モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲全集、管楽器のための協奏曲集 ヴェルヘイ(vn)マルトゥレット&コンセルトヘボウ室内管、他(7CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRL92265
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD

商品説明

モーツァルト:協奏曲集(7CD)
ヴァイオリン協奏曲集、管楽器のための協奏曲集
CD1
CLARINET CONCERTO in A major KV 622
CONCERTO for Flute, Harp & Orchestra in C major KV 299

Harmen de Boer, clarinet (1-3) Nieuw Sinfonietta Amsterdam, Lev Markiz (1-3) Marc Grauwels, flute
(4-6) Giselle Herbert, harp (4-6) Les Violons du Roy, Bernard Labadie (4-6)
Recording: Muziekcentrum Frits Philips, Eindhoven, 1994
Licensed from AVRO (1-3)
DDD 54’26

CD2
FLUTE CONCERTO No. 1 in G major KV 313
ANDANTE for Flute & Orchestra in C major KV 315
FLUTE CONCERTO No. 2 in D major KV 314
RONDO, allegretto grazioso, for Flute & Orchestra in D major KV 373

Peter-Lukas Graf, flute English Chamber Orchestra, Raymond Leppard
Recording: Conway Hall, London, November 1984
Licensed from Claves Records, Switzerland
DDD 60’06

CD3
OBOE CONCERTO in C major KV 314
BASSOON CONCERTO in B flat major KV 191
SINFONIA CONCERTANTE for Oboe, Clarinet, Horn, Bassoon & Orchestra in E flat major KV 297b

1-3:Bart Schneemann, oboe 4-6: Ronald Karten, bassoon 7-9: Bart Schneemann, oboe - Harmen de Boer, clarinet Jacob Slagter, horn - Ronald Karten, bassoon Nieuw Sinfonietta Amsterdam, Lev Markiz
Recording: Muziekcentrum Frits Philips, Eindhoven, 1994
Licensed from AVRO
DDD 66’44

CD4
HORN CONCERTO in E flat major KV 417
HORN CONCERTO in E flat major KV 447
CONCERTO MOVEMENT, allegro, in E major KV 494a Completion: Herman Jeurissen
HORN CONCERTO in D major KV 412
HORN CONCERTO in E flat major KV 370b/371
HORN CONCERTO in E flat major KV 495
From Horn Concerto in D major KV 412: Rondo, allegro, with Mozart’s original text. Voice of Mozart: Giorgio Mereu

Herman Jeurissen, horn Netherlands Chamber Orchestra, Roy Goodman
Recording: 20-23 November 1996, Beurs van Berlage, Amsterdam
Licensed from Olympia, UK
DDD 79’22

CD5
VIOLIN CONCERTO No. 1 in B flat major KV 207
VIOLIN CONCERTO No. 2 in D major KV 211
VIOLIN CONCERTO No. 3 in G major KV 216

Emmy Verhey, violin Concertgebouw Chamber Orchestra, Eduardo Marturet
Recording: Muziekcentrum Enschede, The Netherlands, 1989
Licensed from Channel Classics
DDD 66’30

CD6
VIOLIN CONCERTO No. 4 in D major KV 218
VIOLIN CONCERTO No. 5 in A major KV 219
ADAGIO in E major KV 261
RONDO in B flat major KV 269
RONDO in C major KV 373

Emmy Verhey, violin Concertgebouw Chamber Orchestra, Eduardo Marturet
Recording: Muziekcentrum Enschede, The Netherlands, 1989
Licensed from Channel Classics
DDD 72’06

CD7
SINFONIA CONCERTANTE for Violin, Viola & Orchestra in E flat major KV 364
CONCERTONE for 2 Violins & Orchestra in C major KV 190

1-3: Gil Sharon, violin Yuri Gandelsman, viola Amati Chamber Orchestra, Gil Sharon
4-6: Anna & Guido Höbling, violin Slovak Chamber Orchestra, Bohdan Warchal
Recording: Kerkrade, The Netherlands, 1996

4-6: Licensed from OPUS
DDD 54’34

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Boer, Harmen De - Konzert Fuer Klarinette Und Orch
  • 02. 1. Allegro
  • 03. 2. Adagio
  • 04. 3. Rondo: Allegro
  • 05. Grauwels, Marc - Konzert Frue Flote, Harfe Und Orc
  • 06. 1. Allegro
  • 07. 2. Andantino
  • 08. 3. Rondeau: Allegro

ディスク   2

  • 01. Graf, Peter-lukas - Konzert Fuer Flote Und Orchest
  • 02. 1. Allegro Maestoso
  • 03. 2. Adagio Non Troppo
  • 04. 3. Tempo Di Menuetto
  • 05. Graf, Peter-lukas - Andante Fuer Flote Und Orchest
  • 06. Graf, Peter-lukas - Konzert Fuer Flote Und Orchest
  • 07. 1. Allegro Aperto
  • 08. 2. Andante Ma Non Troppo
  • 09. 3. Allegro
  • 10. Graf, Peter-lukas - Rondo: Allegretto Grazioso Fue

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
玉石混交の7枚組、評価に苦しむ。悪い方か...

投稿日:2010/12/30 (木)

玉石混交の7枚組、評価に苦しむ。悪い方から書く。CD1のフルートとハープの協奏曲:独奏の音が歪んでいて聴くに堪えない。デジタル録音の時代にありえない(あるいは、デジタルだからこその?)技術上のミスが介在していると思われる。CD5と6のヴァイオリン協奏曲:演奏は悪くないのだが音が硬い。技術上のミスというよりミキシングエンジニアの趣味の問題なのか。よって、以上の曲集を期待しての購入はお薦めできない。CD2のフルート協奏曲:演奏はすばらしい。独奏フルートの音をひろうマイクがやや遠く、独奏がオーケストラの音に埋没ぎみな点に評価が分かれるだろう。CD1のクラリネット協奏曲、CD3のオーボエ、バスーン協奏曲:演奏、録音ともに満足のいく出来である。現代楽器、小編成の腕の良い奏者たちがピリオド奏法を取り入れて繰り広げる活きの良い演奏。ただし、クラリネットはバセットクラリネットではなく通常の楽器。クリアーさとまろやかさが両立した秀逸な録音。ベームがウィーンフィルの独奏者を起用した20世紀の名盤と合わせて持つ価値がある。CD3の管楽器の協奏交響曲、CD7の弦楽器の協奏交響曲:演奏、録音ともに第一級の出来。ベームがベルリンフィルの独奏者を起用した20世紀の名盤と並聴できる、新感覚の室内楽編成の名盤と言って過言ではない。CD4のホルン協奏曲:必聴の名盤。通常録音されない楽章や断片までを研究、復元した努力を讃えたい。演奏も乗りに乗っている。録音良し。何と、モーツァルトが楽譜の余白に書き込んだふざけた言葉を演奏に合わせて朗読したトラックまで付いている。モーツァルトの声がジジくさいのが残念であるが。以上を総じて、値段が下がった現時点で、ぜひ購入しておくことをお薦めできるセットである。

ニャンコ先生 さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
誰もレビューを書かないので書きますが、な...

投稿日:2010/04/03 (土)

誰もレビューを書かないので書きますが、なにか若々しさが伝わる作品集です巨匠の演奏や評価の定まっている演奏を聴くだけじゃつまらないじゃないですか、録音良し、演奏は水準以上、価格が安い、なにせもともとの曲があまりにも美しい。

タンノイおやじ さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト