モンテヴェルディ(1567-1643)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

Vespro Della Beata Vergine: Alessandrini / Concerto Italiano, Etc

モンテヴェルディ(1567-1643)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OP30403
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

完璧なアンサンブルが織り成す天上の美しさ
アレッサンドリーニ/モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り

音楽史上の偉大な巨人、クラウディオ・モンテヴェルディの傑作の中でも、とりわけ彼の革新的表現意欲が明確に示された傑作として名高いのがこの「聖母マリアの夕べの祈り」。演奏至難な上に規模も巨大という途方もない作品が故に、多くの演奏家を惹き付け続けています。そしてついに登場したのが御存知リナルド・アレッサンドリーニ。かつてまだ30歳そこそこの時に画期的なモンテヴェルディのマドリガーレ集を立て続けにリリース、その完成度の高さで世界中をアッと言わせたアレッサンドリーニだけに、それから十年を経て成熟したこの録音の充実振りはたいへんなもの。生まれて初めてイタリアの大伽藍を仰いで、あまりの壮麗さにひっくり返りそうになった時の感動がこの2枚のCDの中にもあるのです。驚くべきことに、この録音では合唱団を用いておらず、歌手は全てソリスト。しかも、歌っている人たちは全員、いずれも古楽界のスター歌手ばかり。ピタッと合わさった彼らの完璧なアンサンブルは、たとえようのない想像を絶する美しさ!録音も優秀で、オペラ『トスカ』の舞台として知られる「パラッツォ・ファルネーゼ」の音響をバランス良く取り込み、この曲に求められる最上の音質に仕上がっています。ここにまた一つ、モンテヴェルディの『聖母マリアの夕べの祈り』のベスト盤が誕生したのです。




・モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り
 ロベルタ・インヴェルニッツィ(S)
 モニカ・ピッチニーニ(S)
 アンナ・シンボリ(S)
 サラ・ミンガルド(A)
 フランチェスコ・ゲラルディーニ(CT)
 ヴィンツェンツォ・ディ・ドナート(T)
 ルカ・ドルドロ(T)
 ジャンルカ・フェラリーニ(T)
 ピエトロ・スパニョーリ(Br)
 フーリオ・ザナージ(Br)
 アントーニオ・アベーテ(Bs)
 ダニエレ・カルノヴィチ(Bs)
 コンチェルト・イタリアーノ
 リナルド・アレッサンドリーニ(指)

録音:2004年4月,ローマ,ファルネーゼ宮殿

収録曲   

ディスク   1

Monteverdi:Vespro della beata vergine

  • 01. responsorium domine ad adiuvandum me festina 2:15
  • 02. psalmus 109. dixit dominus 7:17
  • 03. concerto nigra sum 3:21
  • 04. psalmus 112. laudate pueri 6:50
  • 05. concerto pulchra es 4:28
  • 06. psalmus 121. laetatus sum 7:25
  • 07. concerto duo seraphim 5:31
  • 08. psalmus 126. nisi dominus 4:42
  • 09. concerto audi coelum 8:25

ディスク   2

  • 01. psalmus 147. lauda jerusalem 4:31
  • 02. sonata sopra sancta maria 5:43

Monteverdi:Ave maris stella

  • 03. Hymnus à 8 7:27

Monteverdi:Magnificat [ I ] - a sette voci & sei strumenti

  • 04. magnificat 1:02
  • 05. et exultavit 1:19
  • 06. quia respexit 2:02
  • 07. quia fecit 1:14
  • 08. et misericordia 2:16
  • 09. fecit potentiam 0:54
  • 10. deposuit potentes 2:16
  • 11. esurientes 1:18
  • 12. suscepit israel 1:22
  • 13. sicut locutus est 0:53
  • 14. gloria patri 2:09
  • 15. sicut erat 2:04

Monteverdi:Magnificat [ II ] - a 6. voci

  • 16. magnificat 1:32
  • 17. et exultavit 1:20
  • 18. quia respexit 1:16
  • 19. quia fecit 2:14
  • 20. et misericordia 1:28
  • 21. fecit potentiam 0:50
  • 22. deposuit potentes 1:54
  • 23. esurientes 0:59
  • 24. suscepit 2:20
  • 25. sicut locutus 1:06
  • 26. gloria patri 2:22
  • 27. sicut erat 1:28

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
自分の深く尊敬する音楽評論家M氏の表現を...

投稿日:2010/08/28 (土)

自分の深く尊敬する音楽評論家M氏の表現を借りれば、まさにこれは「Monteverdiの心をすくいとったような」名演。遥か400年前の巨大な作品が、これほどに隅々まで生き生きと必然性を持って蘇ったことは無いのではないでしょうか。Concerto Italianoの演奏は、古いConsort of Musickeなどに比較すると対位法的な精密さでは一歩譲るとしても、とにかくこんなに歌と喜びに満ちあふれ、しかもそれがすべて聖母マリアを褒め称える目的のみに奉仕するVesproは、自分の知る限りでは有りません。ルネサンス音楽から脱皮して人間の素直な感情の発露へと、歴史を切り開いて行ったMonteverdiの心がまざまざと実感できます。イタリア人でなければなし得なかった演奏かもしれませんが、美しく喜びに満ちあふれた、光り輝く名盤です。歴史的なM.Corboz盤に唯一、匹敵するのではないかと思います。西洋音楽をお聴きになる方なら、(値段はやや高いですが)是非とも一度は触れて頂きたいですね。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
いつかシモーネ・マルティーニを見にシエナに行ってみよ...

投稿日:2008/03/20 (木)

いつかシモーネ・マルティーニを見にシエナに行ってみよう。

fuka さん | 横浜 | 不明

1
★
★
★
★
★
私が最初に耳にしたのはシュナイト盤でした...

投稿日:2005/08/22 (月)

私が最初に耳にしたのはシュナイト盤でした。その素朴で無垢な美しい音楽に聞き惚れました。それ以来、機会があるごとにモンテヴェルディのこの曲には注目していましたが、今回のアレッサンドリーニ盤はまさに自分自身にとって決定盤となりました。見事なまでの完成度。合唱の素晴らしさ。もはやこれ以上望むことは不可能なのでは。

KURO さん | 福岡 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モンテヴェルディ(1567-1643)

If one were to name the composer that stitches the seam between the Renaissance and the Baroque, it would likely be Claudio Monteverdi -- the same composer who is largely and frequently credited with making the cut in the first place. The path from his earliest canzonettas and madrigals to his latest operatic work exemplifies the shifts in musical thinking that took place in the last decades of th

プロフィール詳細へ

モンテヴェルディ(1567-1643)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品