モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

歌劇『フィガロの結婚』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル、ヴァン・ダム、コトルバス、シュターデ、T.-シントウ、他

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4757045
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

カラヤン&VPO/『フィガロの結婚』(3CD)

初めてのオペラ・レコーディングであったEMIの旧盤から28年、カラヤンがふたたびウィーン・フィルを指揮してさっそうと指揮した2度目の『フィガロ』。当時売り出し中だったシュターデのケルビーノ役を筆頭に、コトルバス、トモワ=シントウの女性3人が素晴らしい名唱揃いで、これにマルツェリーナ役の名手ベルビエを加えた女声陣の豪華さがたまりません。
 対する男声も、ヴァン・ダムのパワーのあるフィガロ役、どこかノホホンとしたクラウセの伯爵、憎めないバスタンのバルトロ、あまりにも巧いツェドニクのバジリオと、こちらも聴きどころ満載です。

 モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲

 ホセ・ファン・ダム(B:フィガロ)
 イレアナ・コトルバス(S:スザンナ)
 アンナ・トモワ=シントウ(S:伯爵夫人)
 トム・クラウセ(Br:アルマヴィーヴァ伯爵)
 フレデリカ・フォン・シュターデ(M:ケルビーノ)
 ジュール・バスタン(B:バルトロ)
 ジャーヌ・ベルビエ(M:マルツェリーナ)
 ハインツ・ツェドニク(T:ドン・バジリオ)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音:1978年4,5月 ウィーン、ゾフィエンザール[ステレオ]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Le Nozze Di Figaro Kv 492
  • 02. Mozart, Wolfgang Amadeus - Overture (die Hochzeit
  • 03. Le Nozze Di Figaro Kv 492 (original Version, Vienn
  • 04. Da Ponte, Lorenzo - Cinque... Deci... Venti... -
  • 05. Da Ponte, Lorenzo - Se A Caso Madama - Or Bene,
  • 06. Da Ponte, Lorenzo - Bravo, Signor Padrone...se Vuo
  • 07. Da Ponte, Lorenzo - La Vendetta - Tutto Ancor N
  • 08. Da Ponte, Lorenzo - Via Resti Servita - Va La,
  • 09. Da Ponte, Lorenzo - Non So Piu...ah, Son Perduto!
  • 10. Da Ponte, Lorenzo - Cosa Sento!...basilio, In Trac
  • 11. Da Ponte, Lorenzo - Non Piu Andrai (act 1)
  • 12. Da Ponte, Lorenzo - Porgi Amor...vieni, Cara Susan
  • 13. Da Ponte, Lorenzo - Voi Che Sapete - Bravo! Che
  • 14. Da Ponte, Lorenzo - Venite! Inginocchiatevi...quan
  • 15. Da Ponte, Lorenzo - Che Novita! (act 2)
  • 16. Da Ponte, Lorenzo - Susanna, Or Via, Sortite -
  • 17. Da Ponte, Lorenzo - Aprite, Presto, Aprite - O

ディスク   2

  • 01. Le Nozze Di Figaro Kv 492 (original Version, Vienn
  • 02. Da Ponte, Lorenzo - Tutto Come Io Lasciai (act
  • 03. Da Ponte, Lorenzo - Esci, Ormai, Garzon Malnato
  • 04. Da Ponte, Lorenzo - Signore, Di Fuori - Ah! Sig
  • 05. Da Ponte, Lorenzo - Voi Signor, Che Giusto Siete
  • 06. Da Ponte, Lorenzo - Che Imbarazzo Mai Questo -
  • 07. Da Ponte, Lorenzo - Crudel! Perche Finora - E P
  • 08. Da Ponte, Lorenzo - Hai Gia Vinta La Causa - Ve
  • 09. Da Ponte, Lorenzo - E Susanna Non Vien! - Dove
  • 10. Da Ponte, Lorenzo - Riconosci In Questo Amplesso
  • 11. Da Ponte, Lorenzo - Cosa Mi Narri!...che Soave Zef
  • 12. Da Ponte, Lorenzo - Ecco La Marcia...eh, Gia, Soli

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 とても典雅で落ち着いたフィガロです。購...

投稿日:2011/03/19 (土)

 とても典雅で落ち着いたフィガロです。購入して2回聞きました。歌手が言葉を丁寧に歌っている感じがしました。特にスザンナ役のコトルバスがすばらしいと思いました。またフィガロ役のダムは上品です。そしてケルビーノ役のシュターデは発音がきれいです。カラヤンの指揮はゴージャスで華やかな感じです。録音もなかなかいいので、初めて聞かれる方にもお薦めです。私は、フィガロは大好きなオペラの一つです。クライバー盤、ジュリーニ盤、クレンペラー盤、ベーム盤(63年来日時ライブ)、ムーティー盤、カラヤン旧盤、マッケラス盤を今まで繰り返し聞いてきました。どれもすばらしいので、本盤を含めすべてお薦めです。

kirakira999 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ザルツブルク音楽祭で上演されたプロダクシ...

投稿日:2008/12/12 (金)

ザルツブルク音楽祭で上演されたプロダクションを基に再録音されたと聞いて当時大いに期待したが、不満が残る結果に終わった。カラヤンのせかせかとしたテンポのせいで、ゆとりや典雅さが失われている。加えて男声陣が総じてしめりがちなのが残念。それでも女声陣や特にオーケストラには魅力を感じるし、良いところも少なくないのだが、もっとカラヤンならできただろうと思えて仕方がない。

コッペリウス さん | さいたま市 | 不明

1
★
★
★
★
★
極限まで磨き抜かれた演奏。膨大なカラヤン...

投稿日:2003/10/23 (木)

極限まで磨き抜かれた演奏。膨大なカラヤンの録音の中でも、特に洗練の傾向が強い。オーケストラ、歌手、合唱、すべての要素が知的な統率の中にあり、その範囲内で最大限の美感を発揮している。総合的に聴き手に訴えるカラヤンの手法が強く表れた演奏。都会的で華やかな雰囲気が漂っている。録音良好。

ボール犬 さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品