モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

DVD 輸入盤

歌劇『魔笛』全曲 エファーディング演出、サヴァリッシュ&バイエルン国立歌劇場

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0734106
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:歌劇『魔笛』K.620 全曲
グルベローヴァ、モル、アライサ、ポップ
サヴァリッシュ&バイエルン

この《魔笛》は1992年までバイエルン国立歌劇場の音楽監督をつとめていたサヴァリッシュの指揮、エヴァーディングの演出、ローゼの装置で1979年に始まったプロダクションです。グルベローヴァ、ポップ、モル、アライサをはじめ最高の歌手陣、メルヒェン風の幻想とフリーメーソン的な思想性を融合したエヴァーディングの演出、そしてローゼの夢あふれる美しい装置が一体となって、ミュンヘンの舞台で長年磨きあげられてきた見事な舞台を作りあげています。

・モーツァルト:歌劇『魔笛』K.620 全曲
 ザラストロ…クルト・モル(バス)
 タミーノ…フランシスコ・アライサ(テノール)
 弁者…ヤン=ヘンドリック・ローテリング(バス)
 夜の女王…エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ)
 パミーナ…ルチア・ポップ(ソプラノ)
 パパゲーノ…ヴォルフガング・ブレンデル(バリトン)
 パパゲーナ…グットラン・ジーベル(ソプラノ)
 モノスタトス…ノルベルト・オルト(テノール)、他
 バイエルン国立歌劇場合唱団
 バイエルン国立歌劇場管弦楽団
 指揮:ヴォルフガング・サヴァリッシュ

 演出:アウグスト・エヴァーディング
 制作:1983年 ミュンヘンUNITEL
 160分 カラー
 音声:PCMステレオ、DTS5.1
 字幕:独、英、仏、西、中
 NTSC, Region All

収録曲   

  • 01. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 02. Die Zauberflote, K.620
  • 03. Mozart, Wolfgang Amadeus - Overture (original Vers
  • 04. Die Zauberflote, K.620 (e. Schikaneder)
  • 05. Mozart, Wolfgang Amadeus - Zu Hilfe! Zu Hilfe! (
  • 06. Die Zauberflote, K.620 (original Version)
  • 07. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog: Wo Bin Ich? -
  • 08. Die Zauberflote, K.620 (e. Schikaneder)
  • 09. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog He Da! Tamino,
  • 10. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dies Bildnis Ist Bezau
  • 11. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Schoner Juengli
  • 12. Die Zauberflote, K.620 (original Version)
  • 13. Mozart, Wolfgang Amadeus - Ihr Gotter! Was Ist Da
  • 14. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog: Ist's Denn Auc
  • 15. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog: Ha, Ha, Ha! (
  • 16. Die Zauberflote, K.620 (e. Schikaneder)
  • 17. Mozart, Wolfgang Amadeus - Du Feines Taeubchen, N
  • 18. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Bin Ich Nicht E
  • 19. Mozart, Wolfgang Amadeus - Bei Maennern, Welche L
  • 20. Mozart, Wolfgang Amadeus - Zum Ziele Fuehrt Dich
  • 21. Mozart, Wolfgang Amadeus - Die Weisheitslehre Die
  • 22. Mozart, Wolfgang Amadeus - Wie Stark Ist Nicht De
  • 23. Mozart, Wolfgang Amadeus - Schnelle Fuesse, Rasch
  • 24. Mozart, Wolfgang Amadeus - Es Lebe Sarastro! Sara
  • 25. Mozart, Wolfgang Amadeus - Herr, Ich Bin Zwar Ver
  • 26. V/a - Dummy Werk Fuer Provisorisches Tracklisting
  • 27. Mozart, Wolfgang Amadeus - Marsch Der Priester (ac
  • 28. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Ihr Eingeweihte
  • 29. Mozart, Wolfgang Amadeus - Soll Ich Dich, Teurer,
  • 30. Mozart, Wolfgang Amadeus - O Isis Und Osiris (ac
  • 31. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Eine Schrecklic
  • 32. Mozart, Wolfgang Amadeus - Wie? Wie? Wie? (act 2
  • 33. Die Zauberflote, K.620 (original Version)
  • 34. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog: Juengling! Dei
  • 35. Mozart, Wolfgang Amadeus - Wo Ist Sie? - Arie:
  • 36. Die Zauberflote, K.620 (e. Schikaneder)
  • 37. Mozart, Wolfgang Amadeus - Der Holle Rache Kocht
  • 38. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Morden Soll Ich
  • 39. Mozart, Wolfgang Amadeus - In Diesen Heil'gen Hal
  • 40. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Hier Seid Ihr B
  • 41. Mozart, Wolfgang Amadeus - Seid Uns Zum Zweiten M
  • 42. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Tamino, Wollen
  • 43. Mozart, Wolfgang Amadeus - Ach, Ich Fuehl's (act
  • 44. Die Zauberflote, K.620 (original Version)
  • 45. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog: Siehst Du, Tam
  • 46. Die Zauberflote, K.620 (e. Schikaneder)
  • 47. Mozart, Wolfgang Amadeus - O Isis Und Osiris, Wel
  • 48. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Prinz, Dein Bet
  • 49. Mozart, Wolfgang Amadeus - Ein Maedchen Oder Weibc
  • 50. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dialog Da Bin Ich Scho
  • 51. Mozart, Wolfgang Amadeus - Bald Prangt, Den Morgen
  • 52. Mozart, Wolfgang Amadeus - Der, Welcher Wandelt D
  • 53. Mozart, Wolfgang Amadeus - Tamino Mein, O Welch E
  • 54. Mozart, Wolfgang Amadeus - Wir Wandelten Durch Fe
  • 55. Mozart, Wolfgang Amadeus - Papagena! Papagena! (
  • 56. Mozart, Wolfgang Amadeus - Pa-pa-pa-pa-pa-pa-papa
  • 57. Mozart, Wolfgang Amadeus - Nur Stille, Stille Mono
  • 58. Mozart, Wolfgang Amadeus - Die Strahlen Der Sonne

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
魔笛は、ザルツブルクで数回、シュットゥッ...

