モー、ニコラス(1935-2009)

人物・団体ページへ

CD

Violin Concerto: Bell, Norrington / Lpo

モー、ニコラス(1935-2009)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCR2498
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ニコラス・モー:ヴァイオリン協奏曲
ジョシュア・ベル(vn)
ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・フィルハーモニック

1996年デジタル録音。多彩な現代音楽シーンの中で、どちらかといえば保守的な位置付けをされる作曲家、ジョン・ニコラス・モーは1935年生まれのイギリス人。彼の作風の特徴は、伝統的なスタイルや枠組みを大切にしながらも、そこに新たな刺激に満ちた楽想を投入してゆくというもので、これまでにもオーケストラ曲、室内楽曲、声楽曲といったジャンルで、聴きやすくしかも個性的な作品を発表してきました(EMIやASV,NIMBUSに)。
 当アルバムに収められた“ヴァイオリン協奏曲”は、旋律楽器としてのヴァイオリンの特性をよく生かしたもので、メロディ・ラインの曲線的かつ重層的な進行がもたらす独特の密度の濃さ、螺旋を思わせる造型の妙が魅力的な作品です。
 ジョシュア・ベルのヴァイオリンは美しい音色が際立つみごとなもので、ノリントン指揮するロンドン・フィルを背景に、目の詰んだ演奏を展開しています。

内容詳細

モーは1935年イギリス生まれ。93年に書かれたこの作品はブラームスのような濃密なロマンティシズムに貫かれた大作で、19世紀までの伝統を次世紀に向けて蘇らせようとするかのようだ。初演者のベルがヨアヒム所有のストラディで演奏するのも何かの因縁?(直)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

協奏曲 に関連する商品情報

  • スイス・ピアノ・トリオ/ベートーヴェン:三重協奏曲、他 1998年に結成され、数々のコンクール受賞歴を誇る実力派のスイス・ピアノ・トリオによるベートーヴェンのピアノ三重奏曲の全曲録音シリーズ。第5集にはトリプル・コンチェルトを含む作品を収録しております。 HMV&BOOKS online|5日前
  • 新マスターによるリパッティのシューマン:ピアノ協奏曲 『ウルトラセブン』最終回で流れたことでも有名なリパッティ、カラヤン&フィルハーモニア管のシューマン:ピアノ協奏曲が、オリジナルアナログマスターテープよりDSD11.2MHz化した新マスターを使用し、UHQCD、SACDシングルレイヤー化。 HMV&BOOKS online|2018年8月7日(火)
  • 庄司紗矢香/ベートーヴェン、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲録音を完成させた庄司紗矢香が、2020年のベートーヴェン生誕250年を先取りし、遂にベートーヴェンの協奏曲を録音。カデンツァは庄司紗矢香オリジナル。カップリングはこちらも人気曲のシベリウスです。 HMV&BOOKS online|2018年8月3日(金)
  • ポール・ワトキンス/フィンジ:チェロ協奏曲、他 SACDハイブリッド盤。ナッシュ・アンサンブルのチェリストとして活躍し、現在はエマーソン弦楽四重奏団のメンバー、そして指揮者として活動するポール・ワトキンスが、アンドルー・デイヴィスの指揮で、ジェラルド・フィンジの大作『チェロ協奏曲』を録音。 HMV&BOOKS online|2018年8月1日(水)
  • ロルティ/サン=サーンス:ピアノ協奏曲第1番、第2番、第4番 ルイ・ロルティがエドワード・ガードナーとサン=サーンスのピアノ協奏曲全集録音を始動。第1弾は、第1番・第2番・第4番です。 HMV&BOOKS online|2018年8月1日(水)
  • トリフォノフ/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2、4番、他 ダニール・トリフォノフの最新盤は、ラフマニノフのピアノ協奏曲全曲録音シリーズの第1弾。第2番、第4番と、ラフマニノフがピアノ独奏用に編曲したバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータからプレリュード/ガヴォット/ジグを収録。 HMV&BOOKS online|2018年8月1日(水)

おすすめの商品