CD 輸入盤

モーツァルト・コンサート・イン・ウィーン ライトナー/ウィーンモーツァルトO

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550867
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Le nozze di Figaro, K 492: Overture
  • 02. Le nozze di Figaro, K 492: Non piu andrai farfallone amoroso
  • 03. Le nozze di Figaro, K 492: Giunse alfin il momento...Deh vieni, non tardar
  • 04. Le nozze di Figaro, K 492: Crudel, perche finora
  • 05. Concerto for Piano no 23 in A major, K 488: 2nd movement, Adagio
  • 06. Concerto for Piano no 23 in A major, K 488: 3rd movement, Allegro assai
  • 07. Symphony no 40 in G minor, K 550: 1st movement, Molto allegro
  • 08. Die Zauberflote, K 620: Der Holle Rache
  • 09. Serenade no 9 in D major, K 320 "Posthorn": Menuet
  • 10. Concerto for Clarinet in A major, K 622: 2nd movement, Adagio
  • 11. Die Zauberflote, K 620: Der Vogelfanger bin ich ja
  • 12. Die Zauberflote, K 620: Tamino/Pamina mein! O welch' ein Gluck
  • 13. Premier livre de pieces de clavecin: no 1, Prelude in A minor

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
コンラート・ライトナー指揮、ウィーン・モーツァルト管弦楽団によ...

投稿日:2016/08/10 (水)

コンラート・ライトナー指揮、ウィーン・モーツァルト管弦楽団によるモーツァルトの名曲集。 この手のアルバムは大体色々な音源の寄せ集めが大半ですが、この盤は全て新規に録音された物です。 演奏者はなかなか聞かない団体ですが、1986年に結成され、現在もウィーンで活躍しているそうで、なんといってもモーツァルトの時代の衣装で演奏しているそうです(CDのジャケットにも写真が載っています) 当時のオーケストラに合わせて小さな編成で、小気味良く、なかなか聴けます。 ピアノ協奏曲第23番ではライトナー自身がピアノを弾いており、弾き振りとなっています。 その他ドンナ・ロビン、アンドレア・マーティンの2人の歌手によるオペラからのナンバーもあります。 録音は1990年、当時のナクソスによくある表情的な音質です。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品