投稿日:2014/12/22 (月)

魔笛は、ザルツブルクで数回、シュットゥットガルトの来日公演などライブで一番見ているオペラですが、最近のドイツ系の斬新すぎる演出を見る前にやはりオーソドックスなものを見ておくほうが良いと思います。その意味では、この盤はなにかが抜群によいとまではいいきれませんが、非常にバランスよくまとまっているのでお勧めです。

TG さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
皆さんのレヴューを拝見していると、評価は...

投稿日:2013/08/31 (土)

皆さんのレヴューを拝見していると、評価はともかく、どれも的を得ているので感心しました。私は、魔笛はMozartの最高芸術の一つだと思っているのですが、その理由は、@後宮、フィガロ、コジ、ドン・ジョヴァンニは人間の煩悩がテーマになってましたが、本作はメルヘンの題材にし人間愛を歌っておりMozartの到達した精神性を表していること。Aストーリー展開はやや困難な部分があるものの、音楽には冗長さがなく、まるでクリスタルのような純粋なMozartのエッセンスが凝集されていること。そこにはMozart特有のアイロニーもちりばめられていること。B当時の貴族社会でフィガロのような反骨的な部分から、恐らくMozartが目指した一般大衆への彼のメッセージが台本も含めて込められていること。例えは適切ではないかもしれませんが、Beethovenの第9のような位置づけの作品だと思います。そのために、色々な解釈が可能であり、また歌手、オケ、演出に、他の作品よりも一段と高いレベルが要求されるのだと思いますし、どの演奏でも評価が分かれる所以だと思います。 さて、LD時代から愛聴するこの演奏は私はこの演奏は大好きで、聞いた中では最高の評価です。もちろん、アライサよりシュライヤーやヴンダーリッヒのほうが良いという人はいるでしょう。グルベローバは当代最高の夜の女王だと思いまし、ポップのパミーナも非常に可愛らしい。モルのザラストロもすばらしいです。パパゲーノ、パパゲーナも演出にぴったりです。本作のように、脇役も非常に重要な役割をもつ場合のオペラは、特に実演では全てにベストを揃えるのは現実には困難と思います(聞き手の好みもありますし)。マエストロ・サヴァリッシュの演奏も非常に手堅く決して煽るような演奏ではなく(聞き手によっては逆に退屈かも)、本作品の本質を捕らえて、演出歌手の特性を上手く引き出した演奏だと思います。 私の好みでは、この演奏を超える演奏は未だに経験していません。

Kitaraマニア さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
☆
これはヒドい。何がって台本がです。善玉と...

投稿日:2013/02/27 (水)

これはヒドい。何がって台本がです。善玉と悪玉の整理くらいつけておいてほしい。その点、かつての東映時代劇映画は安心の品質でした。今どきこんなものを真面目にとる奴がいるとしたら幼痴園児くらいでしょう。それを大の大人がもっともらしい理屈をつけて解釈を試みる書物が山ほどあるというのだから、驚きを通り越して呆れ返ります。つまりはなんとしてでも合理化したいほどモーツァルトの音楽が素晴らしいということなのでしょう。大の大人がこれにつきあうとしたら夢を見ているのだと思うことです。見ているうちは真剣で理屈も通っているのだが、醒めてみると自分が登場したうちの誰だったのかもあいまいになり、支離滅裂、状況、筋も説明できなくなるあの夢です。さて、本曲のDVDは本盤とこの1年前のレヴァイン/VPO盤しか見たことがありません。このどちらかなら本盤のほうをお薦めします。演出・装置がこちらのほうが夢幻的なのです。それから夢といっても見ているうちはその中の誰かになっているわけですが、タミーノになって見たいのならレヴァイン盤、パパゲーノになって見たいのなら本盤です。つまり風間君が好きならレヴァイン盤、しんちゃんが好きなら本盤です。私は王子といっても性格不明の前者より後者のほうをよほど好みます。眠って食べて飲んでいれば十分、それに可愛い娘がいれば・・・、全く同感です。本盤のタミーノはただでさえ暑苦しい顔が汗だくでレヴァイン盤のほうがいいと思いますが、私的には無問題となります。一方本盤のパパゲーノは少しホーセーさんを思わすところがありピタリなのです。パミーナはどちらも永遠の乙女チックタイプなのですが、さすがにちょっときている感じです。レヴァイン盤の額のしわ、本盤のほうれい線です。本盤のほうがマシとみます。夜の女王はどちらもグルベローヴァ(S)ですが、彼女の映像で役にはまっていると個人的に思える唯一の役です。夜の女王のアリアなど見事に歌いこなしているのはいうまでもありません。私的にはパパゲーノの相手がブスでは幻滅なわけですが、これまた両方同じでパパゲーナ役の方はとても魅力的で安心します。パパパなどの演技は本盤のほうが演出もありますが、自然(つまりアホクサという感じがみえない)です。第2幕レヴァイン盤はややだれると感じるのはBSの違いもあると思います。こうして夢を見終わって耳に残るのは夜の女王のアリアを除くと森の動物たちが喜んできいたタミーノのFlの調べとその音にこたえたパパゲーノのパンの笛です。題名が魔笛というのはもっともなのです。

西荻椿山 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品