CD 輸入盤

交響曲第35番、第36番、第38番、第41番、『ポストホルン』 オイゲン・ヨッフム、エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム、コンセルトヘボウ管弦楽団(2CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4828414
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドイツとオランダの二人の巨匠によるモーツァルトの歴史的名演

1956年5月録音の『ポストホルン』セレナードは、エドゥアルド・ヴァン・ベイヌムが晩年にコンセルトヘボウ管弦楽団と行った遺産ともいうべき演奏です。そして、その古典音楽の録音の伝統を踏襲しているオイゲン・ヨッフムのモーツァルトには、快活さ、雄大さがあり、後期交響曲、中でも特に『リンツ』はドイツの伝統における歴史的名演です。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

モーツァルト:
1. 交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』
2. 交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
3. 交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』

Disc2
4. 交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
5. セレナード第9番ニ長調 K.320『ポストホルン』

 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 オイゲン・ヨッフム(指揮:1-4)
 エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム(指揮:5)

 録音時期:1956年5月22,23日(5)、1960年12月15-19日(1,4)、1961年12月11-13日(2,3)
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(1-4)、モノラル(5)/セッション
 制作レーベル:PHILIPS

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品