...

投稿日:2005/07/09 (土)

N響との不毛な演奏で不名誉指揮者としての烙印を押されていた名匠スイトナーであるが、この後期3曲集は手兵シュターツカペレ・ベルリンとのライヴ盤が圧倒的に素晴らしい。ライヴで燃えるスイトナーだが、役所の公務員みたいな演奏家揃いのN響が相手では三流の指揮者になってしまうことの証となってしまった。マタチッチのブルックナーやマルケヴィッチの「悲愴」は例外的に素晴らしかったが・・・。

風来坊 さん | インスブルック | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト