モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD

『魔笛』全曲 オットー・クレンペラー&フィルハーモニア管弦楽団、グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ルチア・ポップ、他(1964 ステレオ)(2SACD)(シングルレイヤー)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPGS10004
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

モーツァルト:『魔笛』全曲(2SACD)(シングルレイヤー)
グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ルチア・ポップ
オットー・クレンペラー&フィルハーモニア管弦楽団


『魔笛』という作品の奥深さ・可能性をいろいろと体感させてくれる演奏。舞台の無いレコードでは必要無いと、台詞を全部カットした結果、モーツァルトの音楽が連続することとなり、それぞれの曲が切れ目なしに続々登場するのは、雰囲気の持続という意味合いでもやはり効果的。
さらにそこで示されるクレンペラーの解釈もユニークで、通常コミカルな“フムフム...”といった曲でさえ、実に美しい響きと複合的な構造を持つことを如実に知らしめてくれるあたり、まさに比類がありません。
歌手陣も粒揃いで、共にデビュー間もなかったルチア・ポップの可憐な夜の女王に、ヤノヴィッツのどこまでも透明なパミーナ、こわいほどの迫力を備えたフリックのザラストロに、ゲッダによる端正なタミーノ、ベリーの愉快なパパゲーノ等々。侍女にまでシュワルツコップ、ルートヴィヒ、ヘフゲンというのような豪華なキャスティングはまさに超ド級。
余談ながら、このようなキャスティングとヘヴィーな演奏により、近年の演出でときおりみられる“夜の女王側=善”、“ザラストロ側=悪”という雰囲気が濃厚に感じられるのもこの録音の大きな特徴といえ、多層的な意味合いを持つとされる『魔笛』の様々な面が示された演奏としても、その価値には大きなものがあると思います。(HMV)

オペラ録音では強力無比の絶対的カタログの豊富さを誇る、旧EMI音源から選りすぐった、名演、名録音の名盤オペラを24bit/96KHzでリマスターした音源ソースによりSACDシングルレイヤー化。歌詞対訳付き。(メーカー資料より)

【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『魔笛』全曲(台詞省略版)

 ニコライ・ゲッダ(タミーノ)
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(パミーナ)
 ヴァルター・ベリー(パパゲーノ)
 ルチア・ポップ(夜の女王)
 ゴットロープ・フリック(ザラストロ)
 フランツ・クラス(弁者)
 エリーザベト・シュヴァルツコップ(第1の侍女)
 クリスタ・ルートヴィヒ(第2の侍女)
 マルガ・ヘフゲン(第3の侍女)
 ルート=マルグレット・ピュッツ(パパゲーナ)
 ゲルハルト・ウンガー(モノスタトス)
 カール・リープル(第1の武者)
 フランツ・クラス(第2の武者)
 ゲルハルト・ウンガー(第1の僧侶)
 フランツ・クラス(第2の僧侶)
 アグネス・ギーベル(第1の少年)
 アンナ・レイノルズ(第2の少年)
 ジョゼフィン・ヴィージー(第3の少年)
 フィルハーモニア合唱団(コーラス・マスター:ヴィルヘルム・ピッツ)
 フィルハーモニア管弦楽団
 オットー・クレンペラー(指揮)

 録音時期:1964年3月、4月
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 歌詞対訳付

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 序曲 (オーケストラ)
  • 02. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 助けてくれ! 助けてくれ! (タミーノ、3人の侍女)
  • 03. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 さても、おいらは鳥刺し稼業 (パパゲーノ)
  • 04. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 この絵姿の心奪う美しさは (タミーノ)
  • 05. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 おお、恐れることはない、愛する若者よ! (夜の女王)
  • 06. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 フム! フム! フム! (パパゲーノ、タミーノ、3人の侍女)
  • 07. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 かわいい鳩ポッポちゃん、こっちへはいんな! (モノスタトス、パミーナ、パパゲーノ)
  • 08. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 恋を感じるほどの男には (パミーナ、パパゲーノ)
  • 09. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 この道がおん身を目的に導くでしょう (3人の少年、タミーノ、弁者、声)
  • 10. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 お前の魔法の調べはなんと力強いのだろう (タミーノ)
  • 11. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 すばやい足が、とっさの勇気が (パミーナ、パパゲーノ、モノスタトス、奴隷たち)
  • 12. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 心正しい人がみな (パミーナ、パパゲーノ)
  • 13. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 ザラストロ万歳! (合唱、パパゲーノ、パミーナ、ザラストロ)
  • 14. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第1幕 おい、高慢ちきな若いの、こっちへ来い! (モノスタトス、パミーナ、タミーノ、合唱、ザラストロ)

ディスク   2

  • 01. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 司祭たちの行進 (オーケストラ)
  • 02. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 おお、イージスとオジリスよ (ザラストロ、2人の司祭)
  • 03. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 女性のたくらみに心すること (2人の司祭)
  • 04. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 おや? おや? おや? (3人の侍女、パパゲーノ、タミーノ、合唱)
  • 05. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 誰だって恋の喜びは感じる (モノスタトス)
  • 06. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 地獄の復讐が私の心臓の中で煮えたぎっている (夜の女王)
  • 07. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 この神聖な殿堂の中では (ザラストロ)
  • 08. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 私たちはふたたび (3人の少年)
  • 09. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 ああ、私は感じる (パミーナ)
  • 10. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 おお、イージスとオジリスよ (2人の司祭)
  • 11. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 いとしいお方 (パミーナ、ザラストロ、タミーノ)
  • 12. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 かわいい娘か女房が (パパゲーノ)
  • 13. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 まもなく暁の到来を告げて (3人の少年、パミーナ)
  • 14. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 苦難に満ちたこの道をたどる者は (2人の武士、タミーノ、パミーナ)
  • 15. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 私のタミーノ! おお、なんという幸福! (パミーナ、タミーノ、2人の武士、2人の司祭、合唱)
  • 16. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 パパゲーナ! (パパゲーノ、3人の少年)
  • 17. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 パーパーゲーナー!……パーパーゲーノー! (パパゲーノ、パパゲーナ)
  • 18. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 しっ、静かに! (モノスタトス、夜の女王、3人の侍女)
  • 19. 歌劇「魔笛」K620(全曲) 第2幕 太陽の光が (ザラストロ、合唱)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
LPもCDも持っているが、シングルレイヤーを...

投稿日:2017/06/28 (水)

LPもCDも持っているが、シングルレイヤーを買って良かった。音が柔らかいし、一つ一つの楽器がよく聴こえる。逆説的だが、数多くのスキャンダルにまみれたクレンペラーだから、無垢な音楽になるのだろうか。クレンペラーが指揮するマーラーの交響曲やスコットランド、ローエングリンに通じるものがある。確か、クレンペラーの80歳を記念して、当時のEMIが総力を結集して録音したものと思われる。そして、レッグが関わる最後となるもので、録音が始まるとレッグは一切口出しをさせてもらえず、締め出されたらしい。真のオペラファンはセリフなしを好まないのだろうが、真のクラシック音楽好きはセリフを好まない、と言えば反感を買うだろうか。歌詞はメロディのしもべであるならば、音楽のないセリフは要らない。解説の堀内氏は一流のオペラ評論家らしいが、本演奏のLP発売時、同じ曲のベーム盤の方を買って良かった、と自慢げに書いている。この人は一流のオペラ好きで、一流のクラシック音楽評論家ではない、と言いたい。堀内氏は当時の主流はカラヤンで、対抗がベームと書いている。笑止千万。

o.k. さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
 素晴らしい名演。ややゆったり目のテンポ...

投稿日:2017/06/19 (月)

 素晴らしい名演。ややゆったり目のテンポで、微妙な呼吸のとりかた、細部の表現、バランス、見事としか言いようがない。歌手について夜の女王を歌うポップは聞いた中で随一の出来。タミーノ、パパゲーノ、パミーナを歌う、ゲッタ、ワルターベリー、ヤノヴィッツもいい。ザラストロはまあまあ。 気になる弱い箇所なし。台詞の省略も賛成。

プリン さん | 奈良県 | 不明

1
★
★
★
★
★
テンポの遅さはフルトヴェンウラーを思い起...

投稿日:2012/06/04 (月)

テンポの遅さはフルトヴェンウラーを思い起こさせる。両者を聞けばわかるが、クレンペラーは求心形、フルトヴェングラーは求心形であると同時にきわめて開放型だ。だから、聞いた後はフルトヴェングラーの方が充実感がある。クレンペラーも素晴らしいと思うがもう一度聞くならばフルトヴェングラーだ。クレンペラーも情熱は感じられるのだが、内燃形でドッカンという感じではない。それにしてもルチア、ポップの夜の女王のアリアは素晴らしい。台詞のカットは忙しい現代では当然なこととなってほしい。今更老眼鏡をかけて対訳をみながら音楽は聴かない。それに話の筋だってくだらない。前半、中盤はいいが、後半とつながりがきわめて不自然。タミーノはの試練は突然始まって、突然終わり、悟りを得る。なんだこりゃ。変な話。でも音楽は違う。台詞をカットされると、三大交響曲や後期のピアノ協奏曲を連続で聞く感じ。声もその他の楽器のように聞いている。

顕 さん | 岐阜県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品