CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 マリア・ジョアン・ピリス(6CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775200
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集
マリア・ジョアン・ピリス

モーツァルトのピアノ・ソナタの定番とされてきたピリスのソナタ集がスリムになってお買得になりました。
 ピリスにとって2度目となるモーツァルトのソナタ全集。DENONにレコーディングした前回の全集は1974年におこなわれており、これは15〜16年ぶりの録音ということになります。
 DENONの全集は、ピリスの「モーツァルトの第一人者」としての地位の確立に多大に貢献するものでしたが、このドイツ・グラモフォンの録音ではより深く大きな広がりを持った演奏を聴かせています。

【収録情報】
モーツァルト
CD1
・ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調 K.279(189d)
・ピアノ・ソナタ 第2番 ヘ長調 K.280(189e)
・ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 K.281(189f)

CD2
・ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 K.282(189g)
・ピアノ・ソナタ 第5番 ト長調 K.283(189h)
・ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 K.284(205b)

CD3
・ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309(284b)
・ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調 K.311(284c)
・ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310(300d)

CD4
・ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330(300h)
・ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331(300i) 『トルコ行進曲付き』
・ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332(300k)

CD5
・ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333(315c)
・幻想曲 ハ短調 K.475
・ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457

CD6
・ピアノ・ソナタ 第18番 ヘ長調 K.533/494
・ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 K.545
・ピアノ・ソナタ 第16番 変ロ長調 K.570
・ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 K.576

 マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)

 録音:1989-1990年(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ソナタ ハ長調 K.279(189d)[第1番] 第1楽章: Allegro
  • 02. ソナタ ハ長調 K.279(189d)[第1番] 第2楽章: Andante
  • 03. ソナタ ハ長調 K.279(189d)[第1番] 第3楽章: Allegro
  • 04. ソナタ ヘ長調 K.280(189e)[第2番] 第1楽章: Allegro Assai
  • 05. ソナタ ヘ長調 K.280(189e)[第2番] 第2楽章: Adagio
  • 06. ソナタ ヘ長調 K.280(189e)[第2番] 第3楽章: Presto
  • 07. ソナタ 変ロ長調 K.281(189f)[第3番] 第1楽章: Allegro
  • 08. ソナタ 変ロ長調 K.281(189f)[第3番] 第2楽章: Andante Amoroso
  • 09. ソナタ 変ロ長調 K.281(189f)[第3番] 第3楽章: Rondeau.allegro

ディスク   2

  • 01. ソナタ 変ホ長調 K.282(189g)[第4番] 第1楽章: Adagio
  • 02. ソナタ 変ホ長調 K.282(189g)[第4番] 第2楽章: Menuetto 1-menuetto 2-menuetto 1
  • 03. ソナタ 変ホ長調 K.282(189g)[第4番] 第3楽章: Allegro
  • 04. ソナタ ト長調 K.283(189h)[第5番] 第1楽章: Allegro
  • 05. ソナタ ト長調 K.283(189h)[第5番] 第2楽章: Andante
  • 06. ソナタ ト長調 K.283(189h)[第5番] 第3楽章: Presto
  • 07. ソナタ ニ長調 K.284(205b)[第6番](「デュルニッツ・ソナタ」) 第1楽章: Allegro
  • 08. ソナタ ニ長調 K.284(205b)[第6番](「デュルニッツ・ソナタ」) 第2楽章: Rondeau En Polonaise.andante
  • 09. ソナタ ニ長調 K.284(205b)[第6番](「デュルニッツ・ソナタ」) 第3楽章: Andante 主題|ソナタ ニ長調 K.284(205b)[第6番](「デュルニッツ・ソナタ」) 第3楽章: A

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
25
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ついに待ち望んでいた理想のMozartに出会い...

投稿日:2017/10/15 (日)

ついに待ち望んでいた理想のMozartに出会いました。最高です。最高です。 ピレシュは宇宙に漂う音楽を自ら掴み取って我々に提示してくれたのだ。そう思えてなりません。  ソナタ8番イ短調から。しばらくして目頭が熱くなって、胸の奥がすくように何かが走りました。全集でショパンを聴いたときと同じ体験をここでもまたするとは。そのまま歔欷していました。解釈等は旧録と同じようでいて、こちらのほうが自在です。自由なドライブ感が漂います。しかし独りよがりとはおよそ違う、確固とした普遍的妥当性そのものです。自然な音楽、ただただ自然に流れていく音楽。そして風、大気、漂う緑の香り、夕暮れの香り。あるいは風にそよぐ草木の音、音、音。疲れません。心が掴み取られたまま離してくれません。とうとう全曲通して聴いてしまいました。こんなことは初めてです。全曲を聴きとおすなんて。  長く音楽に親しんできて本当に良かったと思います。心から思います。これを書きながら今も感動が体の芯から湧き上がり、震えてきます。素晴らしい音楽がここにあります。

maruno さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
本当に素晴らしいモーツアルトのピアノソナ...

投稿日:2013/08/17 (土)

本当に素晴らしいモーツアルトのピアノソナタです。 暑い夏でも部屋で聴いているとひんやりとした気持ちになります。 例えると、東洋の陶器を思わせるような音です。 モーツアルトのピアノソナタの購入をお考えの方はお薦めします。 ありがとうございました。

5
★
★
★
★
★
バックハウスやラローチャあたりを聴いてい...

投稿日:2013/02/25 (月)

バックハウスやラローチャあたりを聴いていましたが、ピリスのものは、新感覚の現代的なモーツァルトと言えます。これまでのモーツァルトのようにかたくなく、ロマン派の作品かと思うような弾き方です。初期の作品も面白く、ロマンティクに響きます。おしゃれなモーツァルトです。モーツァルトって、本来こんな感じだったかもしれません。現代にもつながるイージーリスニングのようにも感じます。しばらくは、これ以上楽しめる全集は登場しないのではないでしょうか。過去の巨匠たちの演奏が退屈に聞こえてしまいます。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト