モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

交響曲集(第21番〜41番) ヨーゼフ・クリップス

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCP3456
組み枚数
:
6
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

20世紀の巨匠シリーズ
ヨーゼフ・クリップス(1902-1974)の芸術

UCCP3456
モーツァルト:交響曲第21番〜41番
戦後のウィーンの音楽復興に大きく貢献したウィーン生まれの名指揮者クリップスの、デッカとフィリップスに残された録音を集大成したシリーズ。
 クリップスが最晩年にフィリップス・レーベルに残したモーツァルトの交響曲集を集大成。クリップスがいかに優れたモーツァルト指揮者であったかを窺い知ることのできるCDと言えます。(ユニバーサル・ミュージック)

モーツァルト:
・交響曲第21番イ長調 K.134
・交響曲第22番ハ長調 K.162
・交響曲第23番ニ長調 K.181
・交響曲第24番変ロ長調 K.182
・交響曲第25番ト短調 K.183
・交響曲第26番変ホ長調 K.184 (序曲)
・交響曲第27番ト長調 K.199
・交響曲第28番ハ長調 K.200
・交響曲第29番イ長調 K.201
・交響曲第30番ニ長調 K.202
・交響曲第31番ニ長調 K.297『パリ』
・アンダンテ K.297(第31番『パリ』第2楽章の初版)
・交響曲第32番ト長調 K.318
・交響曲第33番変ロ長調 K.319
・交響曲第34番ハ長調 K.338
・交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』
・交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
・交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』
・交響曲第39番変ホ長調 K.543
・交響曲第40番ト短調 K.550
・交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 録音:1972年6月 (交響曲 31: アンダンテ, 35, 39-41)、1972年11月(交響曲 31, 38)
 1973年6月(交響曲 22, 23, 25, 29, 30, 32, 33, 36)、1973年9月(交響曲 21, 24, 26-28, 34)

内容詳細

穏健派クリップスが晩年に行き着いた、力の抜けきったモーツァルト。ベームの晩年のような衰えとは少し違う。特に後期の交響曲が異色である。無難さに違和感を覚える人もあろうが、田舎のゆったりした時間の流れのような演奏はそれなりの味わいが。(哉)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
29
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 地味ながらもモーツアルトの交響曲集とし...

投稿日:2015/05/05 (火)

 地味ながらもモーツアルトの交響曲集としては不動の位置を占めている名盤。コンセルトヘボウの暖かい響きに乗せてクリップスの作曲者への共感溢れる指揮ぶりが肌で実感できる演奏です。重すぎも軽すぎもしないし、テンポも抜群に良い。昔クリップスがサンフランシスコ響と来日した際に聴いた39〜41番の交響曲の演奏会が思い出されます。オケは必ずしも好調とは言い難かったが、クリップスの慈しむような楽しそうな指揮が印象的でした。クリップスでは、ベートヴェンの全集、チャイコフスキーの5番(第2楽章でのウイーンフィルのホルンが抜群です)とともに、最も聴くことの多いCDです。

KEY さん | 神奈川県 | 不明

4
★
★
★
★
★
名盤といわれながら、これまでなぜか敬遠し...

投稿日:2014/10/12 (日)

名盤といわれながら、これまでなぜか敬遠して聞いていなったのが本当に悔やまれる、生粋ウィーンは生まれながらにセンスが違うのだろうか。改めて聞いてみたがこれほど粋で洗練されたMozartは類を見ない。自分の耳が確かなのか些か不安で、これを機にトスカニーニ、ワルター、フルトヴェングラー、フリッチャイ、シューリヒト、クレンペラー、ベーム、クーベリック、チェリビダッケ、スイトナー、など改めて聞き比べてみたが、この演奏が持つ洗練度合と品格の高さは、曲の別を問わず別格である。曲を借りて何等かのイメージを再現するかのような偏りから一切自由で、音楽の喜びと生まれたての躍動感に溢れ、モーツアルトの天分を再現した理想の盤だと思う、今回聞き比べたところ、クレンペラー・ニューフィルハーモニアの後期交響曲集の味わいが一番近かったのは意外だった。いつもモーツアルトの交響曲を巨大なコンサートホールで聞くときに違和感があったが、今回このアルバムとクレンペラーを聞いて、なるほどと合点がいった。

ドレクスラー さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
Philips が Decca に吸収されて消滅したた...

投稿日:2014/09/20 (土)

Philips が Decca に吸収されて消滅したために音の傾向ががらりと変わってしまったのは仕方ないとしても、この Mozart だけは Philips の方がまろやかで良かったなぁ。Decca のリマスターにより残響が取り去られてすっきりし、ピラミッド型のどっしりした響きになり、音に芯が出てきた。力強さは増したが、芳醇でとろけるような柔らかな響きは失われてしまった。演奏は、現代的なものに背を向け、鄙びた味わいが際立つ。悪く言えば、時代遅れのゆるくて退屈な演奏と切り捨てる御仁もいよう。しかし、今時こんなに典雅でほんわかした Mozart が聴けること自体が奇跡であろう。これが録音された当時は古めかしくてどうってことない演奏だったのだろうが、今となっては古き良き時代のスタイルを今に留めた貴重な遺産と言え、よくぞ録音してくれましたと感謝したい。これだけを聴くことは Mozart 像がいびつになってしまう虞があるが、名盤の一つとして聴き継がれて行くべき演奏だと思う。優雅で美しく幸せな気分になれる Mozart ですよ。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品