モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

ピアノ・ソナタ第8(9)番、第10番、第11番 ピリス

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCO70696
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8(9)番 ニ長調 K.311(284c)
・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330(300h)
・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331(300i) 《トルコ行進曲つき》
*ソナタの通し番号は新モーツァルト全集によっています。()内は旧モーツァルト全集によるものです。

マリア・ジョアオ・ピリス(ピアノ)

録音:1974年(デジタル)
レコ芸推薦

人気の高いハ長調K.330とイ長調K.331を含むアルバム。ときおりみせる抜けるような柔らかいpp、ピリスの心から感じきった演奏が聴くものにじわりとしみわたります。

内容詳細

《CREST1000》シリーズ第3回発売からの1枚。30歳の時に録音した最初の全集からの分売。人気作「トルコ行進曲付き」を含むアルバム。時代様式を意識した柔らかなタッチが魅力。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ピリスのモーッアルト・ピアノソナタには一...

投稿日:2009/10/25 (日)

ピリスのモーッアルト・ピアノソナタには一般的には旧盤DEONON,新盤DGの二種あって代表選手として有名なK331「トルコ行進曲付き」で聴きますと彼女の30歳と若かりし1974年録音分はタイム@14’37A6’22B4’28であり、50歳近くになっての1990年録音盤は@14’13A5’45B3’40となっております。偶々私はクラウスの同曲についてレビューを書き込んだ手元メモを見ますと若い頃(若いと言っても甚だ?)のものは@13’33A5’46B3’17で約十年後の録音分は@11’57A5’37B3’10となっており、このピリスのレビューを書く際思い出し比較してみました。勿論両者には何の脈絡もありませんが全体にどちらも旧録より新録の方がタイム的に短くなってきていることに年とってくるとセッカチになるのかなとも・・・。ピリスの旧盤は有名な第3楽章におけるゆったりしたテンポは実にある意味新鮮で当時ボーイシュな容姿の彼女(本盤ジャケットにもある様に)も中々魅力的でした。今はDGに移籍して久しくモーッアルトその他で夫君のデュメイと組んでの熟年魅力盤を聴く一方ですが単に若さにまかせずの丁寧な演奏の旧盤も懐かしいですね。

1
★
★
★
★
★
ピリスの美しく夢見るようなピアノの音の粒...

投稿日:2005/07/16 (土)

ピリスの美しく夢見るようなピアノの音の粒が転がっていく様がとても素敵です。ロマンティックな一枚。

たけちゃん さん | 福島県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ベヒシュタインのピアノを用いたダルベルトのフォーレ 洒脱な感性、作品と作曲家への深い考察、そしてそれらを音で表現するテクニックを併せ持つダルベルトが、美しい横の線(メロディ)と密度の濃い和声が織りなすフォーレ作品の世界を見事に解き明かします。 ローチケHMV|1日前
  • リヒテルのガーシュウィンがリマスター&プライスダウン 収録会場は、シュヴェツィンゲンのロココ劇場。南西ドイツ放送収録による録音は、小ホールの密度の高い音を再現するもので、リヒテルのピアノとシュトゥットガルト放送交響楽団の共演を心地よく聴かせてくれます。 ローチケHMV|4日前
  • 渡辺玲子/Air & Dance on Violin 19世紀末のウィーンを出発し、華麗な音色と卓抜した運弓をもって銘器デル・ジェスを駆使した「歌と踊り」は、近代欧州を俯瞰する一大絵巻です。 ローチケHMV|6日前
  • 伊藤恵のショパン:24の前奏曲、シューマン:クライスレリアーナ 円熟のピアニズムと音楽性で奏でられ、第70回文化庁芸術祭優秀賞、第53回レコード・アカデミー賞を受賞した『シューベルト ピアノ作品集 6』に続くアルバム。 ローチケHMV|6日前
  • 名手オールソンによるスクリャービン第2弾 1970年のショパン国際コンクールの覇者、米国のピアニスト、ギャリック・オールソン(ちなみに2位は内田光子でした)がスクリャービンのソナタ全集を録音。 ローチケHMV|2017年3月15日(水)
  • ディナースタイン/モーツァルト・イン・ハバナ シモーネ・ディナースタインとキューバとの直接的な関係は、彼女の師でありハバナ出身のピアニスト、ソロモン・ミコウスキーが、2014年ハバナでの音楽フェスティバルを発足させ、彼女を演奏に招待したことでした。 ローチケHMV|6日前

おすすめの商品